2020.02.25
FASHION
PR

ディーゼルでまだまだ更新できる! 俺たちとデニムの友好関係

初めてファッションに目覚めて以来、僕らとデニムの関係は続いている。月日は流れ、近頃その関係性がマンネリ気味だと嘆く人に朗報だ。

出会った頃のような新鮮な気持ちにさせてくれる、ディーゼルの最新デニムが登場した。

インター×デニムというワークパンツの極致/ディーゼル
デニム3万8000円、ブルゾン5万8000円、Tシャツ1万3800円、スニーカー2万4000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

ペインター×デニムというワークパンツの極致

ペインターパンツとデニム。ワークパンツの二大巨塔をミックスした上の写真のデニムは、通常は生地を縫い重ねることで構築されるダブルニー(膝あて)をウォッシュのコントラストで表現。そして随所にブリーチやペンキ汚れを施すことで、ペインターパンツの特徴をうまくデニムに組み込んだ。

表情豊かに仕上がったそれは、デザイン性の高いアウターにも負けない存在感を放っている。

DENIM DATA

[左]3万8000円、[右]3万5000円/ともにディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

デニムと並びワークパンツの代名詞といえるペインターパンツ。この両者を融合させたニューアイテムは、いいとこ取りのハイブリッドデザインが新鮮。トレンド感のある太シルエットやサイドに配されたポケットのディテールが秀逸だ。 

記事で紹介している商品の一覧はコチラ

また、季節感を出しやすいホワイトデニムは、スリムもいいが、ワイドシルエットもいい。体型カバーはもちろん、白の持つ上品さや清潔感とワークパンツの程良いカジュアルさでこなれ感を演出できるから。コーディネイトも無地でまとめ、色数も絞ることで大人っぽさが倍増する。

デニム3万5000円、スウェット2万1000円、Tシャツ1万1800円、手に持ったデニムジャケット4万5000円、スニーカー3万6000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

デニムの右サイドには、ペインターパンツの特徴でもある縦長のポケットを配置。

太腿部分に見えるのは、補強のためのステッチワーク。これが、シンプルな着こなしのときの良きアクセント役となって、デニムスタイルを“更新”してくれる。

NEXT PAGE /

覗かせて楽しめるカラーデニムの新味

ロールアップしたデニムから覗くのはマスタードカラーの裏地。このスタイルの全身を見れば……

覗かせて楽しめるカラーデニムの新味/ディーゼル
デニム4万2000円、デニムジャケット7万6000円、スニーカー2万3000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

デニムonデニムで上下を揃えた、統一感のあるコーディネイトにピッタリなディーゼルの新作カラーデニム。裾から覗くマスタードがスタイルの良きアクセントに。一辺倒になりがちなデニムスタイルにさりげなく華を添えている。

こちらはロールアップして裏地のカラーを覗かせるもよし、そのままはけばシンプルなデニムになるので、さまざまな装いに使える1本なのだ。

DENIM DATA

[左]4万2000円、[中央]3万5000円、[右]3万5000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

カラーデニムと聞くと、全体が色鮮やかなものを想起しがちだが、新作「カラーコード」シリーズは裏地のみが彩色されている。このデザインデニムはロールアップして色を覗かせるも良し、そのままでシンプルにキメるも良しの一石二鳥モノだ。 

記事で紹介している商品の一覧はコチラ

マスタードのほか、ブルーやレッドの裏地をピックアップすれば、スタイリングは一気に華やぐ。

[左]デニム3万5000円、コート6万8000円、Tシャツ6800円、スニーカー2万3000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)、サングラスはスタイリスト私物 [右]デニム3万5000円、デニムシャツ4万2000円、スニーカー2万1000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

[左]デニム製のミリタリーコートと合わせたスリムのウォッシュドデニム。既視感のあるコーディネイトだが、ロールアップして赤をチラ見せするだけで遊び心の感じられる着こなしに。リヨセル混の独自素材ではき心地も抜群だ。

[右]程良いダメージ感をプラスしたホワイトデニムにフォームトリートメントと呼ばれる技法を用いて、裏地をスカイブルーで染色。白に馴染みやすいペールトーンとの優しげな組み合わせに対して黒のステッチが利いている。

NEXT PAGE /

革命以降も進化を続けるジョグジーンズの現在地

革命以降も進化を続けるジョグジーンズの現在地/ディーゼル
デニム4万8000円、シャツ2万8000円、カットソー8800円、スニーカー2万2000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

完成されたデザインをいかに更新していくかが名作に課せられた使命なのだが、今季のジョグジーンズはそれを見事に果たした。スウェットのようなストレスフリーのはき心地でありながら、本物と見まごうばかりのハードなダメージを全体に加え、スケーターを思わせるシューレースタイプのベルトをプラス。大人カジュアルのハズしにも最適だ。

DENIM DATA

[左]4万6000円、[右]4万8000円/ともにディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

画期的な伸縮性を引っさげ、デニム界の革命児となったディーゼルの看板アイテム「ジョグジーンズ」。今なお進化を続け、大人を魅了する存在だ。今季はハードな加工を施し、シューレースベルトを備えた新デザインがお目見え。 

記事で紹介している商品の一覧はコチラ 

インディゴデニムをベースにしたジョグツイルジーンズを選び、さらに“ハズし”を効かせるのもアリだ。

デニム4万6000円、パーカ3万8000円、スニーカー1万8800円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

こちらは膝をレーザーで焼き切った後に叩いて補強した、手の込んだダメージ加工が特徴。

動きやすさはもとより、このブランドが得意とするリアルなヴィンテージ感と巧みなギミックが凝縮された1本となっている。

 

[問い合わせ]
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
www.diesel.co.jp

水野美隆(zecca)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 大関祐詞=編集・文

# ディーゼル# ジョグジーンズ# デニム
更に読み込む