美容&健康にコミット!「24時間ウェルネス宣言」特集 Vol.59
2021.01.04
LEISURE

フェイスガードで曇りにくいゴーグルetc. 今季の雪山アクセの一軍候補が集まった

本格的な雪山シーズンを思い切り楽しむのなら、アクセサリーにも気を抜けない。今季からはフェイスガードも必要だしね。

そうなると、曇りにくいゴーグルも欲しくなる。もちろん寒さ対策も万全に。っていろいろ考えていたら、このあたりの品々が気になった!

 

「アノン」のゴーグル

ビギナーもカムバック組も必見!ゲレンデに行くまえに揃えたいスキー&スノボアクセサリー
3万5000円/アノン(バートン 050-3196-5300)

高精度の円柱レンズがクリアでワイドな視界を確保する。マグネット式連結システムによって付属のフェイスマスクをワンタッチで取り付けることができ、隙間から生まれるレンズの曇りも軽減する。

 

「フーディニ」のビーニー

7000円/フーディニ(フルマークス cs@full-marks.com)

優しい肌触りと風合いが特徴のラムウールを100%使用。保温力を高める2重構造で凍てつく冬の寒さも暖かく快適。北欧ブランドらしい、絶妙なカラーリングにセンスの良さを感じる。

NEXT PAGE /

「ザ・ノース・フェイス」のグローブ

1万3500円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

リサイクルナイロンのシェルに防水透湿性に優れる独自素材をインサート。中綿には濡れても保温力を保つプリマロフトを封入した、スノースポーツ全般で使いやすい防寒防水グローブ。手の甲に配されたジップから手を出せるので、スマホ操作も可能だ。

 

「オークリー」のゴーグル

2万8000円/オークリー(ルックスオティカジャパン 0120-009-146)

視界のコントラストを最大限に高め、斜面の凹凸やギャップなどを鮮明に視認できるプリズムレンズを搭載したゴーグル「フライトパスXL」。フレームの鮮やかなブルーも魅力。

NEXT PAGE /

「ミレー」のバックパック

容量30L 5万6000円/ミレー(ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン 03-6417-0492)

生地に50デニールのダイニーマを使用することで耐久性を維持しながら大胆な軽量化を実現したバックパック「トリロジー30」。人間工学に基づいてデザインされており、急斜面でのハイクアップ時も背負い心地は快適。

 

「アクリマ」のバラクラバ

5000円/アクリマ(フルマークス cs@full-marks.com)

メリノウールを使った高い保温力と通気性を兼ね備えたバラクラバ。肌をドライに保ち、頭部の冷えや濡れ冷えを抑えることで、厳冬期でもより暖かくスノースポーツを楽しむことができる。この冬は多くのゲレンデでフェイスマスク必須になる可能性が高いので必ずチェックしておきたい。

NEXT PAGE /

「オンブレニーニョ」のソックス

各2200円/オンブレニーニョ(ディアゲスト 03-6452-6855)

スノーボーダーであり、スケーターでもある江川芳文氏がデザイナーを務めるブランドのソックスは、遊び心のあるレトロな風合いがグッドセンス。足元から雪山へのテンションを高めるならこんなものをセレクトしてみるのもあり。

 

「ラドヘリックス」のマッサージグッズ&「ボンクス」のインカム

左から6500円、3600円/ともにラドヘリックス(2ドアーズ 03-3705-7578)、1万4630円/ボンクス info@bonx.jp

[左]寒い環境下で思う存分遊び、酷使した身体はコンディショニングツールでほぐしたい。左は脊柱の歪みを整えるなど凝り固まった部位をリラックスさせるために、右は患部にピンポイントでアプローチできる。翌日の筋肉痛も少しは和らぐ!?

[右]スマホにダウンロードしたアプリを経由し、ハンズフリーで会話ができる画期的なインカム。デュアルマイクによるデジタルノイズキャンセリングで音質はクリア。友達と話しながらの滑走ができる。

 

若林武志=写真 村上由祐=スタイリング 小山内 隆=文

# オークリー# ザ・ノース・フェイス# ウィンタースポーツ# グローブ# ゴーグル# ビーニー
更に読み込む
一覧を見る