https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0225-6/

使い方で、心と身体は自由自在!? いざ、オトコのアロマ入門

このエントリーをはてなブックマークに追加

WEB特集「男の癒し方」
ひとりの男として、あるいは、夫として、父として、37.5歳の悩みと疲れは募っていくばかり。そう、男には男ならではのストレスがあるもんだ。ふだんは、スマートに生きてるつもりでも、俺たちだって癒されたい! 疲れて鈍くなっていく感覚を呼び覚まし、カラダもココロもすっきりさせる“俺たちの癒しレシピ”をご覧あれ。

年を重ねると、ストレスに起因するさまざまな症状が現れる。忙しい日常のなかで、五感でもっとも本能的とされる嗅覚を通じて、サクッとストレスを緩和できる手段はないだろうか……? そこでお話を伺ったのは、東京都代々木上原で『アロマヴィータ+』を運営するタテノマサシさん。アロマの効能や選び方について、早速教えを乞おう!

「アロマってハードルが高いように思われがちですが、実はそうではないんです。本来アロマセラピストという職業の方々は、アロマを提案する前に、カウンセリングから入ります。話を聞き、相手の精神状態や体調を判断する。例えば、不眠症の人が、不眠にいいとされる精油『ラベンダー』を選んでも、全員に効果が期待できるとは言えません。好き嫌いもありますが、不眠の原因を辿れば、ラベンダーが適切ではない可能性も高いんです。乱暴な言い方にはなりますが、好きな香りをそばに置いておけば、あっさり寝付けるパターンもあります(笑)」。

実はタテノさん、意外にも肩書きはヘアメイクアーティストだとか。メイク時に俳優やモデルにアロマミストを選んでもらって使用するうちに、その好みに応じて相手のコンディションを把握できるようになったとか。

そのアロマは多くの人に効果てきめん。裏を返せば、普段香りに興味を持たない男性だって、試す価値アリということ。

「その人のコンディションにより好みは変化するため、精油が並ぶショップに行き好みの香りに出会ったとしても、一週間後、同じ香りが好みだとは限りません。また、精油を求める際、一般的には目的(効能)から選んでしまいがち。しかし、直感でも自分が好きな香りが、今自分が必要としているものであることも多いんですよ」。

つまり探し方のポイントのひとつは“直感”! ただ、数々の香りを嗅いでいると、どれがいいのかよくわからなくなってくる……なんてのはこの手のあるある。アロマヴィータ+では、3種類すべて嗅いでもらうだけで、今の自分の悩みにフィットした香りと出会えるオリジナルアロマミスト『ナチュラル フレグランス”アロマミスト”』を用意している。「Relaxation」「Uplifting」「Meditation」の3種類はそれぞれ効能が異なるそう。

アロマミスト 各2160円

「比較的クセのない複数の香りを厳選し、調香して作っています。たとえば『Relaxation』は、ベルガモットやラベンダー、パチュリの3種を調香したもの。休暇が欲しい人、日々のタスクに追われている人、課題の締め切りに追われている人など、リラックスしたい方は効果が期待できるでしょう。『Uplifting』はイランイラン、ローズウッド、パルマローザ、レモンの4種を調香。引っ越しや転職、模様替えなどリセットしてモチベーションを高めたい人が求める傾向があります。最後に『Meditation』。これはフランキンセンス、メリッサ、ブラックペッパー、パチュリの4種を調香しており、どの成分も心を安らかにして集中力を高めたいときに用いられることが多いですね」。

疲労感の解消、気持ちのリセット、情緒の安定……などなど、香りを“嗅ぎ”こなせば、万能の活躍を見せてくれそうだ。そして、ときには相手に合わせた香りを選ぶことも重要だと、タテノさん。

「ヘアメイクの現場ではモデルのテンションを上げるため、柑橘系のアロマを使うことが多いんです。特に女性に人気な成分は、ホルモンバランスを整える効果も期待できるゼラニウムやクラリーゼ。奥様や恋人がイライラしているときは、そっと部屋に置くだけで、体調的にも精神的にも落ち着いてくれるかもしれませんよ(笑)」。

一緒に過ごす人の気持ちを尊重したアロマ選びができれば、リラックス空間を共有できるということ。例えば互いの思いを結びつける効果のある、イランイラン。だがしかし、イザコザ中に漂わせてしまうと、気持ちが高まりヒートアップする可能性もあるらしい。良薬がときに劇薬に……奥が深い点も、探求しがいがあるんじゃない?

【取材協力】
タテノマサシ
「アロマヴィータ+」運営
ヘアメイクアーティストとして活動する傍ら、生活の中で誰もが感じ、楽しめる天然の香りの楽しみ方を提案。ブランド「AROMA VITA+」を立ち上げ、俳優・大沢たかおとのコラボによるフレグランスの商品化を担い、さまざまなアーティストのオリジナル商品づくりに携わる。AROMA VITA+では、アロマミストの販売、香りによる空間コーディネイトだけでなく、好みの香りを選んで調香するオリジナルアロマのワークショップも実施中。また、天然の香りによる「記憶の刷り込み」をテーマに、すべて天然材料のみを使用し、イベントの空間コーディネイトも担当している。お問い合わせはこちらから。

取材・文=中澤範龍・石川優太(EditReal)


このエントリーをはてなブックマークに追加
この丸い塊はなんだ? 正体は、唯一無二の香るサーキュレーター
2018.06.09 / NEWS
ルックスよし、性能よし♪ 男前すぎるリビング音響アイテム6選
2018.03.03
こりゃ大人の知識!自宅でくつろぐ北欧ワード「ヒュッゲ」を学ぶ
2018.03.02
最高の癒しは“妻”にアリ! 夫婦のペアストレッチで快感タイムを
2018.02.27
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21