https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0111-3/

今年もやって来た、冬の日常 〜Blessing of Winter〜

このエントリーをはてなブックマークに追加


ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Blessing of Winter」

これからの季節、アラスカのほうから押し寄せる、いわゆる“北うねり”がカリフォルニアの沿岸にヒットする。半面、メキシコのほうから来る“南うねり”は夏にヒットする。要は、冬に波が良い場所もあれば夏に良い場所もあるのだが、中央カリフォルニアのハイシーズンは冬。巨大な波が、パーフェクトなカタチを伴ってやってくる。このとき、そこにメローなサーフタイムはない。美しくも獰猛な波に対し、臆することなく、ただひたすらに突っ込むことが唯一の方法となる。

なぜなら、ひと冬で味わえるグッドサーフは数えるほどだから。風がひとたび吹けば1週間単位でやまず、その間の海は大しけの状態が続くのだ。来るべき日に向け地元のサーファーたちはシンプルに暮らして過ごす。土地を耕し、質素な食事を取り、森林でキャンプを楽しみ、静けさを謳歌する。そうして気象条件が揃えば、午前3時には起き出してサーフスポットに向かう。稀少な冬のひとときを堪能するのである。

遊び心のある楽しい波から、生命の危険性を感じるサイズの爆弾級の波まで、中央カリフォルニアのコーストラインには多彩なブレイクが揃う。

水量の多い重厚な波が入れば、サーフボードが折れてしまう光景も珍しくないこの場所は、コンセプション岬より北、ジャラマからサンルイスオビスポ、モロベイからビッグサー方面に位置。南うねりは受けにくいエリアながら、北うねりはダイレクトにヒットする数々のサーフスポットが、そこにはある。

ラッセル・ホリデイ=写真 小山内 隆=文・写真セレクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
この夏、父子で海の大冒険へ 〜Gate to Great Nature〜
2018.07.17 / SEAWARD TRIP
ハワイにある海遊びの開発実験所 「パウエラ・カナリー・センター」 を知ってる?
2018.07.05
サーフィン界の老舗「ローカルモーション」 のブランドヒストリーとその魅力
2018.06.22
70歳でショートボードに乗るということ 〜A 70 Year Old Surfer〜
2018.06.13 / SEAWARD TRIP
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21