やっぱりみんなデニムが好きだった。デニムの男100人特集! Vol.23
2021.04.06
FASHION

日本人のために作られた日本ブランドのデニムが調子いい。大人が愛用するのは?

「デニムはアメリカ!」なんて頭でっかちはもう少ないだろうけど、改めてジャパンデニムが調子いい。

日本の気候、日本人の体型を踏まえて丁寧に作られた一本が、僕らに寄り添う。

 

こだわりのジャパンブランドで

デニム=アメリカはもう古い?日本人のために作られたジャパンブランドのデニムが調子いい!
コート、デニム/ともにコモリ、スニーカー/ニューバランス×オーラリー

池田雄一郎さん Age 37
コモリでは初の試みであるベーシックな5ポケットのデニムパンツ。ゆったりとしたシルエットで今っぽい着こなしを構築。ニューバランス×オーラリーのスニーカーとも相性良し。

 

デニム/ツキ、ジャケット/デサント ディーディーディー、スニーカー/コンバース

河野一矢さん Age 39
関西で火がつき、今や全国的にその人気が波及してきたパンツ専業ブランド、ツキのデニム。8年ほどはき込んだという一本は最高の色落ち具合だ。これぞ“育てる”楽しさ。

 

デニム/ヤエカ、スウェット/コモリ、スニーカー/ナイキ×シュプリーム

篠田貴央さん Age 47
ヤエカのデニムは1950年代の織り機でテンションをかけずに時間をかけて織るため通常と比べ、ふっくらとした生地感が魅力。「ワイドテーパードとやや毛羽立った感のある風合いが好き」。

NEXT PAGE /

オススメデニム3選

1万9800円/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586)

九分丈のゆったりしたテーパードシルエット。肌触りにこだわり、織り上げたままのデニム生地を使う。

 

4万1800円/ノリタケ ハラダ(吾亦紅 03-6452-5530)

パンツ専業ブランド、ツキから派生。古き佳きアメリカンデニムを、岡山にて再解釈。

 

3万5200円/コモリ(ワグ インク 03-5791-1501)

意外にもブランド初となる5ポケットデニム。ワイドシルエットでヴィンテージのような生地感を持つ。

 

恩田拓治、鳥居健次郎、小野良子、齊藤翔平、川西章紀=写真 穂苅麻衣=写真(静物) 来田拓也=スタイリング 今野 壘、菊地 亮、大関祐詞、牛島康之(NO-TECH)、戸叶庸之、オオサワ系=取材・文 加瀬友重、増山直樹=文

# ジャパンブランド# デニム# パパラッチ
更に読み込む