https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0119-2/

今冬に常設される、 雪上の新体験 〜Banked Slalom〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Banked Slalom」

ここ数年、雪上をサーフ感覚で滑走する“スノーサーフィン”が、ウィンタースポーツのシーンで大きなムーブメントを形成してきた。それはスノーボードがサーフィンから派生して生まれたルーツにひもづくもので、多くのサーファーを海沿いから雪山へアクセスさせる結果にもなった。

そしてこの冬に話題を集めそうなのがバンクドスラロームである。バンクドスラロームとは、左右にバンクが連なるコースを、誰が最速で滑り降りるのかを競うタイムレース。何よりも魅力的なのは、スノーボードならではのスピード感と、バンクからバンクへ重力を感じながら疾走するフィーリングにある。

イベントであれば、大人も子供も、プロもアマも、スキーヤーもサーファーも関係なく、いちばん速い者が勝者となる明快さがいい。注目は、今シーズン、同コースを常設するスノーリゾートが登場することだ。レースに参戦しなくても好きなだけバンクで遊べる。そんな冬が訪れるのである。

写真は、群馬県・天神平スキー場で開催されるイベント「天神バンクドスラローム」のコース全景。ときにタイトな弧を描くバンクをスピーディにクリアしていく、実は結構テクニカルなコースレイアウトとなる。同コースの常設を視野に入れているのが、群馬県の奥利根スノーパークや新潟県の神立高原スキー場。斜度や幅など造作する斜面の状況でコースのディテールは変わり、リゾートごとに趣が異なるコースとなることも楽しみのひとつだ。

辻村慶広=写真 小山内 隆=文・写真セレクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
この夏、世界が日本にやってくる 〜Meet The World Surfing〜
2019.02.20 / SEAWARD TRIP
サーフボードも定額制の時代 〜Surfboard Sharing 〜
2019.02.15 / SEAWARD TRIP
“好き”を追求する人生 〜Orange Man〜
2019.02.11 / SEAWARD TRIP
良い波とある人生こそが成功だ 〜A Successful Life〜
2019.01.31 / SEAWARD TRIP
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17