FEATURE

男の癒し方

ひとりの男として、あるいは、夫として、父として、37.5歳の悩みと疲れは募っていくばかり。そう、男には男ならではのストレスがあるもんだ。仕事と家庭を両方すべしというプレッシャー、中間管理職としての板挟み、家族の将来を負うことへの不安……。ふだんは、スマートに生きてるつもりでも、俺たちだって癒されたいのだ! 疲れて鈍くなっていく感覚を呼び覚まし、カラダもココロもすっきりさせる “俺たちの癒しレシピ”をご覧あれ。