https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2017-0530-3/

DITA国内初のフラッグシップストアが青山にオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイウェアストリート」と密かに呼ばれているほど数多くのアイウェアショップが軒を連ねる青山骨董通り。もはや老舗ともいえる「クレイドル」をはじめ、「フォーナインズ」、「モスコット」、そしてこの3月にオープンした「アイヴァン7285」と並ぶラインアップは感度が高いアイウェア好きが集まってくるのも納得できる。この青山骨董通りに、LA発のアイウェアブランド「DITA」が、国内初のフラッグシップストアをグランドオープンした。

1995年に「DITA」を創業した共同設立者のジョン・ジュニパー(John Juniper)とジェフ・ソロリオ(Jeff Solorio)は以下のように話す。
「工芸、デザイン、文化の豊かな歴史を持つ日本は、創業当時から私たちにインスピレーションを与えてきました。このフラッグシップストアはコンテンポラリーなデザインを讃えるだけものではありません。職人技に対するディータ独自のアプローチを、これまでにない形で体験していただける機会となります」

デザインを重視したショールーム的な要素と眼鏡のラボが提供する丁寧なサービスを高いレベルで融合しており、併設されているラボでは専門スタッフがサングラスのフレームや度付きレンズの処方を一人ひとりに合わせて調整してくれる。
「DITA」の最新アイウェアコレクションはもちろんのこと、トム・ブラウン アイウェアをはじめ、昨年ディータグループに加わったファッションアイウェアの草分け的ブランド、クリスチャン・ロスのコレクションも並ぶ。
アイウェアストリートに行く楽しみが、またひとつ増えたことは間違いない。

[ショップデータ]
DITA 青山本店
東京都港区南青山5-8-8 金子ビル1F
03-6433-5892

このエントリーをはてなブックマークに追加
今知っておくべき24のアイウェアブランド【時代編】
2018.01.20
思わず目が笑う。隠れたディテールが違いを生む特別な10本
2018.01.19
老けこまないために、冒険心を持って挑戦したい3つのメガネ
2018.01.18
趣味を大事にしたい大人が手にすべき、ギアとしてのアイウェア5選
2018.01.17
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20
キメキメのトップスに抜け感を。パンツをあえて”いなたく”履く
2018.01.19
シルエットにこだわるなら、レディスのパンツという選択肢!
2018.01.19
挑戦したい”Aライン”。ボリューミーなボトムスをトップスで締めて。
2018.01.19
カットオフでチノパンを新鮮に!ソックスをあえて出すのがポイント
2018.01.19
オーバーサイズのパンツ。レングスの仕上げでここまで締まる
2018.01.18
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
”チラ見せ”ソックスでセンス良く。BMXブランドへのこだわりも◎
2018.01.18