街角パパラッチ。全身コーデ実例集 Vol.38
2018.01.26
LIFE STYLE

意外なところに見つけた、小さいけど効果抜群な模様替えのヒント

「神は細部に宿る」。バルセロナチェアでもお馴染みの名建築家、ミース・ファン・デル・ローエの名言を借りるまでもなく、理想の部屋作りには細かなディテールも一切妥協はできないし、したくない。

小さなパーツゆえ見逃されがちだが、センスのいい部屋とそうでない部屋をわけるスキマになるのが、照明などのスイッチプレート。どんなものを選べばいいのか、6年以上続く本誌の住宅連載「OH! 家事情」にも登場してもらった山本隆介さんのケースを参考にしたい。

 

ハズしてハメるお手軽DIYで、部屋を速攻でイメチェン!

スイッチやコンセントプレートには意外と個性が滲むもの。サーフィンが趣味で湘南に自宅を構える山本隆介さんの玄関では、工業用のトグルスイッチを採用している。

「ガレージな雰囲気にしたくて。これは家を建てた際に電気工事士にやってもらいましたが、このテンションが気に入ってコンセントプレートもメタルに変更。ハズしてハメるだけで部屋の雰囲気が変わりますよ」。確かに、メタルのトグルスイッチとグレーの漆喰壁で、ワイルドな印象に仕上がっている。

お手軽とはいえ、気をつけるべき重要ポイント

蓄電した電気を使う直流用コンセントと、インダストリアルなメタルプレートのコンビも素敵。

スイッチプレートをカスタムする際の注意点は、プレートから“裏側”がはみ出ないようにすること。コンセントタップなどのサイズを測ってから、モノを選別しよう。ちなみに、コンセントそのものやスイッチの交換には資格が必要なので要注意。

部屋の仕上げに使いたい、おすすめプレートはコレだ!

[1]明治20年に富山で創業した鋳物メーカーによるもの。日本の伝統が息づくってのもオッサン好み。6300円/マチュアウェア 0766-23-8531、 [2]白いセラミック製スイッチプレート。ミッドセンチュリーな家に似合いそう。プレート1120円、スイッチ500円/ともにアントリー(すべてアントリー 南堀江 06-4393-8251)、 [3]陶器のベースに真鍮カバーの丸いスイッチはヴィンテージ。4500円/ルンタ 03-6413-7421、[4]表にネジが出ないよう、スイッチとカバーを強力マグネットで付ける仕様。1260円[スイッチは別売り]/ツールボックス www.r-toolbox.jp
[5]メタルの4つ口コンセントカバー。下には“コの字”のバーが付いている。1680円/マルト 03-3318-7711、[6]ヴィンテージで見つけた珍しい木製コンセントカバー。1680円/ポイント ナンバー 39 03-3716-0640、[7]インダストリアルな雰囲気を感じさせるタイポグラフィ入り。「節電しようぜ!」というメッセージもいいね! 380円/パシフィック・ファニチャー・サービス(P.F.S. パーツセンター 03-3719-8935)、[8]メキシコ製による独特なチープ感が魅力。250円/ダルトン(ダルトン 自由が丘店 03-6421-4875)
# DIY# インテリア# スイッチ# プレート
更に読み込む