「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.57
2021.06.30
LEISURE

日本の手仕事が生みだすサーフギア。眺めるだけも楽しくなる7つを紹介

「サタデーズ ニューヨークシティ」「デウス エクス マキナ」といった海外の有名ブランドが日本人シェイパーをパートナー指名することからもわかるように、サーフシーンと日本の丹念な手仕事は密接な関係にある。

そんなハンドクラフトによって誕生したサーフギアの数々を紹介しよう。

 

「クマサーフボード」のボード

日本のいい仕事が生みだす“グッドサーフギア”で、グッドウェーブへいざパドルアウト!
13万7500円〜/クマサーフボード(トリッキーサーフ 06-4700-7117)

「WSL」×「MSサーフボード」主催のシェイプコンテストで優勝し、世界の注目を浴びるようになった熊谷充功さんの手掛けるクマサーフボード。

オーストラリアで15年以上の実績を持つ日本人シェイパーによるカスタムボードでクオリティの高さは文句なし。

 

「堤淺吉漆店×ラスカウッドワークス」のボード

26万5000円〜/堤淺吉漆店×ラスカウッドワークス(ラスカウッドワークス instagram@lascawoodworks

京都で100年以上続く漆の原材料店、堤淺吉漆店と木製サーフボードを手掛けるラスカウッドワークスとの異色のコラボレーション。

サーフボードの表面に塗った漆の高い揮発性によって抜群のスピードが期待できるツインフィンのフィッシュだ。

NEXT PAGE /

「モジャモジャ」のボードケース

1万8920円/モジャモジャ http://mojamoja.zui-forest.com

自然や旅をイメージしたアイテムが揃うモジャモジャによるボードケースは、デザイナー自らミシンを踏みハンドメイドで作られたもの。

撥水加工された裏地が付いた2枚仕立てで、濡れたサーフボードの出し入れもイージー。サイズは6’4”まで対応する。

 

「ガテンクラフト」のハンドプレーン

3万5800円/ガテンクラフト(合点工芸 090-5442-3588)

サーフボードを使わず、身体ひとつで波に乗るボディサーフィン。その際に片手に付けて浮力と推進力を得るのがハンドプレーンである。

職人がオーダーを受けて天然木から削り出すガテン クラフトの一枚はインテリアとしても映える逸品。部屋に潮の香りを漂わせる。

NEXT PAGE /

「メイクフィン」のフィン

9900円/メイクフィン(303サーフボード https://303surf.com

四国の波でテストされて生まれるメイクフィンは樹脂を積層させて作られるハンドメイドの逸品。

これは千葉公平さんが率いる303サーフボードの「フィッシュケーキ」モデル用のカタチ。どのような波質にもマッチして軽やかにドライブさせてくれる。

 

「ウッドフィン」のフィン

2万8380円/ウッドフィン(エムズ サーフ&スポーツ www.ms-surf.com

木製のサーフボードで波乗りに興じていた草創期のサーフィンを深く考察しながら、現代における木製サーフボードを作る大川信仁さんと、エムズ サーフ スポーツの共作による木製フィン。

軽さと確かな強度が大きな特徴で、ライディングが軽やかに。

 

「デイズサーフワックス」のワックス

825円/デイズサーフワックス https://link6.thebase.in

サーフィン天国・宮崎県生まれのハンドメイドのサーフワックスは、国産の蜜蝋、オーガニックココナッツオイルを使い、古布を再利用したパッケージで包んだエコフレンドリーなアイテム。

ツブツブ感と硬さはライディングテストを繰り返して調整している。

 

PEDRO GOMES、熊野淳司、高橋賢勇、清水健吾、鈴木泰之、柏田テツヲ=写真 菊池陽之介、諸見里 司、来田拓也=スタイリング 小山内 隆、高橋 淳、大関祐詞=編集・文 加瀬友重、菅 明美=文

# ギア# サーフィン# サーフボード# フィン
更に読み込む