ユースケ部長も登場! 「イケオジ着回し物語」 Vol.13
2020.11.11
FASHION

メルセデス「EQC 400 4MATIC」とともに過ごす、ユースケの休日ドライブスタイル

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」とは……

昨日はギクシャクした家族関係を改善するはずが、失敗に終わってしまった。いたたまれない気持ちを切り替えるべく、向かったのは愛車が待つガレージだ。

Day 9 SUN.
電気自動車らしからぬ強烈なパワー。この車を操るということは「運転」ではなく「演奏(プレイ)」だ

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」
スニーカー2万1800円/リプロダクション オブ ファウンド × シップス(シップス 渋谷店 03-3496-0481)、サングラス6万7000円/10 アイヴァン(アイヴァン PR 03-6450-5300)、腕時計220万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

在宅時間が増えて良かったことがもうひとつあった。それは愛車と過ごせる時間が増えたこと。

家に居て息が詰まると、ユースケはガレージへ向かう。近づいてキーのボタンを押すと、主人を待っていたといわんばかりにLEDヘッドライトを輝かせるのだ。この愛車は春先に納車されたメルセデスの電気自動車「EQC 400 4MATIC」。

昨冬、ふらりと立ち寄ったディーラーで試乗して、電気自動車とは思えぬその野性的な走りに魅了された。電気自動車ならではの静音性はそのままに、フロントとリアに搭載された高出力モーターが生み出す最高出力は408PS、最大トルクは765N・mにも及び、発進時から強烈なパワーとトルクを実現する。

冬の冷たい雨が路面を濡らすこの日は、ヘアカーフの神秘的な色みにひと目惚れして買ったベルルッティのレザーブルゾンにカシミヤのタートルネックニット、そして愛用のデニムというブルーのワントーンコーデで車に乗り込んだ。コースはいつもの首都高速湾岸道路、そしてBGMはビル・エヴァンスのリリックなピアノジャズで。

着回しアイテム

【5】「ベルルッティ」のブルゾン
最高級ヘアカーフが贅沢に使われた、フライトジャケット風のレザーブルゾン。独自の色付け技法・パティーヌによるスポット柄がモダンなスパイスに。裏地はカリグラフィの総柄プリント入り。104万5000円/ベルルッティ 0120-203-718

【14】「ブルックス ブラザーズ」のニット
一枚でも良し、ジャケットインにも良しな万能タートル。カシミヤ100%のミドルゲージニットだ。5万4000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

【15】「ブラスバンド」のデニム
ややテーパードがかった中庸なストレート。岡山県の有名デニムメーカー謹製で、ボディは、旧式織機で織られたジンバブエコットンの13.5オンスデニムを使用している。2万800円/ブラスバンド(リアルスタイル 0745-43-6355)

ユースケの愛車「EQC 400 4MATIC」その運転レポート動画も公開中。併せてチェックを!

NEXT PAGE /

Day 10 MON.
気持ちに脚がついていかない……。アイツの背中が遠ざかっていく

[ユースケ]ニットキャップ8000円/キジマ タカユキ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501) [章太郎]パーカ9000円、パンツ1万3000円/ともにエバーラスト(サードオフィス 03-6825-8501)

ボクシングジム教室へ正式入会し、本格的に自主練を開始したユースケ。この日は章太郎と朝6時からロードワークへ。

ライバルと一緒に走れば、サボりにくいし、競い合うことでタイムも伸びるというもの。案の定、のっけから2人はバチバチ。張り切って10km走ったが、ユースケは章太郎に1分ほどの差をつけられてしまう。

ランニングスタイルはアウトドアブランドのロンTにミリタリーのスノーパンツをモチーフにしたナイロンパンツで。足元は往年のフランス軍のトレシューをモチーフにしたものをチョイス。練習のあと、カフェで朝食を摂りたいユースケにとっては、こうしたカジュアル寄りのランニングスタイルがちょうどイイのだ。

着回しアイテム

【9】「ケルティ × シップス」のカットソー
胸にロゴワッペンが配された長袖ロンTはやや横長のボックスシルエットが特徴。インナー使いはもちろん、これ一枚でも旬を醸し出せる。5900円/ケルティ × シップス(シップス 渋谷店 03-3496-0481)

【16】「エイトン」のパンツ
米軍のスノーパンツをベースにシルエットを今風にアレンジ。高密度ナイロンは天然繊維のような肌触りと表面のシボ感が持ち味だ。3万3000円/エイトン(エイトン 青山 03-6427-6335)

お助けアイテム

2万1800円/リプロダクション オブ ファウンド(アイ ファウンド 03-6434-7418)

1990年代にフランス軍で採用されていたトレーニングシューズを再現した一足。レトロな雰囲気に加えて、ロゴなしのシンプル顔のため、幅広い着こなしにマッチする。スロバキアの工場にてハンドメイド。

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」とは……
大手総合商社・亞藤忠物産に勤務している平山ユースケ(47)。順風満帆なエリート街道を歩み、ゆくゆくは役員への出世を目論み仕事に邁進していたはずが、新型コロナウイルスのせいで社内は混乱。在宅時間が増えるにつれ家族とのいざこざも絶えず、心も体も不完全燃焼状態だ。公私ともに、いつ見ても波乱万丈そんな中年男子にファッションの女神は微笑むのか!?
※今回の全着回しアイテムの詳細はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay1~2はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay3~4はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay5~6はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay7~8はコチラ。
上に戻る

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 高橋絵里奈=写真(静物) 武内雅英=スタイリング 古川 純=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 大関祐詞=編集・文

# シーズン6# ユースケ部長# 部長びんびん“着回し”物語
更に読み込む