厳“泉”露付 Vol.1
2020.02.07
LEISURE

金の湯、銀の湯、空飛ぶ湯……サプライズ付きの露付きで冬の極上温泉体験

厳“泉”露付●冬といえば温泉。寄る年波には勝てず、冷えに敏感になってきたらなおのこと。気になるのは、プライベート感満載な露天風呂付きの温泉宿=“露付き(ろつき)”である。オーシャンズが厳“泉”した露付きをFor 湯〜♨

量より質で、いい宿の情報を提供する宿泊予約サイト「一休.com」。そのなかで、検索ワードの上位を常に取っているのが「露付き」らしい。つまり“露天風呂付きの温泉宿”はみんな大好きということだ。

え? そりゃそーだって?

いやいやいやいや。これから紹介する露付きを知ったら、そんなに平然とはしていられないはずだ。案内人は、一休.comが運営するWebマガジン「一休コンシェルジュ」編集部の石川愛里さん。さっそく教えてもらおう! 予約するべき宿ってどんなとこですか?

「そうですね。まずは、サプライズが待つウワサの露付きから見ていきましょうか」。

この人に聞きました!

石川愛里さん●「一休コンシェルジュ」メディア事業部長。一休.comサイト内のWebマガジン「一休コンシェルジュ」で編集者として日々、旅にまつわる情報を発信。年間50軒以上の旅館やホテルを巡りながら、自ら取材・執筆も行う。好きな言葉は「非日常」。

 

あなたが入りたいのは……金の露付き? 銀の露付き?
〜中の坊瑞苑(兵庫)〜

あなたが入りたいのは……金の露付き? 銀の露付き? 〜中の坊瑞苑(兵庫)〜
過去にはグレース・ケリーも宿泊したことがある名宿。約2年前にリニューアルしたため、施設自体も美しい。

昔話の金の斧、銀の斧みたく、ヨコシマな気持ちで答えたらどっちの湯も入れない、なんてことはないのでご安心を。

日本最古の温泉といわれている兵庫県の有馬温泉。赤銅色の湯が特徴の“金泉”と、無色透明の“銀泉”の2種類が涌出する珍しい温泉地でもあり、その両方をひとつの宿で堪能できるのが「中の坊瑞苑」の貴賓室だ。

10畳の和室に、リビングとツインベッドルームがついた貴賓室。

「まず、金泉、銀泉をひとつの宿で堪能できるだけでもスゴいことなんです。なぜかといえば、金泉は、含鉄-ナトリウム-塩化物強塩温泉なので、風呂桶自体が錆びやすくメンテナンスが大変。なので、金泉を持っていることがまず稀少。銀泉の露付きは見かけますが、金泉が楽しめる露付きとなると……相当限られてきますね」。

赤銅色の湯が特徴の“金泉”と、無色透明の“銀泉”の2種類が涌出する珍しい温泉地でもあり、その両方をひとつの宿で堪能できるのが、「中の坊瑞苑」の貴賓室だ。
隣同士に金泉と銀泉が並ぶ。

「それでいて中の坊瑞苑の貴賓室では、銀泉も楽しめる。しかも両方とも露付きだなんて! 名だたる旅館が点在する有馬温泉でも、とても贅沢な存在だと思います」。

さらに温泉の効能も、冷えを感じ始めた年代に打って付けだという。金泉に含まれる塩分は、血行不良や冷え性の体を芯から温めてくれ、加えて肌に付着した塩が薄い皮膜をつくり、保湿効果も期待できる。また銀泉は、湯から蒸発したラドンガスを吸入することで自然治癒力を高めるとも。

