服を楽しむ気持ちは何も変わらず。冬の「街角パパラッチ」特集 Vol.32
2021.01.13
FASHION

まずは鉄板シルエットを知れ! 個性が滲む東京ブランドのボトムスたち

名作、トリップスターでテーパード支持者を激増させたベドウィン、すっきり細身なノンネイティブや、ワイドでモードなオーラリー。

東京ブランドの鉄板シルエットをわかって活かしている人は、シンプルだけど上級者感強し。

 

「ノンネイティブ」

大切なのはシグネチャーシルエットを知ること。個性が滲む“東京ベスト3ブランド”のボトムスたち
パンツ/ノンネイティブ

亀田恭平さん Age 43
ビッグシルエットのアウターを合わせ、細いパンツを際立たせた巧みなYライン。コートはゴアテックス仕様、足元はローファーだけどスニーカー。出張中との亀田さん、旅先で快適に洒落る術をよくご存じ。

 

パンツ/ノンネイティブ

中澤ショウムさん Age 33

 

パンツ/ノンネイティブ

松本充史さん Age 39

NEXT PAGE /

「ベドウィン&ザ ハート ブレイカーズ」

パンツ/ベドウィン &ザ ハート ブレイカーズ

長 智彦さん Age 37
テイストも色もベーシックで、柄やプリントも皆無。それでもちゃんと“らしさ”があるのは、上が大きめで、足元にかけてすっきり狭まるこの全身のサイジングがあればこそ。定番スニーカーも板についたモンです。

NEXT PAGE /

「オーラリー」

パンツ/オーラリー

小林 裕さん Age 40
ふんわりとしたニットと品のいいストレートの白パンで、白黒でも気障っぽく見せていないのがウマい。自転車が趣味とのことで、バッグ選びで個性を出しているのもアクティブさがあって好印象。

 

パンツ/オーラリー

黒岩聖也さんAge 33

# オーラリー# ノンネイティブ# ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ# パパラッチ# ボトムス
更に読み込む
一覧を見る