https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0123-6/

これは欲しい! 九州と沖縄のユニークなデザインプロダクツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国、津々浦々。多士済々な47都道府県から発信されるさまざまなグッドプロダクト。ローカルの個性を活かしたとびきりセンスの光るアイテムをオーシャンズがセレクトした“オールジャパン”カタログは、明日、1月24日(水)発売の「オーシャンズ」3月号の特集だ。
ここでは、本誌に先駆けてその内容をお届け。今回の【九州・沖縄】で、本特集は最終回!

>47都道府県のグッドアイテムカタログ一覧はコチラ


【福岡】個性あるカルチャーをのびのび発信する九州随一の都市

福岡をこよなく愛し、福岡ですべてを完結できちゃう県民たち。東京や大阪とも比べない自由さがあるから、独創的なものづくりができているのも事実。「全国的に売り出そう!」という意気込みが少ないからか、そのモノを知る人は少ないけれど、知れば一点ずつにストーリーがあって面白い!

「モジコウ・アメリカン・スワップ・ミート」のオフィシャルグッズTシャツ

アメリカで毎週末開催されるようなスワップミートを門司港で開催するプロジェクトメンバーが制作した、西海岸テイストなTシャツ。スワップミートでは、さまざまなアメリカンアイテムを扱うショップが集結し、コレクター垂涎のアイテムが賑やかに並ぶ。 2800円[税込]/門司港アメリカンスワップミート 080-4288-4701


「ムーンスター」のスニーカー

地下足袋に端を発し、ゴム産業の町として栄えた福岡・久留米市で1873年に創業した、歴史あるシューズメーカー。伝統のバルカナイズ製法によるソールと美しいシルエットを保つことができる丈夫なつくりが魅力で、ファンが多い。 9800円/ムーンスター  0800-800-1792


【長崎】クラシックな街並みから生まれるものはやっぱり

まさに和洋折衷によるレトロモダンな長崎の街並みはやっぱり美しい。そんな唯一無二の景色を好む人から愛される、クラシックなものづくりが長崎には息づく。シャツのボタンを上まで留めたり、べっ甲の靴ベラで革靴を履いたりして、なんだか気持ちがシャンとしてくるでしょ?

「ザ ショップ ティーケー」のシャツ

豊かな水と澄んだ空気の中、長崎で丁寧に仕立てた上品なオックスシャツ。熟練工が縫い上げたステッチの美しさが特徴。各部分で使用する芯を変えるなど、着心地へのこだわりがすごい。 5500円/ワールドプレスインフォメーション 03-6324-2642


「江崎べっ甲店」の靴べら

創業300年を超える、べっ甲の文化とともに歩む名店。女性用のアクセサリーの展開が多い中、男性用として見つけたのがこの靴べら。スマートで粋な男性であれば、こういう究極の小物を揃えたくなるはず。 [右]1万1880円、[左]2万7000円/江崎べっ甲店 095-821-0328


【佐賀】笑いのツボを押さえるセンスが抜群

唐津、伊万里、有田など陶磁器の名産地。また、吉野ヶ里遺跡、「美肌の湯」とされる嬉野温泉の湯豆腐や嬉野茶など誇れるものはいっぱいあるのに、「さがしてください 佐賀県」をキャッチコピーにするような自虐キャラ。あえて前に出ないスタンスが愛らしい人たち。

「佐賀Tシャツマーケット」のTシャツ

佐賀を代表する水産物の海苔を、地元クリエイターがTシャツのデザインとして採用。5本のボーダーの中から「海苔はどれだ?」というクイズがテーマ。えっと、どれかな……? 答えは買った人だけがわかる!?  3000円/ローカルTシャツ http://store.local-t.com


「224 ポーセリン」のいちみしちみ

陶磁器産業が盛んな肥前吉田で生まれた224 ポーセリン。地元肥前のみならず世界へと広がる予感のブランド。ひと目見て漢数字の「一」と「七」で見分けをつけられる調味料容器が食卓を賑やかにする。 各1000円/224 ポーセリン www.224porcelain.com


【大分】クールキャラがつくり出すものは?

湯量豊富な温泉が人気だが、一大観光地かといえばそんなこともなく(笑)、「ウェルカム!」と手招きではなく、来てくれた人をもてなすといった感じ。そう、もともと小さな藩に分かれていたためか、クールで個人主義なのが県民性。つくり出されるものも“個人趣味”に特化したものが多い!?

「佐藤防水店」のバックパック

創業から65年続く、老舗テント屋の佐藤防水店。ハリとコシのある6号帆布でつくられたバックパック「PACK 20」 はサイドからPC専用ポケットに直接アクセスできる便利設計。容量はデイリーに使いやすい20ℓ。 3万1667円/佐藤防水店 097-579-6505


「明石文昭堂」の万年筆インク

創業90年、大分の名門文房具店で人気の万年筆用オリジナルインク。そのカラーバリエーションは全15色。地元別府の風景がテーマのものと、夕方から夜までの美しい鶴見岳をテーマにしたものとを展開。 各2000円/明石文昭堂 0977-22-1465


【宮崎】海と一緒に過ごすカルチャーが根付き始めた!

