「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.15
2021.06.08
FASHION

カラーTシャツを活用した大人の夏カジュアル8選。それぞれのポイントを解説

カラーTシャツは、夏のカジュアルの挿し色役として欠かせない存在だ。

正統派スタイルの抜け感演出、マンネリ回避の特効薬、定番色の引き立て役に。カラーTシャツをキメるポイントを集めた。

 

正統派スタイルにユーモアを忍ばせて

遊び方は無限大!カラーTシャツを上手く使ったお洒落上級者コーデのポイント集
Tシャツ7150円/サンセ サンセ(ブランドニュース 03-3797-3673)、ジャケット8万5800円/ヘリル(にしのや 03-6434-0983)、デニム2万8600円/ワーダー https://warder.jp、靴7万2600円/パラブーツ(パラブーツ 青山店 03-5766-6688)

単なるカラーTの挿し色だけにあらず。胸元にはさりげなくワンポイントで「なつまでまつな」の回文ロゴ。気付く人は気付く。

自分を悦ばせる小さな遊び心が、濃紺と黒でまとめた落ち着き感あるジャケット&デニムスタイルのスパイスになる。

 

マンネリ問題の救世主。半袖シャツ姿に色で刺激を

Tシャツ8250円/ユニフォーム エクスペリメント(ソフ 03-5775-2290)、シャツ2万3100円、パンツ2万5300円/ともにディセンダント 03-5784-0314、スニーカー9万4600円/ビズビム 03-5468-5424、ソックスは私物

夏に重宝する半袖シャツ。その中に着るTシャツは白、グレー、紺あたりが相場。これらの色なら間違いない安牌といえるが、マンネリ問題はついて回る。

その救世主となりうるのは刺激的なカラーT。オレンジ以外のカラーTでも応用可能な着こなしだ。

NEXT PAGE /

リラックスカジュアルにもカラーT最強説

Tシャツ9350円/スローン 03-6421-2603、パーカ7万4800円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、パンツ4万9500円/スタジオ ニコルソン(キーロ 03-3710-9696)、靴3万3000円/クラークス オリジナルズ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、サングラス4万4000円/アヤメ 03-6455-1103

休日はTシャツにパーカ程度の自然体なファッションで十分。こんなふうに清潔感溢れるカラーリングでトップをまとめれば、反比例しがちな楽とお洒落を両取りできる。

ボトムスを濃色にして、Tシャツとトーンを揃えた靴を合わせてみても面白い。

 

くすんだイエローにはミリタリーカラーが似合う

Tシャツ2万2000円/アンドワンダー 03-5787-3460、ショーツ2万900円/イズネス(アルファ PR 03-5413-3546)

冒頭のコーディネイトで使ったような明るいイエローではなく、少しくすんだトーンのものを。こちらは同じくスモーキーなオリーブなどのミリタリーカラーが似合う。

ゆったりショーツにTシャツをふわっとインしてニュアンスを出すと俄然お洒落。

NEXT PAGE /

リラックス感の中に品格が滲む好配色

Tシャツ7700円/ウィンダンシー(エリオット 03-5708-5757)、パーカ3万2450円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店 03-6418-0928)、ショーツ3万5200円/タリアトーレ(トレメッツォ 03-5464-1158)

いい具合にフェード感のあるグリーンTシャツをアクティブなモノトーンアイテムで合わせてみた。結果、大人の品とリラックス感が同居する好バランスな配色に。

 

ワントーンに小物が利いた大人のサーフスタイル

Tシャツ1万4300円/オーエーエス(バーニーズ ニューヨーク 0120-137-007)、腰に巻いたシャツ2万8600円/イエスタデイズ トゥモロウ(ベンダー 03-6452-3072)、ショーツ2万900円/RHC(RHC ロンハーマン 0120-008-752)、サンダル1万9800円/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン 0476-50-2626)、ポケットに挿したサングラス5万2800円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

褪せた色のパイルTは海っぽいカジュアルスタイルに落とし込みたい。ベージュの短丈ショーツで上下のトーンを揃え、サンダルと腰巻きシャツで軽やかかつ楽しげに着こなそう。

NEXT PAGE /

挑戦的な2色の競演。夏限定の愉悦に浸る

Tシャツ5500円/カラフル スタンダード(アンストア 03-6805-0021)、ショーツ5万9400円/マディソンブルー 03-6434-9133、キャップ7700円/ホーボー(ベンダー 03-6452-3072)

オレンジとミントグリーンショーツの意外性ある合わせも夏ならではの悦楽。頭をゼロにして挑戦的な2色を楽しみたい。

 

アメカジ巧者の足し引き上手な配色テク

Tシャツ2万7500円/ブラミンク 03-5774-9899、シャツ2万8600円/アウターノウン(ロンハーマン 0120-008-752)、デニム3万6300円/ハバノス(ヘムト PR 03-6721-0882)、スニーカー1万4850円/リプロダクション オブ ファウンド(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)

チェックシャツとカラーT。アメカジ好きにはどちらも外せないアイテムだが、これらを共存させるのは難易度が高い。

しかしチェックシャツが無彩色のグレーベースならば成立する。色と柄が喧嘩することなく自然に調和。これぞ経験豊富なアメカジ巧者の技。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介、中北健太=スタイリング 福川雅顕=ヘアメイク 早渕智之=文

# カラー Tシャツ
更に読み込む