Camp Gear Note Vol.104
2021.08.29
LEISURE

アウトドアでの使い勝手に優れた「プリムス」製品8選。ポイントも丁寧解説

プリムス
「Camp Gear Note」とは……

1892年にスウェーデンで産声を上げ、今や世界120カ国以上に展開している“燃焼”の専門メーカー「プリムス」。

1911年に人類史上初めて南極点に到達した探検家アムンゼンは、「この探検において、プリムスはもっとも頼りになる存在だった」とメッセージを残している。以降も、数多くの世界的冒険にプリムスは選ばれ続けてきた。

厳しい環境下での使用を念頭においた、軽量かつ携行性に優れたエクスペディション向けストーブの開発は、彼らの得意とするところ。近年は長年積み上げてきたそのノウハウを応用し、キャンプやピクニックをより快適に楽しむためのラインナップも幅広く手掛けている。

ブランドの歩みを取り上げた前編に続き、後編は彼らのラインナップの中から、8つの秀作をピックアップして紹介しよう。

誕生時のデザインを踏襲する超ロングセラー

プリムス
「2243バーナー」(8250円)はプリムスの顔的存在。253g。

この「2243バーナー」の存在無しに、日本に「プリムス」の名が広く知れ渡ることはなかっただろう。もはや、「ガスシングルバーナーの歴史そのもの」と言っても過言ではないほどの名作である。

プリムスが日本に上陸した35年以上前から、見た目はこのまま。

出力値の変更など(現在は3600kcal/hのハイパワー仕様)細部のアップデートはあるものの、現行モデルまでほぼ基本構造も変わっていないのだから驚きだ。いかに完成されたプロダクトなのかがわかる。

プリムス
美しい青の炎は完全燃焼している証。

最大の特徴はX字に配置されたゴトクにある。

この形状はクッカーを置く安定感のためだけではない。一見無防備に見える火口を、このゴトクが風防の役割を兼ねることで守っている。

例えば、風向き次第で1/4が消えてしまっても、X字ゴトクに守られた残り3/4が燃焼し続けて、消えた部分もすぐに復活できる合理的な構造なのだ。

また、分解してコンパクトに収納できる構造と軽量性(253g)、トロ火も自在に使えるほど、細かな火力調整ができることも人気を博した一因である。

プリムス
「2245ランタン」(1万1550円)。ホヤは明るい光を放つスリガラスを採用。200g。

「2243バーナー」と同じく、「2245ランタン」も35年以上に亘って売れ続けている人気モデルだ。

LEDにはない柔らかな光が特徴で、付属のワイヤーサスペンダーを使えば簡単に吊り下げることができる。

一般的なランタンによく使われるホワイトガソリンではなく、バーナーと同じOD缶のガス燃料を使えるため、初級者にも比較的扱いやすく、全体の燃料を揃えてスリム化できることも大きなメリットだ。

プリムス
1985年のカタログ。現在も展開するモデルの原型がちらほら。
NEXT PAGE /

キャンプや日常使いできるラインも充実

プリムス
スタイリッシュな2バーナー「オンジャ(ブラック)」(2万4200円)。

ハードユースなギアにばかりスポットが当たりがちだが、そもそも元を辿ればプリムスは日常的に使われる調理用コンロの開発からスタートしている。

キャンプやBBQなど、より日常に近いシーンで活躍してくれるラインナップも数多く手掛けている。しかも、そのどれもがスタイリッシュ。

例えば、プリムスが2バーナーを手掛けると「オンジャ」のように、北欧らしいクールなデザインに仕上がる。収納時は厚さ14cmとスリムに収まり、機能性の高さは言わずもがなだ。

プリムス
[左]「クルンケン・バキューム・ボトル 0.5L」(5280円)。[右]「クルンケン・ボトル 0.7L」(4400円)。
環境問題に積極に取り組んでいるのも、スウェーデン生まれのブランドならではだろう。

今年は同国を代表するアパレルブランド「フェールラーベン」とコラボしたステンレスボトルをリリース。見た目のサイズは同じだが、保冷/保温力の違いで2モデルを展開する。ありそうでなかった中間色(全8色)が、なんとも美しい。

プリムス
「カモト オープンファイアピットS」(2万900円)。

日本のキャンプシーンのニーズにもマッチする焚火台も手掛けている。腐食に強いステンレスとパウダーコーティングされたスチール製のボディの組み合わせにより、機能と美しさを兼ね備えたプロダクトに仕上げられている。

未使用時はフラットに折り畳むことができ、別売りのパックサック(5280円)で持ち運べるポータブルタイプ。BBQで使うためのグリルは標準装備されている。

NEXT PAGE /

クッキングギアのラインにも注目

プリムス
「ライテックトレックケトル&パン」(3960円)。お手頃価格も魅力。280g。

“燃焼”の専門メーカーとして、プリムスはストーブの性能を引き出すクッキングギアの開発にも力を入れてきた。

代表作は「ライテックトレックケトル&パン」。ソロ登山時の山飯の相棒として、愛用者が多いヒット作だ。

クッカー内部にはガス缶とストーブ、小さなカトラリーやナイフなどを収納できるサイズ感に設計されており、蓋はフライパンにもなる。これひとつに、調理に必要なすべてをまとめて持ち歩くことができる。

プリムス
「CF プレップセット」(8800円)。357g。

キャンプラインではマグやカトラリーも人気を集めているが、おすすめは調理用ナイフ、ユーテンシルセット、グレーターがひとつになった「CF プレップセット」。

バラバラに持つと、なにかと迷子になりやすい調理小物をひとつにまとめておけるのは、かなりありがたい。

プリムス
「CF ソルト&ペッパーミル」(2つセットで2750円)。各84g。

最後に、変わり種として「CF ソルト&ペッパーミル」も紹介したい。

キャンプに出かけると塩はうっかり忘れがちなもののひとつなので、自宅でもキャンプでも併用できるデザインのこのミルがあると重宝するはず。使い方は粒コショウや岩塩を入れて、片手で軽くプッシュするだけ。これが、かなり使いやすい。

プリムス

プリムス製品はスペックの高さはもちろんだが、この製品のように数字には現れないフィールドでの使い勝手の良さを重視したものが多い。

昔も今も、現地で使うユーザーを第一に考えたものづくりこそ、プリムス製品の変わらない魅力なのだ。

 

[問い合わせ]
イワタニ・プリムス
03-3555-5605
www.iwatani-primus.co.jp

「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。 上に戻る

連載「Camp Gear Note」一覧へ

池田圭=文 矢島慎一=写真

# 2バーナー# Camp Gear Note# キャンプ# シングルバーナー# プリムス
更に読み込む