「街角パパラッチ&家」特集 Vol.13
2021.08.04
FASHION

夏の大定番“ビルケン”を今年はどう履く? ボロくなったらどうする?

夏のパパラッチ企画において、必ず見かけるのが「ビルケンシュトック」を愛用する男たちだ。

履きやすい、疲れない、かっこいい。サンダルの大定番&大本命であるビルケンは、もはや選ばない理由がないのである。

 

今年も発見!「ビルケンシュトック」を愛用する男たち

今年もいました!説明不要の大定番「ビルケンシュトック」を愛用する男たち
サンダル/ビルケンシュトック、シャツ/エディションズ エムアール、パンツ/イートウツ

平野成彦さん Age 31
オーシャンズ世代御用達サンダルの筆頭格、ビルケンシュトック。やっぱり今季も多かった!

さて、それを洒落に履くならこれがいい手本。ブラウンカラーのパンツを選び、チラッとくるぶしが見える絶妙な丈感が、清潔感を出す秘訣だ。

 

サンダル/ビルケンシュトック

池末幸太さん Age 37
秋口までイケる+ソックスのスタイル。白を合わせるとよりクリーンに落ち着く。

 

サンダル/ビルケンシュトック

猪野友介さん Age 34
シンプルな装いには存在感の強いスエード&ブラウンカラーでカジュアルの重しに。

 

サンダル/ビルケンシュトック

関野太介さん Age 39
トップスから足元にかけて色の濃淡を使い分けたカラーリング上級者コーデ。

 

履き込んだビルケンを蘇らせる方法

ちなみに、たっぷり履き込んだビルケンは、リペアすれば蘇る。

フットベッドも破れてヒドい状態……だけど……

Web編集長・原 亮太のボロボロな一足も、新宿にある直営店のマイスタールームに持ち込んだことで、また一軍に返り咲いたとか。その仕上がりはこちらから。

ということで、今夏も安心してビルケンを履きまくろう!

 

恩田拓治、鳥居健次郎、岡崎考二、小野良子、中野 理、稲垣 茜、江森康之、大村聡志、阿部智将、品田健人、川西章紀=写真(東京) 松本あかね=写真(関西) 山辺 学(calm)=写真(福岡) オオサワ系、牛島康之、藤田直樹、松平浩市、星 光彦、与那嶺龍士、水野陽介、宮崎卓弥、戸叶庸之=取材(東京) 榊間信介(TRYOUT)=取材(関西) 冨永陽子、森川和典=スナップ取材(福岡) 加瀬友重、増山直樹=文 今野 壘、大関祐詞=取材(東京)・文

# ビルケンシュトック# サンダル# パパラッチ
更に読み込む
一覧を見る