「満たせ! 俺たちの休日3大欲求」特集 Vol.29
2021.05.11
LEISURE

備えあれば憂いなし!キャンプに持っていきたいトラブル回避のキーアイテム

キャンプにハプニングはつきものだ。自然は常に美しくも厳しく、何かしらのトラブルには必ず遭遇する。それが笑える思い出になるならいいが、ときにトラウマ級のダメージを受けることもある。ゆえに、転ばぬ先のミラクルステッキを準備されたし。

逆境に強い男、それは結構だが、同行者の精神安定がキャンプのキーファクター。そして、気遣いもキーファクター。であればなおさら、備えは必要である。

 

「アロナチュラ」のオーナメントアロマ<アンチフライ>

備えあれば憂いなし!キャンプに持っていきたいトラブルを回避する3つのキーファクター
[リフィル]容量 30ml 3740円、[本体]3300円/ともにアロナチュラ 03-5778-7523

軽装で気持ち良く過ごす春夏キャンプ。その最大の敵が、ずばり虫である。なかでもダントツで蚊が厄介なのだ。

刺されればテンションが急降下、近くを飛ばれるだけでも相当なストレスに。となれば虫除けスプレーとは別に、蚊の接近そのものをガードしておきたい。

レーザーカットされた間伐材を用いる吊り下げタイプのディフューザーは、虫が嫌がる天然アロマを調香。木目に沿ってオイルが吸収されるにつれ、線香にはない爽やかな香りが広がる。

夜間照明により、虫のシルエットが浮かび上がる様子もナイスビュー。こんな蚊なら、ずっと近くにいてほしい。

NEXT PAGE /

「MSR」のオートフローXL グラビティーフィルター 10L

サイズ 14×28cm(収納時)1万5400円/MSR(モチヅキ 0256-32-0860)

飲み水は確実に持ち込むだろうし、昨今のキャンプ場は水場が整備されている。

しかし、だ。いや、むしろか。雨水や泥混じりの溜まり水ですら体内に取り込める命の水へと変えられたなら。それはまさしくドリーミング、不自由を自由へと逆転させるキャンプならではの感動体験といえよう。

こちらは重力の自動落下式を採用し、ポンピング不要の親切設計。汚れた水を入れた袋状のリザーバーを高いところに吊るしておくだけで、1分間に1.75Lの浄水が手に入る。

 

「ブラックダイヤモンド」のストーム400

照射距離 最大100m 5940円/ブラックダイヤモンド(ロストアロー 049-271-7113)

想像していただきたい。シュラフに滑り込んだ夜のしじま、突然のケハイをもよおしてしまったら。トイレまでは遠い、ランタンは消した。頼るべくは、ヘッドライドの灯りだ。

アルピニストからも絶大な信頼を得るこのハイスペックギアは、最大400ルーメンもの大光量に加えて赤緑青3色のナイトビジョン機能、高い耐水性や耐塵性を装備。

低温時の性能低下を防ぐヒートシンクや誤点灯を防ぐロックアウト機能まで備え、いつだって希望の光となる。

 

増山直樹=文

# キャンプギア# 虫除け
更に読み込む