「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.27
2021.06.13
FASHION

夏が似合う青Tシャツ7選! すべてコーディネイト付きで着こなし方も紹介

ビビッド、ライト、ターコイズ。“多彩な青”を制するものは夏を制するといっても過言ではない。

そこでさまざまな青Tスタイルを提案。アナタはどの夏色がお好み?

 

気分は地中海リゾートなバカンス配色で攻略

アナタ好みのブルーはどれ?“多彩な”青Tシャツスタイルで夏を満喫せよ!
Tシャツ7150円/ノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)、パンツ3万3000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)、靴2万5300円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン www.clarks.co.jp)、サングラス2万3980円/レイバン(ルックスオティカジャパン 03-3514-2950)、ソックスは私物

地中海を思わせる深く美しいブルーTシャツに、白亜の神殿よろしく輝くホワイトパンツ。徹底的に爽やかなカラーパレットにしておいて、足元は淡ベージュのワラビーで大人のハズしを。ソックスのチラ見せも取り入れたいテクニック。

 

デニム姿の鮮度を上げるブルーグラデーション

Tシャツ6050円/ノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)、デニム2万900円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、スニーカー8800円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)

ブルーデニムに、いつものヴァンズ。そんな永世定番同士の組み合わせも、カラーTとの鮮やかなブルーグラデーションが加われば鮮度倍増になる。

 

カラーもシルエットもすっきり爽やかさ満開

Tシャツ1万4300円/サンスペル フォー ロンハーマン(ロンハーマン 0120-008-752)、パンツ4万2680円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、スニーカー1万9800円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)、肩に掛けたニット3万6300円/ドルモア(バインド ピーアール 03-6416-0441)、ソックスは私物

ターコイズブルーの爽快感を活かすべく、パンツはすっきり細身シルエットに。カーゴポケットや裾シャーリングでアクセントをつけられるこんな一本なら完璧。

無造作に肩掛けしたニットの淡色や裾から覗くソックスの白が爽やかさを後押ししてくれる。

NEXT PAGE /

上下ともに淡色で統一感あるスタイルに

Tシャツ1万1000円/ソフネット(ソフ 03-5775-2290)、ショーツ1万5400円/オーシャン パシフィック(ハンドイントゥリーショウルーム 03-3796-0996)、ハット7260円/ハフ(ハフ ジャパン 0548-24-1250)、肩に掛けたシャツ3万6300円/マディソンブルー 03-6434-9133

淡いブルーのTシャツに、土っぽさ薫るコーデュロイショーツが相性抜群。上下の色は違えど、ともに淡色なのでスタイリング全体に統一感があり、日焼けした肌とのコントラストも際立つ。今度の波乗りはこんな格好で。

 

遊び心あるロゴTに導かれ“フレッシュ”な着こなしに

Tシャツ7150円、ブレスレット4万6200円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ 03-6447-0471、パンツ1万7600円/サタデーズ ニューヨークシティ&ディッキーズ(サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033)

王道感漂うベージュパンツ。だからこそ、合わせるTシャツの色は大胆に。目を引くロゴはTシャツの機能を説明するものだけれど、「常に新鮮であれ」と背中を押してくれる役割も!?

NEXT PAGE /

発色のいいブルーは白を合わせて清潔感重視

Tシャツ2万6400円/ストーンアイランド 03-5860-8360、ショーツ3万9600円/マディソンブルー 03-6434-9133

上のライトブルーに比べ、やや発色のいいブルー。こんな色を主役に抜擢するときは、思い切って清廉潔白な真っ白合わせが潔い。黙っていても背中が語り出すほど、清涼感たっぷりに。

 

黒で引き締める手法はライトブルーでも使える

Tシャツ4180円/ゴート(ヤギ 03-3667-4888)、パンツ2万3100円/ラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道 03-6805-1630)、キャップ1万7600円/ビズビム(エフアイエル トーキョー 03-5725-9568)、スニーカー1万7380円/ニューバランス×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

まずは黒パンツ。そこにキャップ&スニーカーで味付けすれば、よりスポーティなスタイルが完成。パンツのシルエットと小物のチョイスでかなり印象が変わるという好例。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介、中北健太=スタイリング 福川雅顕=ヘアメイク 早渕智之=文

# Tシャツ#
更に読み込む