「ウェルネス&腕時計」特集 Vol.66
2021.07.25
HEALTH

ディグり気質のN.ハリウッド尾花大輔が愛用する、こだわりの水泳グッズ

週2、3回のペースでプール通いを続けているN.ハリウッド デザイナー・尾花大輔さんの愛用スイムアイテムを調査!

生業のファッションデザインにおいて高い評価を受ける“こだわり”は、今やライフワークとなった水泳にも向けられていた。

尾花大輔●1974年生まれ。ファッションデザイナー。10代で古着に傾倒し、バイヤーなどを経て2000年にショップ「ミスターハリウッド」をオープン。翌’01年に自身の手によるメンズブランド「N.ハリウッド」を立ち上げ、本格的にコレクションをスタートさせる。

 

「パタゴニア」のトートバッグ

「最低限の機能と防水性を備えるトートは、ブルーをプール用、ブラックをワークアウト用として使用。色で使い分けるところが尾花流」。

 

「OBI」のショッピングバッグ

「プールとジムの両方に行く日は青と黒のトートをこのバッグに入れて使用するなど、用事がいくつかあるときに重宝する大容量バッグ」。

 

「アリーナ」(上)と「アイ スイム アンド ザ トラベル アラウンド ザ ワールド」(下)のスイミングキャップ

「上は程良いホールド感が好みという定番使い。下はメッシュ素材が通気性の良さを生む一枚。メッシュキャップのない海外では大人気」。

NEXT PAGE /

「アリーナ」のプルブイ

「両脚に挟みながら泳ぐ練習をする際に使うアイテム。下半身の浮力を上げてコアのバランスを保ちながら泳ぐ力を鍛えることができる」。

 

「スント」の腕時計(左)と「アップル」の腕時計(右)

「操作が簡単なアップルウォッチと水に強いベルトのソロループは水泳に完璧なコンビ。スント7チタニウムは細かいデータ収集が可能」。

 

「アリーナ」のスイミングパンツ

「ショートボックス型のスイミングパンツはモダンに着られる現在のマイベスト。デリケートな箇所も気にならないフィット感が最高です」。

NEXT PAGE /

「アリーナ」のスイムゴーグル

「3000円前後の価格帯に多くのモデルが揃うスイムゴーグル。各々スタイルや機能が異なるためいろいろと試しながら最良モデルを探し中」。

 

[左]「サーフイヤーズ」のイヤープラグ
[中]「ナルゲン」(左)と「サバス」(右)のドリンクボトル
[右]「アーケット」のポーチ

[左]「密閉度が高く使いやすいサーフィン用の耳栓はコードが付いているため紛失しにくいところが魅力。左右で色が異なるのも認識しやすい」。

[中]「飲みやすく洗いやすいサバスのボトルで一日3回ホエイプロテインを摂取。ナルゲンはアミノ酸(BCAA)の補給用に持ち歩いています」。

[右]「プールやジム、サウナへ持参するアメニティグッズは縦長ポーチを使用。大柄フックをロッカーなどに引っ掛けて使用。使い勝手は抜群」。

 

清水健吾、山口恵史=写真 水嶋和恵(La Plage)=ディレクション 加瀬友重、菊地 亮=編集・文 小山内 隆、押条良太(押条事務所)、髙村将司=文

# スイミングパンツ# 水泳
更に読み込む
一覧を見る