「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.35
2021.06.15
FASHION

芸術を普段使いする贅沢。夏服に抜群の個性を与える“アートTシャツ”7選

Tシャツというまっさらなキャンバスに描かれたアートの数々。

芸術を普段使いする、そんな贅沢が何気ない日常を特別なものにしてくれるはずだ。

 

「フランク リーダー」

アートを着る、という贅沢。個性豊かな“イラストTシャツ”で芸術を普段使いしよう
1万7380円/フランク リーダー(マッハ55リミテッド 03-5413-5530)

ヴィンテージの植物図鑑のイラストが、オーガニックコットン製のボディに文字どおり花を添える。自然のサイクルを示唆した麦芽の入った小瓶が付属するなど、サステナブル な姿勢にも心を打たれる。

 

「ラキネス」

9900円/ラキネス(アルファ PR 03-5413-3546)

タツノオトシゴとニワトリが混ざったような不可思議なモチーフで、架空の博物館「合成魚博物館」を表現した佐々木真秀。彼女のセンスに敬意を表する、ブランド初のグラフィックT。

 

「マーク・ゴンザレス」

6600円/マーク・ゴンザレス(オージー ストア 03-6456-4422)

言わずと知れた“ゴンズ”のアートワークを前後両面で楽しめる。フロントはプッシュ、バックはトリックのスケートシーンを表現。前身頃の左裾には漆黒の“ゴンズ・エンジェル”が。

NEXT PAGE /

「ヤエカ」

9900円/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586)

ブランド自身が新作を心待ちにしているという、現代美術家・加賀美健とのコラボレーションシリーズ。今作のモチーフはずばり亀。メッセージ性は特にないようだが、深読みせずにいられない……。

 

「カーハート WIP」

6380円/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョー 03-3402-9810)

カーハートのウェアを纏う写実的なシェイブンヘッドは、日本のイラストレーターSHOHEIによるアートワーク。うっかりピザを服にこぼしてしまうキュートな仕草と、強面のギャップが面白い。

NEXT PAGE /

「バブアー」

9900円/バブアー(バブアー 渋谷店 03-6450-5993)

バブアーのアウターを着る男性。降る雨をものともせず、むしろ犬のほうが気を揉んでいる様子に服の魅力が凝縮される。さすがはクラシックウェアを熟知するスローボーイの仕事。

 

「ビズビム」

1万4300円/ビズビム(ダブリューエムブイ トウキョウ 03-6303-3717)

クラシックカーのタイヤに腰掛ける謎の人物。これはナイトーオートエンジニアリングの代表を務める傍ら、創作活動を行う内藤慶によるもの。思わず脱力してしまう絵のタッチ、吹き出しの言葉に注目。

 

清水健吾=写真 来田拓也、星 光彦、野上翔太=スタイリング 増山直樹、今野 壘=文

# バブアー# ビズビム# ヤエカ# Tシャツ# イラスト
更に読み込む