40歳からのSTAY YOUNG総合研究所 Vol.8
2020.03.15
HEALTH

6大メガブランドの指名買いランニングシューズで、明るい未来へ走り出せ!

STAY YOUNG総合研究所とは?

ランニングブームの高まりとともに、目覚ましい進化を続けるランニングシューズ。そのトップグループを牽引し続けるのが、プロランナーからの信頼も厚い6大ブランドだ。

機能面とデザイン面で理想を具現化する最新シューズを履けば、僕らのランニングライフは間違いなく明るいのだ。

機能面とデザイン面で理想を具現化する最新シューズを履けば、僕らのランニングライフは間違いなく明るいのだ。
[1]2万2000円/アディダスグループ 0570-033-033、[2]1万6000円/ナイキ 0120-6453-77、[3]1万2000円/リーボック アディダスグループ 0570-033-033、[4]2万7000円/アシックスジャパン 0120-068-806、[5]1万5300円/オン・ジャパン 045-264-9440、[6]1万1900円/ニューバランス ジャパン 0120-85-0997

 

[1]アディダスの「ウルトラブースト 20」
自らを「クリエイタースポーツブランド」と定義づけるアディダスが提案する渾身のニューモデルは、ブランドの英知を結集した「ウルトラブースト20」。靴下のように足を包み込むソフトニットアッパーが特徴で、何重にもレイヤードされた特殊構造のニットが、蹴り出しから着地までをサポート。

さらに、立体的にデザインされたポリウレタン製ヒールフレームが踵をしっかりとホールドしてくれる。クッション性と反発性を両立したブーストミッドソールが着地のエネルギーを吸収し、スムーズな走行を実現する。

[1]アディダスの「ウルトラブースト 20」

 

[2]ナイキの「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」
早くからランニング業界のリーディングカンパニーとして君臨するナイキ。現在情熱を傾けるのが、「記録を求めるだけでなく、ランナーのケガのリスクを減らし、安心して走り続けられるシューズ作り」だ。その理想を具現化したのが「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」である。

ブランド独自のミッドソール、リアクト フォームの割合を従来よりも24%増量することでクッション性が驚くほど向上し、着地の衝撃が軽減。さらにアッパーのフライニット ロフト素材が足の横ぶれを防ぎ、安定した走行をサポートするのだ。

[2]ナイキの「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」

 

[3]リーボックの「ジグ キネティカ」
現代のフィットネスブランドを標榜するリーボックは、ランニングをフィットネスにおける不可欠な要素として捉え、さまざまなコースで最高のパフォーマンスを発揮するランニングシューズを提供する。その代名詞というべき「ジグ キネティカ」は、踵が着地するときの衝撃を足を前に送り出す推進力に転換するジグザグ状のソールが特徴。

最新版はミッドソールに高いクッション性を生むフロートライドフュールを搭載したもの。ソールにはクッション性、反発性を兼備したEVA素材が格納されている。

[3]リーボックの「ジグ キネティカ」

NEXT PAGE /

[4]アシックスの「メタライド」
「多くのランナーに楽しく走り続けてほしい」という願いのもと、さまざまなレベルのランナーに応じたランニングシューズを提供する日本を代表するシューズブランド。走りをもっと楽に、長く楽しめるようにと走行効率を徹底追及した最上位モデルが「メタライド」だ。

足関節部のエネルギー消費を抑えるガイドソールテクノロジーがスムーズかつ効率のいい走りを実現するため、ロングランに最適。伝統の衝撃緩衝材・ゲルと軽量ミッドソールが生み出す雲上のクッション性も人気の秘密だ。

[4]アシックスの「メタライド」

 

[5]オンの「クラウドフロー」
「ランニングの世界を変える」という目標を掲げ、2010年、スイスのチューリッヒで創業したオン。その名を世界に知らしめた特許技術、クラウドテックは最新作「クラウドフロー」にも搭載される。

アウトソールにデザインされた凸凹のある18個のクラウドパーツと反発力に優れたクッション性を持つヘリオン スーパーフォームが着地の衝撃を和らげ、まるで雲の上を走っているような感覚だという。さらに適度な通気性を確保したスイスエンジニアードメッシュアッパーが心も弾む走り心地を生み出す。

[5]オンの「クラウドフロー」

 

