欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.68
2021.03.28
FASHION

歩きやすくて格好いい!センスのいい大人が頼りにするサンダル4選

センスのいい大人たちが実体験に基づいて本気で選んだ、歩きやすくて格好いいサンダル。

こいつが活躍するのはまだ先?いやいや、すぐそこだ。

 

「デサント オルテライン × スイコック」

場所や気分に合わせて3-WAYの使い方が可能。足の指の付け根と踵、土踏まずが隆起したフットベッドは歩くのが楽しくなる気持ち良さ。その真髄はこちらも参考に。3万8000円/デサント オルテライン × スイコック(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)

推薦人
ムロフィス ディレクター 中室太輔さん(39歳)
PRオフィス、ムロフィスのディレクターを務める傍ら、ブランディングディレクターとして企業ブランドに関する案件なども手掛ける。

通気性のあるウレタン素材のライナーソックスとスイコックのストラップサンダルが合体。フットベッドは実に歩きやすく、シャークソールなのもポイントで、あえてきれいめのスラックスと合わせることも。

デサント オルテラインの商品からは、「本当にいいものを作ってやろう」という気概を感じます。そこにいっさいの妥協がないからこそ、ファンの心を掴んで離さないのだろうと思います。

 

「ウーフォス」

アスリートなども開発に携わっている疲労回復用のサンダル。ウーフォームという独自のフットベッドはフカフカで、一度履いたらヤミツキの心地良さ。6800円/ウーフォス(アルコインターナショナル 06-6563-7346)

推薦人
デラックス デザイナー HUEさん(49歳)
ストリートカルチャーをベースにした、高品質な服作りがお家芸。老舗の定番からメゾンまで、自身のワードローブの幅も広い。

僕が初めてウーフォスを体験したのはタカヒロミヤシタザソロイスト.とのコラボモデルでした。展示会で試着した瞬間、あまりの気持ち良さに「何だこれ!?」と驚いたほど。

ビーチサンダルのようなトングタイプだけど長く履いていても痛くならないし、走れるんじゃないかってくらい歩きやすい。最近は夏場の定番として、スイコックと併用しています。

NEXT PAGE /

「イエスタデイズ トゥモロウ」

バックルやスエードが醸す上品さと、サンダルの気楽さを兼備。スペインメイドのラバーソールやクッション性の高いインソールも特徴的。1万4000円/イエスタデイズ トゥモロウ(ベンダー 03-6452-3072)

推薦人
イトナム 代表取締役 名村恒毅さん(43歳)
セレクトショップのセールススタッフを経てプレス業を経験。2016年に独立し、イトナムを設立する。趣味はサーフィンとジョギング。

前から見れば革靴。でも後ろから見るとサンダル。ユニークだけど実用的なデザインがツボにはまって、ここ3年くらい買い続けています。

これまではビットローファータイプが好きでしたが、新作のバックルタイプも色気があって魅力的。ラクなのに高級感があり、そのうえ値段がこなれているのもいいですね。

 

「キーン」

“オープン エア スニーカー”をコンセプトに、2本のコードと一枚のソールから作られた近未来的デザインが男心をくすぐる。水陸両用仕様なのもうれしい。各1万2000円/キーン(キーン・ジャパン 03-6416-4808)

推薦人
オーシャンズ コントリビューティング・エディター 大関祐詞(36歳)
ブランドのショーや展示会には欠かさず足を運ぶ無類のファッション通。海外旅行好きだが、コロナ自粛のため、新たな趣味を模索中。

旅行時にいつも持参していたのがキーンの「ユニーク」。踵のストラップとアッパーのドローコードで足をしっかりホールドしてくれて、抜群の通気性の良さや速乾性も持ち合わせています。

まさにスニーカーとサンダルのいいとこ取りで、旅行中にビーチを歩いたり、急な悪天候に遭遇したりしたときにも安心。海好き男のライフスタイルにも寄り添う良き相棒だと思います。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# キーン# サンダル
更に読み込む
一覧を見る