「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.11
2021.06.07
FASHION

“ピルグリム”のTシャツは素材に一家言アリ。だから、シンプルでも味のあるスタイルに

サーフを中心にしたアメリカ東海岸のアクティブなライフスタイルを提案する「ピルグリム サーフ+サプライ」。

無駄な装飾を削ぎ落とした服は着心地の良さにも定評あり、生地までこだわったTシャツが揃う。

 

PILGRIM SURF+SUPPLY ピルグリム サーフ+サプライ

注目すべきは“素材”。シンプルかつ着心地抜群な「ピルグリム サーフ+サプライ」のTシャツスタイル
Tシャツ1万1000円、パンツ2万900円/ともにピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690

飲食店オーナー
国領浩樹さん Age 36
都内で複数の飲食店を経営する国領さんは、オールブラックが「最近の旬な格好」。30番手の空紡糸を使ったワイルドな素材感のTシャツを、大きめサイズでゆったりと着こなす。「動きやすくてシック、それが自分の基本です」。

 

Tシャツ7480円/チャンピオン×ピルグリム サーフ+サプライ、シャツ1万9800円/キャル オー ライン フォー ピルグリム サーフ+サプライ、パンツ1万7600円/ピルグリム サーフ+サプライ(すべてピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690)

ブルーラグ スタッフ、整備士
金子 聡さん Age 34
メイド・イン・USAのチャンピオン製肉厚ボディのTシャツには、お店の緯度や経度がプリントされる。「サイズ感はいつもパンツが基準」という自転車乗りの金子さんは、タフなTシャツに、デニム地のキャップやシャツを合わせるのが定番。

 

Tシャツ1万450円、パンツ1万7600円/ともにピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690

エフシーイー ディレクター、toe ベーシスト
山根敏史さん Age 45
「普段は、ポケTか好きなバンドのTシャツしか着ない」と言う山根さん。太番手のスラブ糸を使った淡い発色のこのポケTは、「着心地が良くて快適」。上下程良くゆったりしたシルエットバランスが、「今の気分」とのこと。

▶︎Tシャツ姿に効く“ピルグリム”のネックポーチもチェック!
100個限定!トリプルコラボ! オーシャンズ定期購読特典のスペシャルなネックポーチの全貌

田邊 剛=写真 梶 雄太=スタイリング 長谷川茂雄=編集・文

# ピルグリム サーフ+サプライ# Tシャツ
更に読み込む