みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.92
2020.03.05
LEISURE

四駆郎かレッツ&ゴーか。アナタがハマるタミヤのミニ四駆はどっち?

少年時代のホビー代表格、青と赤に彩られたツインスターでお馴染みのタミヤのミニ四駆。あの山下健二郎さんもどハマリ中というミニ四駆の世界、アナタはブームの第1世代? 第2世代?

 

『ダッシュ! 四駆郎』にキュンときた
第1世代さんはこんなモデルを

© TOKUDA・SHOGAKUKAN

ミニ四駆ブームの火付け役となった名作。1987年に「月刊コロコロコミック」(小学館)で連載を開始して以降、当時子供だった我々にミニ四駆の楽しさと友情の大切さを教えてくれたバイブルである。

1/32 ダッシュ2号・太陽(バーニング・サン)
1000円/タミヤ ︎054-283-0003

1/32 ダッシュ2号・太陽(バーニング・サン)
四駆郎率いるダッシュ軍団の元気印、タンクローの相棒。そのたくましいフォルムはまるで装甲車のよう。見た目同様パワフルな走りがウリで、漫画で描かれた武骨なバー型バンパーもそそるじゃない。

 

1/32 プロトエンぺラー プレミアム
1100円/タミヤ ︎054-283-0003

1/32 プロトエンぺラー プレミアム
プロトエンペラーは、四駆郎の宿命のライバル、鬼堂院陣のマシンでも知られる。強度とセッティングの拡張性に優れるシャシーを搭載し、よりスケールアップしたプレミアム版。

 

1/32 ダッシュ3号・流星(シューティングスター)
1000円/タミヤ ︎054-283-0003

1/32 ダッシュ3号・流星(シューティングスター)
高速重視の走りで人気を博したこちらは、四駆郎との交流で友情に目覚めダッシュ軍団に参加したクールキャラ、南進駆郎の愛車。漫画原作を倣いつつ、MSシャーシ仕様にリデザイン。

 

1/32 ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)
1000円/タミヤ ︎054-283-0003

1/32 ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)
当時の少年たちを虜にした人気漫画『ダッシュ! 四駆郎』の主人公、日ノ丸四駆郎のメインマシンを忠実に再現。ノース、センター、テールの3パートで構成されたMSシャーシ仕様ゆえ、耐久性が高く、カスタムの自由も高い。

NEXT PAGE /

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』にグッときた
第2世代さんはこんなモデルを

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』
© KOSHITA・SHOGAKUKAN

ミニ四駆の興奮を次世代へと継承した作品として、1994年から「月刊コロコロコミック」で連載がスタートし、人気を博す。競争をテーマに兄弟のW主人公で展開したストーリーも当時は新鮮だった。

1/32 シャイニングスコーピオン プレミアム
1100円/タミヤ 054-283-0003

1/32 シャイニングスコーピオン プレミアム
名は体を表すかのごとく、フロントカウルのデザインはサソリをモチーフに製作。性能の高さもさることながら、ガンメタリックのシャーシにレッドのスタビヘッドと、配色も印象的。

 

1/32 ハリケーンソニック プレミアム
1100円/タミヤ 054-283-0003

1/32 ハリケーンソニック プレミアム
『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の主人公のひとり、星馬列が手にした3台目、ハリケーンソニックの進化版。フロントカウルをつなぐウイングが独特で、空気の抵抗を極力抑えてくれる。

 

1/32 サイクロンマグナム プレミアム
1100円/タミヤ 054-283-0003

1/32 サイクロンマグナム プレミアム
第2次ミニ四駆ブームの牽引した漫画『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の主人公のひとり、星馬豪が愛用した3台目のマシン。採用するARシャーシは空力の追求はもちろん、整備性や剛性、拡張性などにこだわった本格仕様。

 

ブロッケンギガント プレミアム
1200円/タミヤ 054-283-0003

ブロッケンギガント プレミアム
ミニ四駆への情熱は計り知れない主要キャラ、近藤ゲンが愛用。その思いが溢れる車体のデザインとタイヤを完全にカバーしないハーフカウルボディが特徴。

 

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真 髙村将司=文

# ダッシュ! 四駆郎# タミヤ# ミニ四駆# 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
更に読み込む