ビーチパーク、海沿いの町に立つリトルホテル、粛々と藍染めをするアーティストに、ランプでスケートをする親子。ここはカリフォルニア? オーストラリア? いや、どこともかぶらない景色に出会える、ここは宮崎。のんびり気質の県民性とも相まった、自由な空気感が漂うネオビーチタウンだ。

「アウリコ」のシャツ

徳島県の国選定文化財である藍師の工房に弟子入りし、 藍染めのノウハウを学んだデザイナーによるブランド。リヨセル100%の生地と深みのある藍の色が豊かに絡み合い、リラックス感のある風合いを生む。 1万5000円/アウリコ 0986-58-3898


「トレジャーアイル」のキャップ

宮崎市内にあるスケートボウルも構えるライフスタイルショップ。サーフ、スケート、カスタムバイクなど、カリフォルニアカルチャーのグッズが勢揃い。狙い目は、ここでしか買えないキャップ。刺繍のセンスがよろしい。 4000円/トレジャーアイル 0532-57-5590


【熊本】東京よりも早い⁉︎ 先見性のあるファッションシーン

熊本はファッションにおいて先端の街。20年以上前からビームスが店を出し、数々のブランドのアンテナショップなど流行の先端は熊本に集まり、敏感な県民の反応をバロメーターにしていたとか。そんなファッションがわかる街は今も健在。世代を超えてスタイルを受け継いでいるのだ。

「ヒトヨシ」のシャツ

素朴な肌触りの中に上品な光沢があり、洗えば洗うほど柔らかさが出て体に馴染むラウンドカラーシャツ。ネクタイを締めてもノータイでも、大きくカーブする襟先が着こなしに絶妙なニュアンスを生み出す。 9500円/ヒトヨシ 03-5466-1017


「光助」のタイピン

300年以上、独特の意匠を凝らし武家のダンディズムとして愛好されてきた熊本の代表的伝統工芸、肥後象嵌。金細工に施した美しい幾何学模様はまさに職人芸。こんなアイテムをサラッと取り入れられたら粋だね!  [上]1万2000円、[下]1万円/光助 096-324-4488


【鹿児島】大河ドラマの舞台で見つけた極上のセンス

「西郷どん」でがぜん注目度ナンバーワン県へと躍り出た鹿児島。しかも今、次々と新しい動きを見せるクリエイティブな土地へと変化。こまやかなセンスを持って独自のセンスを追求し、カルチャーを発信する人が増加中。アートも音楽もなかなか鹿児島まで届かなかった時代は何処へやら。

「ひひひ」のスウェットシャツ

姶良市蒲生町という田園風景の広がる町から発信される日常着。シンプルな中にちょっとひねりの効いたデザインが、ファッションに楽しいスパイスを与える。「77」と思いきや「ラブ」とは、一本取られましたな。 1万4000円/ひひひ 0995-73-4240


「ワンキルン」のドリッパー

鹿児島県在住の陶芸家・城戸雄介がつくったドリッパー。県のシンボルでもある桜島の火山灰を原料としており、頑丈なつくりには薩摩魂さえ感じる。コーヒーの味わいを滑らかに、風合いをアップさせる強力アイテム。 5000円/ワンキルン www.onekiln.jp


【沖縄】アイランドテイスト、ただいま熟成中

日本が誇る南国・沖縄。ハワイを代表するラグジュアリーホテル「ハレクラニ」が2019年に進出するなど、何やら盛り上がってきている昨今。そう、今ここはイケてる大人たちの注目エリアなのである。抜け感も洗練も兼ね備える、大人なリゾートスタイルに昇華し始めたのだ!

「パイカジ」のアロハシャツ

アロハシャツが豊富に揃うブランド、パイカジ。やっぱり欲しいのは、沖縄の要素を取り入れた琉球藍染めのもの。ボタンダウンの効果も相まって、アロハシャツのデザインもぐっとトラッドで着やすい印象に。 3万5000円/アロハ ショップ パイカジ 098-863-5670


「マークスビーチハット」のショーツ

ラフィコットンの風合いを活かし、肌触りの良さと自然なムラのあるヴィンテージな質感が印象的なスウェットショーツ。細身のシルエットと短めな丈が今どきなのだ。左裾のブランドイニシャルがワンポイントに。 9000円/オールドマーク 098-917-4521

このエントリーをはてなブックマークに追加
“知ってるつもり”の四国を深掘りしたら、ザクザク出てきた新銘品!
2018.01.22
イチロー愛用品から極上デニムまで眠る中国エリアで掘ったグッドプロダクト
2018.01.21
ダジャレも出オチもあり⁉︎ 関西ローカルのプロダクトは“むちゃオモロい”
2018.01.20
バーミキュラの故郷は愛知。では、ウッドペッカーのアレの生産地は?
2018.01.20
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21