2021.07.02
FASHION

「10km走れる普段着」のベストコーデ3例!ビームス随一のランナーが提案

ビームスの牧野英明さんに聞く「そのまま10km走れる普段着術」。

前回は“スポーツブランドは選ばない”、“ランニングシューズはマスト”など、5つのマイルールを教えてくれたが、今回はその着こなし編だ。

牧野英明●ビームスの開発事業部でライセンスブランドのディレクションを行う傍ら、ランニングアドバイザーとしても活動。全日本マスターズ選手権の1500m(M35クラス)では6位入賞を果たすなど、ファッション業界屈指のスピードランナーだ。フルマラソンの自己ベストは2時間49分01秒。現在は夏の1500mレースと10月のフルマラソンに向けて日々トレーニングに励む。月間走行距離は300~350km。

「誰でもすぐに実践できる内容で考えてみました」という3つのスタイルサンプルを参考にされたし!

 

①「バッグは持たない!」日の10km走れる普段着

Tシャツ/シーイー、パンツ/ビームス、シューズ/ブルックス、キャップ/グッドイナフ、靴下/フィーチャーズ

「大きな荷物がないときは、基本手ぶら」。

そう話す牧野さんの普段着コーデがこちら。

シューズと靴下以外は、ファッションブランドで固めてみました。普段は手ぶらで出勤することが多いのですが、そんなときは収納力のあるパンツが欠かせません。僕がはいているのはビームスのショーツ。ポケットがたくさんあって、ここにスマホや財布、イヤホンといった小物を入れています」。

4つのポケットを完備。ウエストのドローコードを絞れば、走っているときもパンツがずれる心配はないという。

カーキのロンTは、東京発のストリートブランド「シーイー(C.E)」をチョイス。

「Tシャツやパンツは、スポーツブランドじゃないけど、スポーツできそうな機能アイテムを目ざとく探しています(笑)。シーイーのTシャツはこう見えてメッシュ素材を使っているので、夏でも快適に走れるんですよね」。

そして、シンプルな色味のウェアに合わせるのは、オレンジの靴紐が印象的なブルックスのパフォーマンスシューズだ。

「これは6月上旬に発売されたばかりの『オーロラ』というモデルです。“月の上を歩く”というコンセプトで開発されていて、近未来的なソールの形状が面白いですよね。コンセプトモデルにしては走り心地も良くて、ヘビロテしそうな予感です」。

ウェアは同系色で合わせて、シューズは派手めの色でハズす、というのが牧野さん流。逆にウェアで目立たせたいときは、シューズはモノトーンを選ぶといいとか。

さらに、これまでランニングシューズを100足以上履いてきたという牧野さんが同じぐらい情熱を注ぐのがキャップ収集である。

「これは、2000年代初頭に購入したグットイナフのもの。キャップは、定番色でメッシュ素材のものを選んでいます。ブランドにこだわりはなくて、例えばシュプリームといったストリート系のブランドでもメッシュ仕様のものがあればチェックするようにしています。結構絞ったのですが、自宅にはまだ30〜40個ほどありますね(笑)」。

NEXT PAGE /

②「天候に左右されない!」日の10km走れる普段着

ジャケット/ビームス ジャパン、パンツ/チャコール トーキョー×サウス2 ウエスト8、シューズ/ニューバランス、サングラス/オークリー、バッグ/ポーター

続いて、シャツスタイルで登場した牧野さん。

「テーマはズバリ、雨でも走れるスタイル。ビームス ジャパンのシャツジャケットは、防水透湿性に優れた素材を使っているので、雨避けとして重宝します。しかも、腕のところにベンチレーションが隠されていて、内部のムレを気にしないで走れちゃうんです」。

腕部分に隠されたベンチレーションは、チャックの開閉で調整可能。

「上半身がシャツなので、下半身はスラックス見えするパンツを選んでみました。サウス2 ウエスト8とチャコール トーキョーのコラボアイテムで、ポリエステル65%、コットン35%と化繊の割合を高めていることが特徴です。雨に濡れても乾きやすいため、梅雨のランニングにはぴったりですね」。

パンツはウールのような見た目。インラインのものよりもポリエステルの割合を増やしているという。

「シューズは、ニューバランスのレース用シューズ『FuelCell RC エリート M VB2』です。毒々しい色ですが、ウェアを落ち着いたカラーにしているので、馴染みやすいんですよね。ランニングシューズといえば、クッション性や軽さが重視されますが、面白い柄のモノが多いので、ファッションとしても十分楽しめます」。

そして、もうひとつ注目したいのがリュック。

「ポーターのデイパックは、もともとウエストベルトがなかったので、別売りのベルトを付けてみました。これだけで体が安定します! ぜひ試してみてほしいですね」。

アウトドア用のリュックがなくても、外付けのウエストベルトを付ければ走れるバッグへと変身。PCなど、少し大きめの荷物を入れたいときに活用するといいだろう。

NEXT PAGE /

③「楽ちんセットアップ!」でも10km走れる普段着

ジャケット、パンツ、中に着たTシャツ/すべてロバート ゲラー×ルルレモン、サンダル/ルナサンダル、サングラス/ディストリクトヴィジョン、バッグ/ターグ

最後に提案してくれたコーディネイトは、迷ったときに参考にしてほしいという。セットアップに、足元はなんとサンダルである。

「いちばん、振り幅をつけてみました。セットアップと中のTシャツは、ルルレモンが、ニューヨークブランドのロバート ゲラーに別注したアイテムです。

ビジネスライクな仕立てなので仕事着として活躍しますし、ストレッチが効いているため、そのままランニングしても問題ありません」。

最近はアスレチックブランドでも、普段着として使えるアイテムが発売されているから、それを活用するのも手だ。

「セットアップにゴテゴテしいシューズは合わないので、サンダルをチョイスしました。そもそもサンダルで走ることに不安を持つ方がいるかもしれませんが、ルナサンダルは、“伝説の走る民族”と言われるタラウマラ族の靴を参考にして作られています。

裸足に近い状態は、足本来の機能を呼び覚ましてくれ、フォームが改善されたり、怪我を予防する効果が期待できるらしいんです。実際、上下動は少ないですし、ダッシュも全然できちゃいます」。

ストラップが切れないか心配になるが、購入して2年以上が経った現在も特に問題ないという。

「ナップサックはヘリノックスが手掛けるターグというブランド。こちらは、余り紐をウエストで結んでいます。ちょっとした着替えを入れるときに使っていますね。これで銭湯も行けますよ」。

サングラスのレンズはセットアップの差し色と合わせて、オレンジをチョイス。

固定概念に囚われず、自由な発想で着こなしを楽しむ牧野さんの普段着術。ランニングウェア選びの大きなヒントとなるはずだ。

明日7月3日(土)の10時には、牧野さんイチオシのランニングシューズを紹介!

齋藤ジン=写真

# ランニング# ランニングウェア
更に読み込む