2020.07.05
LEISURE

全部揃えてもやっぱり3万円以下! コスパ最高のコールマンでご近所アウトドアを満喫

「ご近所アウトドアに『ライト・キャンプ・ギア』」とは……

アウトドアを「屋外」と直訳するならば、場所にこだわる必要はない。家の庭や近所の公園、自転車で行ける河川敷……あらゆる屋外を”遊び場”と捉えることで休日はもっと楽しくなる。

あとは簡易なテントやチェア、そしていくつかのギアさえあれば、そこはもう立派なアウトドアフィールド。扱いやすく便利で、コスパにも優れたコールマンのアイテムたちは、いつでもどこでも俺たちの頼れる味方だ。

 

①虫対策も! コンパクト&ハイスペックシェード

「スクリーンIGシェイド」/コールマン
「スクリーンIGシェード」8800円[税込]/コールマン(コールマン ジャパン 0120-111-957)

一泊できるほどのスペックは必要ない。手軽さがモノをいう“ご近所アウトドア”にあって、こんなシェードはまさに100点満点。

テントといえば組み立ての手間もつきまとうが、こちらはアウトドアとは無縁な人でも簡単に組み立てられるイージー仕様。しかもクロスポール構造ゆえに風にも強い。

フルオープンも可能なメッシュ生地部分は、なんと防虫技術を駆使した独自開発のハイテク素材。アウトドアで虫との遭遇は避けられないが、この生地に接れた虫はフラッフラの状態に陥ってくれるので安心。床はPEフロアになっており、水が浸み込む不安も解消するという抜け目なさ。

その扱いやすさは屋内での使用も大推奨。外では家族団欒のベースメントとなり、屋内では子供たちの秘密基地に。屋外でも、屋内でも。このご時世にしかと寄り添ってくれるうれしいシロモノなのだ。

NEXT PAGE /

②まるでハンモックな極楽チェア

「インフィニティチェア」/コールマン
「インフィニティチェア」9980円[税込]/コールマン(コールマン ジャパン 0120-111-957)

そこへ寝そべれば、誰もが驚くだろう。

こちらはコンパクトに折り畳んで軽々持ち運べるうえに、極上のリラックス感まで手に入れた、まさに贅沢極まりないチェア。扱いも簡単で、畳まれた状態からわずか3秒で展開。アームレスト部分にあるロックレバーを操作すれば、座ったまま背もたれを好きな角度で調節できるリクライニング機能付きだ。

ご覧の通り、MAXまで傾ければほぼ仰向け状態。まさしく雲上の心地良さに、思わずウトウトしてしまうこと必至。シートはメッシュ素材で通気が良く、蒸れ知らず。枕代わりとなる頭部のパッドは、そこが屋外でも安眠へといざなってくれるだろう。

このチェアひとつ持って、外へ飛び出す。たったそれだけで、極上の休日が約束されるのである。

 

③スタイリッシュな人気コラボ作

「エクスカーションクーラー」/ビューティ&ユース×コールマン(コールマン ジャパン)
「エクスカーションクーラー」5060円[税込]/ビューティ&ユース×コールマン(コールマン ジャパン 0120-111-957)

感度抜群の大人たちから高支持を受け続けるセレクトショップ、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ。お馴染みのコラボの最新作は、男心に刺さるソリッドグレー、クリーンなノーブルブルーを纏ったスタイリッシュな佇まいだ。

シェードやらチェアやらテーブルやらと、いつにも増して豊富に揃えたアイテムは総勢14を数える。なかでも、ご近所アウトドアだろうとガチキャンプだろうと、あらゆるシーンで大車輪の活躍が期待できるのがこのクーラーボックス。

女性にも扱いやすいコンパクトサイズながら容量は500mlのペットボトルを優に16本も受け止める心強い容量。もちろん、一日中飲み物を保冷するに足るポテンシャルも完備。デイキャンプの相棒としてもきっと重宝するはず。

残念なのは、登場するたびに反響を呼ぶ両社のスペシャルシリーズだけに、一家族につき購入は1個に限定されていることくらいか。いや、本当にコンプリートしたいくらいスタイリッシュ。

NEXT PAGE /

④週末のライトキャンプにも、平日の買い出しにも

「ロゴトート」/コールマン
「ロゴトート」2860円[税込]/コールマン(コールマン ジャパン 0120-111-957)

巷で外行き用のバッグはコンパクト化傾向にある。ただ、家族と過ごす休日ともなるとそうはいかない。

ちょっとしたアウトドア遊びにはレジャーシートやタンブラーなどは必携で、我が子のアウターやオモチャまで我々が持つ羽目になるのが定番。となると、何より丈夫さと懐の深さを備えた頼もしいバッグが必要だ。

このトートはショルダーストラップまで付いた2-WAY仕様で、強靭なキャンバス生地で仕上げられているため汚れも傷みもなんのその。そんな気軽さゆえに、休日はライトキャンプのサブバッグとして活用しながら、平日は妻の買い出しに、なんてことも可能。レジ袋も有料化された今、あって損はないアイテムだ。

 

以前、「すべて揃えても3万円で釣りがくる。コールマンの最新ギアで自宅でキャンプ気分」なんて記事を紹介したけど、今回もやっぱり全部揃えても3万円以下。

緊急事態宣言が明けたとは言え、やっぱり「#StaySafe」は続く模様。今夏のキャンプは肩肘張る必要はない。“ご近所キャンプ”をパパッと彩ってくれる、コールマンのコスパギアたちに一任しよう。

[問い合わせ]
コールマン ジャパン
0120-111-957

「ご近所アウトドアに『ライト・キャンプ・ギア』」とは……
心がけたいのは「#StaySafe」な遊び。遠出はできなくても、庭や近場の公園でキブンはしっかり盛り上げたい。そんなご近所アウトドアがグッと楽しくなる、ライトな感覚の使えるキャンプギア集。上に戻る

菊地 亮=文

# キャンプギア# コールマン
更に読み込む