[6]ニューバランスの「フレッシュ フォーム テンポ」
すべてのランナーにとっての「ベストランニングブランド」を目指すニューバランス。フィットネス目的のランナーからプロランナーまで、幅広い走力レベルに対応するシリーズを展開する。

最新作「フレッシュ フォーム テンポ」はかつてないクッション性を追求し、レーザー加工で細部まで精緻に仕上げたミッドソール、フレッシュフォーム エックスをスピード走行に適した薄底設計のデザインに採用したもの。さらに通気性に優れたエンジニアードメッシュアッパーが足をしなやかに包み込む。

[6]ニューバランスの「フレッシュ フォーム テンポ」

NEXT PAGE /

スニーカーの達人・小澤匡行さんが語る「ランニングシューズの歩み」

ライター 小澤匡行さん
1978年生まれ、千葉県出身。編集・ライターとして雑誌やカタログなどを手掛ける。ファッション業界きってのスニーカーツウとして知られ、2016年には『東京スニーカー史』(立東舎)を上梓。近著に『SNEAKERS』(スペースシャワーネットワーク)の日本語監修など。

ランニングシューズを履いて街を走るランナー。今でこそ当たり前の風景ですが、1970年代以前には街で走っている人を見かけることはほとんどありませんでした。その頃はまだランニングは競技場で行うものと考えられていたからです。

では、なぜ街を走る市民ランナーが増えていったのか? その理由はランニングシューズの歩みと深い関係があります。

まず、ランニングシューズの黎明期というべき1970〜’80年代。この時代は「衝撃吸収」の時代でした。それまでの衝撃吸収素材はゴムが主流でしたが、この頃から各ブランドがゴムよりも軽くクッション性に優れた合成樹脂・EVAを使い始めたんです。結果、硬いオンロードを快適に走れるようになり、市民ランナーが急増しました。’78年にはナイキがエアを搭載したモデルを発売し、’80年代にはニューバランスがブランドを象徴するミッドソールのひとつ、ENCAPを搭載した「M990」をリリースします。

日本がスニーカーブームに沸いた’90年代頃は「アッパー」の時代。アッパー素材がキャンバスやナイロンから伸縮性に優れたシンセティックへシフトしていきます。

その後、スニーカー人気が落ち着いた2000年のキーワードは「裸足感覚」。ナイキフリーやビブラムのファイブフィンガーズなど、ベアフットランニングの感覚を取り入れたスニーカーが注目を集めました。

2010年代は糸で編まれた「ニットアッパー」。ナイキのフライニットをはじめ、靴下のようなフィット感と軽量性を持つモデルが続々と登場しています。

で、現在はというと、ひとつは「推進力」。着地の衝撃を前に進むエネルギーに変換する厚底ソールのランニングシューズがマラソン界を席巻しているのはご存じのとおりです。

そしてこれから到来するのが「3Dプリント」の時代です。たとえば、アディダスが開発した「アディダス4D」。マイクロメーター単位でデジタル設計されたミッドソールは複雑に入り組んだ立体感のあるグリッド構造が特徴。見た目も斬新ですが、バネのようなグリッドが着地の衝撃を分散するだけでなく、ホールド性や推進力を生み出します。こうした3Dプリント技術はランニングシューズのデザインや機能性に革命を起こすテクノロジーとなるでしょう。

半世紀の間にランニングカルチャーがこれほど成熟した最大の理由はランニングシューズの目覚ましい進化にほかなりません。そして優れたランニングシューズはプロだけでなく、市民ランナーにも多くの恩恵をもたらします。最先端のテクノロジーを搭載したモデルを所有すれば、ランニングがもっと快適になるし、走りたい気持ちも高まるはず。走ることを楽しむために、最高のランニングシューズを選びたいですね。

まだまだ知りたいランニングシューズの秘密!

STAY YOUNG総合研究所とは?
加齢とともに気になりだした体型の変化や衰え……。俺たちを取り巻く体の悩みは山積みだ。もうこれ以上、オジサンになりたくない。そこでオーシャンズは40歳からのSTAY YOUNG総合研究所を立ち上げることにした。直面する問題にしっかりと向き合い、若々しくあるためのメソッドを探る。
上に戻る

鈴木泰之=写真 星 光彦=スタイリング 押条良太(押条事務所)=編集・文

# アディダス# ナイキ# ニューバランス# リーボック# STAY YOUNG# ランニングシューズ
更に読み込む