2021.11.21
FASHION

「ニューバランス」で今、人気の品番は? 色は?スナップからリアルトレンドを炙り出す

「ニューバランス、再燃」と、スニーカー芸人・レイザーラモンRGさんが予言したのは2019年初頭。

私物のニューバランスを手にするRGさん。記事はコチラ

「定番以外の“変わり種”が来る」という言葉通り、コロナ以前はたくさんの別注や新作が登場し、街角を賑わせた。

そしてwithコロナの世界となった2020年以降、その勢いはどうなっているのか?

今回は、街角パパラッチ隊のレンズを足下に向けて、ナウな現状にフォーカス。

 

「990」のVシリーズなどハイエンド品番が人気

今回、街行く“ニューバランサー”たちの足元を観察した第一印象。

「990系や2000番台、多いなぁ」である。

デニムにも合うよね。
こんな色もあるんだね。
グレーは鉄板。
なるほど。

とまぁ、圧倒的。

このあたりの品番は以前、オーシャンズの取材でシソンヌ長谷川さんが「ファイヤーパターン」と例えていたトウのデザインが目印だからわかりやすい。

990番台のシリーズ群。左から「992」「991」「990 v2」。長谷川さんの偏愛ぶりが見られるYouTubeも併せてチェックを!

しかも本当にさまざまなスタイルの人たちに愛用されていて、アメカジは当然のこと、大人ストリート、モード、トラッド、おまけにキッズまで。とにかく多彩なコーディネイトの足元を支えていた。

王道のアメカジとの相性の良さは抜群です。

思えば「1000点満点中、990点の仕上がり」という意味から付いた 990番台やフラッグシップとしての2000番台は、ブランドの最高峰なのだから多くの人に支持されるのは当たり前なのかもしれない。けれど、それにしてもなこの支持率。恐れ入ります。

NEXT PAGE /

色はグレーの圧倒的勝利。やっぱりね!

続いては色について考察してみよう。ここは多くの予想通り、グレーが一大政党となっていた。

ニューバランスにとってグレーは大切な色で、近年はグレーデイなる記念日を設けているほど。

2021年は5月15日がその日で、ニューバランスを代表するモデルのひとつである「574」をフィーチャーしていた。

こちらは2021年9月にアイ コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンとコラボした「574」。真っ黒にアレンジすることでモードでシックな顔つきに。色のイメージが強いからこそ成り立つアレンジだ。

人とかぶる機会も多い超王道モデルは、せめて色かぶりを避ける選択肢もあるはずだが、ニューバランスにおいては別。

スタンダードが何より人気で、その実力は、街角の事実が証明している。

NEXT PAGE /

“変わり種”ニューバランスも引き続き人気!

一方で、RGさんが予言した“変わり種”ニューバランスの人気も継続中だ。

上で写真を載せた「574」別注作を始め、「1300」のゴルフシューズも出たばかりだし、トーン違いのグレーをパッチワークしたダブルタップス別注の「990 v2」も話題を集めた。

ゴルフシューズバージョンの「1300」(写真上)と、ダブルタップス別注の「990 v2」(写真下)。

こうした“変わり種”派として街角でも、ギャルソンコラボやコートシューズタイプなどが散見された。

’80年代の名作バッシュ「プライド550」の復刻版。レトロなデザインが魅力。
ギャルソンの手によって黒く染まった「57/40」。

このほか、スケートボードラインの「ヌメリック」やランニングシューズを履く人たちもチラホラ。

「そのニューバランス、何?」と言われたら、しめたものである。

常にトレンド戦線のトップラインにいるニューバランスだけに“ブーム再燃”と言うのは正直、憚られる。けれど、やっぱり大きなブームは来ている様子。

こちらの記事を参考に、マイ・フェイバリットを見つけてもらいたい。

# ニューバランス# スニーカー# 街角パパラッチ
更に読み込む
一覧を見る