2020.03.30
FASHION
PR

海遊びの達人が「365日お世話になりたい」と感動したダイワピア39

サーフィンはもちろん、釣りも嗜む海遊びの達人・マーシーことモデルの三浦理志さん。彼が「これ、いいね!」と絶賛したのが「ダイワピア39(DAIWA PIER39)」。あのフィッシングメーカーのダイワが今春ローンチさせた新ブランドである。

先のひと言は、そのアウターに初めて袖を通した三浦さんの第一声だ。

さらっと羽織ったジャケット。実は超機能派である。ジャケット2万9500円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

「ダイワピア39」のアイテムはこちら

「シェルアウターってハリがあって、ごわっとすることが多いけど、これはサラサラで素肌も気持ちいい。しかも超軽いからカーディガンを羽織ってるくらいの感覚。この着心地は初体験かも」。

これまで何万枚も服を着てきた男にここまで言わしめた素材は、ダイワが厳選したマイクロリップストップ・ナイロン。薄手で柔らか、ソフトな質感が特徴だが、実際はアウトドアフィールドでもしっかり機能する耐摩耗性を持つ。そのうえ撥水加工まで施されているのだから驚きだ。

「ちょっとした雨や飛沫も防げるってことは、これを着て釣りにもキャンプにも行けるんだ。“いかにもアウトドア”じゃないデザインは街にも馴染むし、仕事も含めて、僕の生活のすべてに活用できそう」。

ミリタリーライクなデザインでショーツスタイルにもよく似合う。ジャケット2万9500円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

実際、三浦さんの生活に欠かせないサーフィンにもこのアウターはひと役買ってくれる。メッシュライナーが付いているので、潮が残った海上がりの素肌に羽織ってもベタつくことはなく、今どきなビッグシルエットで窮屈さも皆無だからだ。

フロントを閉じると、また違った表情が楽しめる。ジャケット2万9500円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

そして、上と横からモノを入れられる大きめなフロントポケットのほか、袖に付いたポケットが面ファスナーで左右を貼り変えられることにも感動。これはミリタリーアウターを元ネタにした仕様だ。

「もはや全フィールドに対応するギア服だよね。着る人が求めることを全部わかってるみたい(笑)」。

こうしたマーシーの感動は、このあと、どんどん加速することとなる。

NEXT PAGE /

このゴアテックスベスト、遊びの四次元ポケット付き?

次に三浦さんが手に取ったのはジップアップ式のベスト。シェルパーカと同じくミリタリー物をソースにしたデザインが格好いいが、その本領もまた機能にある。

ダブルジップ・フロントで多様な着こなしが楽しめるベストには、見た目以上の楽しみが。ベスト2万4000円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

「ダイワピア39」のアイテムはこちら

まずは素材。これは、水にも風にも強く、透湿性に優れる「ゴアテックス インフィニアム」で、一般的なアパレルブランドがなかなか使えないこうしたハイテク素材も、ダイワが母体だからこそ採用できるメリット。これが、ベストでありがちな“背中が蒸れる”問題を解消してくれる。

続いては、大小さまざまな収納を持つ、腰部分に付いたポケット。こいつの実力を収納力だけと判断するのは早計である。

腰には大ぶりなポケットが。これがなんと……。ベスト2万4000円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

なんと、スナップボタンで着脱でき、付属するストラップを引き出せばサコッシュとしてソロ活動も果たすのだ。

「畑仕事で着用したいと思っていたけど、究極、ベストを着ない日も使えるってスゴいですね。365日お世話になっちゃうかも(笑)」。

ポケットの単品使いでサコッシュに!

そして、このポケットはフロントに付け替えることもできる。これはまさに、アウトドアフィールドで遊ぶ際に役立つように考えられた仕様だ。

「カラビナとかパラコードとか細かな釣り道具とか。アウトドアで遊んでるときって、荷物をちょっと手離したい瞬間があるじゃないですか。ポケットを前にできるのは、そういうシーンで便利そう。ドラえもんの四次元ポケット的感覚かな(笑)」。

ポケットを前面に付けても格好いい。ベスト2万4000円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

かくして、このベストにも三浦さんの太鼓判は押された。最後は……。

NEXT PAGE /

誰でも笑顔にするハットもゴアテックス素材

日除けのためにも、寝癖隠しのためにも、三浦さんが手放せないのが帽子。ということで、ベストと同じ「ゴアテックス インフィニアム」を使ったハットを最後にピックアップ。感想は……この笑顔を見る限り聞く間でもなさそうだ。

サイドにベンチレーションが付いていて蒸れの心配はない。ハット6000円/ダイワピア39(グローブライド 0120-506-204)

「ダイワピア39」のアイテムはこちら

「被りが深いから誰でも似合うと思いますよ。サファリ感あるデザインは、Tシャツ一枚などシンプルな格好の日のアクセントにも最適ですね。あと、あご紐は外せるんですが、着脱部分が完全に見えないようにできるのも気に入りました」。

海や湖、川といった、ダイワが主戦場としていた水場を飛び出し、街でも活躍することがわかった「ダイワピア39」。手に取った3アイテムに、三浦さんはすっかりご満悦だった。

 

[問い合わせ]
グローブライド
0120-506-204
https://daiwapier39.jp

清水将之(mili)=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク

# ダイワ ピア39# 三浦理志
更に読み込む