2020.11.10
FASHION

「雨で一番ウザいこと」を解決する、“100%完全防水の靴下”が存在した!

雨に濡れてイヤなところ……それは、ずばり靴下ではないだろうか。靴下が濡れるからこそ、雨の外出はウザいのだ。もし、「どんな豪雨でも靴下だけは絶対に濡れない」と保証されれば、雨を億劫がる気持ちも半減するに違いない。

そんな“もし”を現実にする、完全防水の靴下が存在する。「シールスキンズ(Sealskinz)」である。

アウトドア好きのスタッフで構成されるシールスキンズは、過酷な自然環境を想定し、寒さや湿った環境に打ち勝つためのプロダクトを展開している。

シールスキンズが採用する3層構造は、100%完全防水・優れた透湿性・伸縮性の3要素を併せ持ち、いかなる気象条件下、水濡れの可能性のある厳しい環境下でも、常に足元をドライかつ暖かく、快適に保ってくれるのだ。

デザイン面も妥協はない。極限環境で使われる製品であることを想定し、冒険家や各界のスペシャリスト、警察などからもフィードバックを得て、その声をデザインに反映させている。

そんなシールスキンズのソックスには、サーマルレート順に4種類の厚さが存在する。

「ワームウェザー(極薄手)」4900円/シールスキンズ(ナガトモ・トレーディング 045-943-4038)

シールスキンズのソックスのなかで最薄となるこのモデル。薄く、軽量ながらも完全防水の機能性を保持し、透湿性や抗菌作用もあるため、仕事からスポーツ、レジャーまで、幅広く対応する。

薄手の靴下で気になる点は靴ズレだろう。しかし、ワームウェザーに抜かりはなく、足にぴったりフィットする作りだからズレを防止し、マメの生成を抑制してくれる。

「オールウェザー(薄手)」4900円/シールスキンズ(ナガトモ・トレーディング 045-943-4038)

ワームウェザーよりもやや厚手で、暖かさを一段階向上させたモデル。足首と足の甲部に伸縮性を持たせているので、サイクリングやウォーキング、テニスやゴルフなど、アクティブな場面でその機能性を発揮する。

裏地には、メリノウールを採用。保温と湿気を巧みにコントロールし、肌をドライかつ快適に保ってくれる。

「コールドウェザー(中厚)」6200円/シールスキンズ(ナガトモ・トレーディング 045-943-4038)

トレッキングや登山を含め、寒冷地域に長時間滞在する人には、こちらのコールドウェザーがオススメだ。

中厚素材で肌を守り、足元をしっかりと防寒。厚手の靴下でありがちな蒸れとも真摯に向き合い、こちらもライナーにはメリノウールを採用した。保温しながら高い透湿性を実現し、効果的に汗を排出してくれる。

「エクストリームコールドウェザー(厚手)」6900円/シールスキンズ(ナガトモ・トレーディング 045-943-4038)

シールスキンズが誇る最強の完全防水、防寒ソックスがこちら。寒冷下の降雨・降雪という極限環境での使用を想定した、ブランドの技術と努力の結晶だ。

寒さ対策としてループ状のメリノウール・ライナーをシリーズで最も厚く施しており、その保温効果は尋常ではない。これさえ履けば、どのような環境でも足元のベストな環境をキープできる。

 

シールスキンズのソックスは、それぞれ「Ankle(足首)」「Mid Length(ふくらはぎ)」「Knee Length(膝)」と、丈の長さも3種類展開。人間工学に基づいてデザインされているため、履き心地も申し分ない。

一部モデルにはハイドロストップという特殊加工を施しており、ソックス上部からの水や汚れの浸入も抑制してくれる。

「必要性こそが発明の母である」「世界のどこかで必ず雨が降っている!」――そんな企業理念をプロダクトに反映するシールスキンズは、間違いなく生活を豊かにしてくれるだろう。

 

[問い合わせ]
ナガトモ・トレーディング株式会社
045-943-4038
www.sealskinz.co.jp

市川明治=文

# ソックス#
更に読み込む
一覧を見る