欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.65
2021.03.26
FASHION

カジュアルスタイルの味方になる革靴。ファッション業界人のお気に入りは?

カジュアルスタイルをドレスアップするために、もしくはドレススタイルをカジュアルダウンするために。大人の強い味方となる革靴ってどんなやつ? ファッション業界人が頼りにしているモデルを聞きました!

 

「クラークス」のデザートブーツ

流行り廃りとは無縁のマスターピース。絶妙なアンクル丈とクレープソールで仕立てられたブーツは、季節を問わず大人なコーディネイトの強い味方。各2万3000円/クラークス(クラークスジャパン 03-5411-3055)

推薦人
アマン 取締役 藤井尚志さん(52歳)
20年以上ファッションブランドのエージェント業務に携わり、数々のブランドを日本に紹介。昨年、自身のYouTubeチャンネルも開設。

初めて買ったのは30年くらい前で、改めて買ったのは昨年冬。何となくデザートブーツをまた履きたくなって。スニーカーと革靴の中間的位置でミリタリージャケットにデニムやウールのパンツなどと合わせています。

現在持っているのはブラックスエード一足のみ。以前はイギリス製のものを何足か所有していたのですが、処分しなければ良かったと後悔しています。

 

「クラークス オリジナルズ」のワラビー

1971年に日本で発売され、オーセンティックなシューズとして幅広く愛されるモデル。汚れや水を弾くスエードアッパーや弾力性がある天然ゴムを採用する。各2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン 03-5411-3055)

推薦人
スタイリスト 喜多尾祥之さん(55歳)
東京・浅草生まれ。ディレクションも手掛けるスタイリストとして雑誌、広告、CMにて活躍中。趣味はゴルフと料理。魔味探求家元。

やっぱり、メープルスエードが落ち着くね。出会いは高校一年生のときで、もう40年の付き合いになる。当初はハイカットのワラビーブーツを履いていたけれど、今から4〜5年前にショート丈を履き始めて、ワラビー熱が再燃。

夏でも冬でも履けるし、テーパードにもワイドパンツにも合わせられる間口の広さが魅力なんだ。まさに、服を引き立ててくれる名脇役。

NEXT PAGE /

「ホーボー × サンダース」のスエードローファー

英国の老舗シューメーカーと東京ブランドによるコラボレーション。スエードアッパーと見事な対比を描く分厚いクレープソールが、優れた歩行性に貢献。5万4000円/ホーボー × サンダース(ベンダー 03-6452-3072)

推薦人
イトナム 代表取締役 名村恒毅さん(43歳)
セレクトショップのセールススタッフを経てプレス業を経験。2016年に独立し、イトナムを設立する。趣味はサーフィンとジョギング。

コインローファーが好きで30足ほど持っていますが、ソールが低いオーセンティックなモデルは今の服とバランスが取りにくいケースが。そんなときに頼りになるのが、ボリューミーで歩きやすいクレープソールのこちら。

撥水加工が施されたスエードアッパーを用いることで上品なデザインと機能性をいいとこ取り。今の時代や服に上手くマッチしてくれます。

 

「ル・トリーナ」のエシカルレザーシューズ

今季スタートしたシンプル、ミニマル、エシカルを掲げる注目のシューズブランド。アルコールや次亜鉛素酸に耐性があり、靴の表面の拭き取り除菌も可能。2万1600円/ル・トリーナ(オリエンタルシューズ/ル・トリーナ 0743-55-1113)

推薦人
フェニーチェクローゼット マネージャー 関 杏輔さん(39歳)
ファッション業界関係者が絶大な信頼を置く服のリペア師。本誌連載「プレミアム ブランド×デイリー スタイル」のフィッターとしても活躍中。

奈良県にあるオリエンタルシューズの存在は知っていたのですが、このメーカーのサイドラインとなるル・トリーナをインスタで見つけて気になっていたんです。

まだまだフォロワー数も少ないのですが、履き心地と機能性が良いのはもちろん、再生素材を使って環境に配慮したりとかなり今っぽい取り組みをしている。これから人気になるのではと密かに注目しています。

NEXT PAGE /

「ボードイン&ランジ」のベルジャンシューズ

英国発のベルジャンローファー。伝統的な製法でなめした最高級スエードを使用し、アンライニングの快適な履き心地を追求した。各7万6000円/ボードイン&ランジ(ストラスブルゴ 0120-383-563)

推薦人
ユナイテッドアローズ PR 渡辺健文さん(41歳)
2005年にユナイテッドアローズ プレスに就任。昨年秋には、自社のライフスタイルウェブマガジン、IDEASを立ち上げた。

クッション性が高く快適で、初めて足を入れたときの気持ち良さは忘れられません。

僕が愛用しているのはスウェード素材のタッセルスリッポンタイプ。基本的にスーツのハズしとして合わせています。

 

「パラブーツ」のティアーズ

ぽってりとした形とは対称的に、マッケイ製法で作られているので軽やかな履き心地。アイレットが程良いアクセントになった一足。4万2000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)

推薦人①
スタイリスト 梶 雄太さん(46歳)
ファッション誌、広告、俳優・ミュージシャンのスタイリングなど、ジャンルを問わずオールラウンドに活躍。近年は、カメラマンとしても活動中。

これかヴァンズを履く毎日です。ベーシックなのに誰とも被らないし、雨の日も心強い。何よりこんなに歩きやすい靴はない。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# ヴァンズ# クラークス オリジナルズ# パラブーツ# ホーボー# デザートブーツ# ワラビー#
更に読み込む