SEAWARD TRIP Vol.10
2017.07.02
LIFE STYLE

House Reef 〜滞在者だけのスペシャルウェーブ〜

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム 。
SEAWARD TRIP!

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「House Reef 」

まったりくつろぐ部屋から見えた波に向かって、滞在先のホテルからパドルアウト。波質はグッドで、海水温も高いのに沖合は混雑知らず。そんな夢のような場所が、この世界にはいくつかある。

代表的な場所がフィジーのタバルア島。歩いて一周できる小さなリゾート島で、16棟のバンガローとひとつのヴィラが備わっている。肝心の波は世界に知られるグッドウェーブ。つまりリゾートに滞在するサーファーだけで、ハイクオリティの波を独占できるのだ。

同様のロケーションはモルジブにもある。北マーレ環礁にある「シナモン・ドンヴェリ・モルジブ」は、水上スイートやビーチバンガローなど多様な部屋を揃える瀟洒なリゾート。

最大250名が宿泊できるスケールを持ちながら、リゾートの前で割れるパスタポイントでは1日30名だけしかサーフできない。混雑を避けるため人数制限されているのだ。部屋でゆったり。沖でものんびり。心身ともにトロける休日が、そこには待っている。

波も滞在するリゾートもクオリティが高ければ、その休日は長く記憶に残る日々となる。サーファーにとってのタバルア島は、クラウドブレイク、レストランツ(上の写真)といった上質なブレイクが魅力の場所。「シナモン・ドンヴェリ・モルジブ」はパスタポイントでのサーフが目玉ながら、それ以外にも、子供向けの大きなプール、女性ゲストに好評のスパといった施設やサービスが揃う。ファミリーで訪れても楽しく滞在できるリゾートなのだ。

スコット・ウィナー=写真 小山内 隆=文・写真セレクト

# seaward# オッサン# サーファー# サーフィン#
更に読み込む