金か銀か。選択する必要もなく両方堪能。交互に浸かれば、体の芯からポッカポカになれそうだ。 

中の坊瑞苑
住所:兵庫県神戸市北区有馬町808
電話番号:078-904-0787
露付き宿泊料:16万4272円~※2名1泊2食付き
予約はコチラ

NEXT PAGE /

プールみたいな露付きで空飛ぶ入浴体験を
〜奥湯河原 結唯 -YUI-(神奈川)〜

プールみたいな露付で空飛ぶ入浴体験を 〜奥湯河原 結唯 -YUI-(神奈川)〜
清流のほとりに佇む大人の隠れ家がコンセプトの宿。

「これまで取材で巡った露付きのなかでも、とにかく開放感たっぷりな露天風呂が楽しめるのがこの宿です!」。

日本建築の粋をテーマにした離れの「紫夕」。

石川さんがそう言って名前を挙げてくれたのが「奥湯河原 結唯」。目的地は、その離れにある一棟貸しの客室「紫夕」である。

浴槽が窓の外にせり出すようにデザインされた「空中露天風呂」。/奥湯河原 結唯 -YUI-(神奈川)
浴槽が窓の外にせり出すようにデザインされた「空中露天風呂」。

「見てくださいよ、この浴槽! 外にせり出すような開放的なデザインで、湯に浸かると『空中に浮かんでいるような不思議な感覚が味わえる』と評判なんです。眼の前には、四季で移ろう木々の様子が、眼下には清流・藤木川のせせらぎ。マイナスイオンを浴びられます」。

「紫夕」のある神奈川県の奥湯河原温泉は、小林秀雄や宇野千代などの文人たちが愛した温泉街。彼らを癒やしてきた長い歴史を持つ。

木々と川の清流を間近に感じながら入浴を楽しめる。

少人数でプライベートな時間を楽しみにする人が多い露付きは通常、1〜2名用のコンパクトな作りのものが主流。そんななかで、これほど大きな露付きはかなり珍しい。

素晴らしいのは浴室だけでなく、全面ガラスの客室からの眺めも絶景。宿泊は大人のみ4名までで、専用駐車場から直接チェックインできるので、誰の目も気にせずにくつろげる。

そしてダメ押しは湯の効能。しっとりと化粧水のような肌触りの湯は古くから「傷の湯」と称され、打ち身や傷、手術後の快復が早いともいわれている。さらに保湿効果もあるんだとか。

これ以上の露付き、あるのだろうか?

奥湯河原 結唯 -YUI-
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上683-25
電話番号:0465-63-6643
露付き宿泊料:26万272円~※2名1泊2食付き
予約はコチラ

NEXT PAGE /

“ジャ付きの露付き”で悪天候でも安心です
〜奥日田温泉 うめひびき(大分)〜

“露付きでジャグジー付き”で悪天候でも安心です 〜奥日田温泉 うめひびき(大分県)〜
「梅づくし温泉」をコンセプトに、2017年に開業した温泉宿。敷地内には梅酒を製造する梅酒蔵も併設。

「何も悪いことがなさそうな露付きにも唯一、弱点はあります。それが天候。大雨だったり、逆に真夏だと夜だけ露天風呂に入りたい、というご希望もございますね。そういう要望に応えるように最近では『露天+内風呂』を設置する宿が増えています」。

こちらの客室は「鶯宿(おうしゅく)デラックス」。

なるほど。確かにそうかもしれない。穏やかな自然とともにあるから露付は気持ちいいのだ。荒天なら話は別だ。その点、大分県日田市の自然に囲まれた奥日田温泉にある「うめひびき」はパーフェクトである。

露天風呂に浸かりながら壮大な響渓谷が眺められる。/奥日田温泉 うめひびき(大分県)
露天風呂に浸かりながら壮大な響渓谷が眺められる。

「離れや別邸の一部の客室には、観光スポットの響渓谷の絶景が臨める露天風呂があるだけでなく、客室内の洗い場に内風呂も付いているんです。しかもジャグジー付き! さまざまな入浴タイムが楽しめます」。

こちらがジャグジー付きバスの内風呂。

露天風呂の温泉は、冷え性や疲労回復、健康増進に効能があるとされる単純泉。それに内風呂のジャグジーの血行促進効果も加われば、ダブルで温まるに違いない。

施設内にある「ラウンジ藤五郎」では自家製梅酒や梅カクテルなどを提供。風呂上がりにクイッと飲む一杯も格別だ。

奥日田温泉 うめひびき
住所:大分県日田市大山町西大山 4587
電話番号:0973-52-3700(10:00~19:00)
露付き宿泊料:6万4980円~※2名1泊2食付き
予約はコチラ

岡本卓大=写真 北村康行=文

# 一休.com# 温泉# 温活# 露付
更に読み込む