2020.04.28
FASHION
PR

Tシャツ姿を格上げするキャップ選びのコツは、ブラッククローバーが知っている

キャップは便利だ。

特にTシャツ一枚に頼りがちなこれからの季節、少なめな男のアクセサリーとしての効果は絶大で、“ちょっとそこまで”といった外出時でも髪型を気にせずOKなのもうれしい要素。

ブラッククローバーがブランドスローガンとして掲げる「LIVE LUCKY(=悔いのない人生を送ろう)」は、年を重ねた大人こそ纏いたいメッセージ。

とはいってもやはり、デザインや被り心地など、我々の好むTシャツとの相性を考えれば、なんでもいいわけじゃない。

そんな男の夏のTシャツ事情を鑑みても、アメリカ・ソルトレイクシティ生まれのブラッククローバーは、おすすめしたいブランド。早速、その魅力を探っていこう。

 

ときにメイン、ときに名脇役。あらゆる“Tシャツ一枚”のアクセントに

モードな人も、サーフな人も、ストリートな人も、我々男性陣が全員、夏の主役に据えるTシャツ。

そのお供として、ブラッククローバーのキャップがもたらす「アクセント効果」について、3つの王道Tシャツスタイルで検証してみた。

Style1:
王道の無地Tに、
モノトーンの「マウンテンリッジ」を

無地T&デニム。王道ともいえる夏のミニマルスタイルだが、それだけでは物足りなさも生まれる。黒系統でまとめれば、クールさは強調される一方で味気なくも思え、スパイスは欲しくなるところ。

キャップ3800円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)、Tシャツ1950円/ユナイテッドアスレ(キャブ http://united-athle.jp/lookbook/)

グレーと黒で配色されたモノトーンのキャップ「マウンテンリッジ」ならば、フェード感のあるTシャツのブラックを拾って見事に調和。

3800円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)

簡単に実践できる“モノトーン・オン・モノトーン”の色使いは、大人なTシャツスタイルへの最短距離として覚えておくべし。

「マウンテンリッジ」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

Style2:
レトロサーフなボーダーTは、「ヴィンテージパッチ」で締めくくる

潮灼けしたようなフェイド感ある色みと、1970年代風の鮮やかさが、レトロサーフの魅力。その代表格のようなマルチボーダーTシャツに合わせるならば、同じフレーバーのキャップがいいだろう。

キャップ3800円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)、Tシャツ4900円/スポーツウェア×フリークス ストア(フリークス ストア渋谷 03-6415-7728)

そこで打ってつけとなるのが、「ヴィンテージパッチ」だ。

3800円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)

3色使いのボディにはヴィンテージ加工が施されており、写真のネイビー×レッドのほかにも、ブラウン×カーキ 、グリーン×チャコールのカラバリを用意。

どのカラーもサーフスタイル特有の明るさと、こなれ感を両得。適度にカーブしたバイザーからも、被り込んでいる感が醸し出される。

「ヴィンテージ パッチ」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

Style3:
グラフィックTの脇を固める名助演に、「ラッキースクエアフラット」

ストリートテイストが好きな人には、グラフィックTシャツは不可欠。となれば、主役はグラフィックとなるだろう。欲しいのは、主役を引き立たせるもうひと味。

キャップ5000円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)、カットソー7000円/サラウンド(グット オル 03-6452-3462)

それができる名脇役が、「ラッキースクエアフラット」のオリーブ×黒仕様。

5000円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)

フラットバイザーがストリート感にマッチしながら、オリーブの色味をワンポイントのブラックがさらに引き締めたシックな印象が、ストリートスタイルにありがちな小僧感も軽減してくれるのが、大人にはありがたい。

「ラッキー スクエアフラット」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

定番から復刻まで。夏の「Tイチ」姿に欠かせないブラッククローバー

ブラッククローバーの特徴はなんと言ってもそのデザイン性だ。ソルトレイクシティ生まれの、自然と都会の両方を感じられるロゴ使いは親しみやすく、バリエシーションも豊富に揃える。

そして、もうひとつが仕立ての良さ。ブラッククローバーではフィット感を最重要視しており、パネルのパターニングや、ストレッチ性を持たせた素材使いで、見栄えとフィット感を両立している。

では、上の3つのコーディネイト例で活躍した新作3点を、改めてご紹介。

「マウンテンリッジ」

3800円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)

頭部のムレを抑えるメッシュキャップ。グレーのフロント部分には、バンブーを由来とする素材を採用した清涼感をもたらす。ブランド発祥の地、ソルトレイクシティを思わせるロッキー山脈やトナカイをグラフィカルにデザインしたパッチが、自然好きにはたまらないところ。フレックスフィットのヘッドバンドを搭載、バックストラップと相まって心地良いフィット感に。

「ヴィンテージ パッチ」

3800円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)

フロント、バイザー、メッシュの3カ所ともにウォッシュによるヴィンテージ加工を施し、絶妙にやれた感じを出したモデル。フロントパッチは、ブランドロゴをアメリカンクラシックテイストにアレンジ。ラフなカジュアルならば、幅広く使えるはず。「ONE TEN」のフレックスフィットテクノロジーを搭載し、最良のフィット感に。

「ラッキー スクエアフラット」

5000円/ブラッククローバー(FDRカスタマーサービス 0120-000-813)

日本上陸以来、長く人気を博している2020年の新色。3D加工が施されたブラッククローバーのブランドアイコンが立体的。クラウンのサイドに刺繍されたスローガンがアクセントに。フロントを除く側頭・後頭部は、メッシュではなくストレッチ生地となっているため、頭部全体が包まれるような高いフィット感が堪能できる。通気性にも優れる。カラーはオリーブのほかに、グレーとロイヤルブルーも新たに加わってる。

Tシャツ姿にキャップという普段の装いも、その選び次第でスタイルの印象ががらりと変わるもの。

単調になりがちな夏服に奥行きを持たせるために、アメリカ生まれの実力派、ブラッククローバーをお見知り置きいただきたい次第。きっと夏の到来が待ち遠しくなるはずだ!

「ブラッククローバー」公式サイトへ

 

[問い合わせ]
FDR カスタマーサービス
0120-000-813

 
山本 大=写真 松平浩市=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

# キャップ# ブラッククローバー# 小物
更に読み込む