「感動の服」特集 Vol.40
2021.09.17
FASHION

これは要チェック! モダンテイストからルーズシルエットまで、“今どき”なGジャンが集結

近年、再燃の兆しを見せるGジャンだが、その一方で“昔流行ったよね”感は出したくないという御仁も多いのではないだろうか。

そこでモダンテイストやルーズシルエットなど、今風なものをピックアップ。この秋のアウターはGジャンで決まりだ!

 

「セブン バイ セブン」

感動しなきゃ男じゃない!? モダンテイストからルーズシルエットまで、“今どき”なGジャンが集結
やや低めの位置に付けたポケットやフロントプリーツはヴィンテージの“1st”ジャケットをモデリング。片やシルエットはモダナイズし、美しい青の色みにもこだわった。5万600円/セブン バイ セブン(サカス PR 03-6447-2762)

俳優、モデル
平山祐介さん Age50
モードからストリートまで幅広い服を公私で楽しむオーシャンズ看板モデル。近頃はデニムのオーセンティックな魅力を再確認。

いわゆる“1st”のクラシックな雰囲気を残しながらも、シルエットでモダンにアレンジ。言うは易く行うは難しの上級ミッションを見事にクリアする完成度に感動です。

袖が長めでゆったり着られるのは、個人的にうれしいポイント。最近のデニム回帰な気分を呼び起こすきっかけになったアイテムです。

 

「ワーダー」

カシミヤやスーピマコットンなどの厳選された素材を用い、軽さと柔らかさを獲得。リベットをあえて取り除いてスマートさを強調するなど、細部も光る。4万4000円/ワーダー https://warder.jp

スタイリスト
荒木大輔さん Age45
今夏は薄い素材感のパンツとショーツを愛用していた。リネン混のソックスの心地良さにもハマっている。秋口からはシャツを上品に着るスタイルでいこうと思案中。

オーセンティックに偏らないモダンなデザインもさることながら、とにかく着心地がいいんです。生地はカシミヤ混デニムのため軽くて柔らかく、リジッドデニムのようなゴワつきはいっさいなし。

さらに裏地まで気持ちいいという、着てみなければわからない細かな作り。洋服マニアのツボを心得ていますね。

NEXT PAGE /

「リー」

1万6500円/リー(リー・ジャパン 0120-026-101)

これぞリーという王道のデザインはそのままに、シルエットをビッグ&ルーズにアレンジした進化版。変わらず好きなものとこれからも友好的に付き合うための、ひとつの模範解答だ。

 

「オーラリー」

3万7400円/オーラリー 03-6427-7141

独自に開発した強撚のデニム生地を使うことにより、洗い込んでもリジッドのような端正な質感が続くのが最大のポイント。レトロなブラウンカラーも洒脱。

 

清水健吾=写真 梶 雄太、来田拓也、星 光彦、野上翔太=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、森上 洋、中田 潤、今野 壘、オオサワ系、大木武康=文

# オーラリー# リー# Gジャン# デニム
更に読み込む
一覧を見る