ユースケ部長も登場! 「イケオジ着回し物語」 Vol.7
2020.11.06
FASHION

いつまでも落ち込んではいられない! 傷心のマーシーを励ます、明るい服と妻の言葉

「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」とは……

ついに閉店を決断したマーシー。長年の夢を詰め込んだ店を閉めるとなればそのショックは大きく、昨日はついつい無気力な1日を過ごしてしまった。

こんな時に支えてくれるのはやっぱり……。

Day 3 SUN.
1日落ち込むも、明るい服とともに妻の言葉で気持ちは次へ!

「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」
スニーカー9900円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

起きたのは遅い午後、いや起きたときが朝だ。目をこすると周辺がカピカピしている。涙、か。店への思い入れが強かっただけに、悔し涙が止まらなかった昨晩。あんなに見続けたドラマだが、内容などまるで覚えていない。店を開けない日曜なんて、ほぼ1年ぶりだ。

落胆と放心状態を見かねた妻が言う。「何か動き出せば、変わるんじゃない? 次、行ってみよう」。いかりや長介かよ、と心の中でツッコミながら、マーシーは重い腰を上げた。

学生時代から、30年近い付き合いの妻は、いつも明るいこの男のことを知り抜いている。落ち込みやすいが、基本はポジティブだ。うまく背中を押せば、どこまででも突っ走る性格であることを。彼女なりにスイッチを押したのだ。

気付けば、10月も終わろうとしている。鎌倉もずいぶんと寒くなってきた。気候なんかに負けるもんか、とバッファローチェックのブルゾン&サックスのパーカを合わせ、明るい色使いでもって自らを鼓舞。となると、やっぱデニムは黒で引き締めだよな、と独り言。

所持金節約のため、市内の図書館へと出向き、小説やビジネス書を借りてみた。なんだか面白そうなことが書いてある。「よし、次、行ってみよう!」。

着回しアイテム

【3】「マディソンブルー」のジャケット
スーパー100sのラムズウールを両面起毛させたダブルフェイス素材が心地良いハンティングブルゾン。ウエスタンヨークを模した個性的な両胸ポケットが赤×黒チェックに映える。16万8000円/マディソンブルー 03-6434-9133

【9】「ストーンアイランド」のパーカ
縫製後に染色を施したサックスブルーが、起毛させたスウェット地に映える。裏パイルの肌触りも良好。3万9000円/ストーンアイランド 03-5860-8360

【13】「バナナ・リパブリック」のデニム
スリムフィットモデルのデニム「レガシー」は、14オンスのストレッチ素材を採用。節水ウォッシュ加工による、グレーに近い色落ちでどんなトップスも大人らしく見せてくれる。9081円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978

NEXT PAGE /

Day 4 MON.
読書で晴れた気分がよりアガる、チキンオーバーライスの午後

靴2万3000円/クラークス オリジナルズ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

迎えた月曜日。湘南にもまばらながら人通りがあり、行き交う顔はみな充実しているように見える。それでも、マーシーの気持ちは、幾分か晴れていた。図書館で借りた本のおかげだ。

たまたま手にしたベストセラー『ファクトフルネス』を熟読し、意識のアップデートを完遂した。いかに間違った現状認識をしていたかを知る。次に向けた具体的な方策は思い浮かばなかったものの、新たな世界観を手にした喜びでいっぱいだ。

さて、アガる気分をどこに向ければいいかわからず、ひとまず、ランチを買いに外に出る。チキンオーバーライスの看板を掲げる屋台を発見。以前、友人がニューヨークでは定番メシだと教えてくれたっけ。

早速、妻の分も購入した。すると、アルバイトと思しき若い女性店員から「そのダッフルコート素敵ですね」とひと声。これには参った。白いセーターと黒デニムでコートを引き立てた着こなしテクが功を奏したのか。

久しぶりに妻でも、客でもない女性とトーク。「ありがとう」とクールを装うも、気恥ずかしさのせいか、はたまた午後から高まった気温のせいか、思わずダッフルコートを脱いだ。

着回しアイテム

【1】「PS ポール・スミス」のコート
ストームガードや水牛トグルが備わるオーソドックスなデザインながら、ブランケット風のライン使いが目を引く一着。フードの内側に襟が付くため、着こなしの幅も広い。7万円/PS ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600)

【8】「レッドイヤー」のニット
ヨーロッパのヴィンテージウェアから着想を得たシンプルなリブ編みニット。編み針の本数調整で畝を表現する丁寧な作りの日本製。4万5000円/レッドイヤー(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600)

【13】「バナナ・リパブリック」のデニム
スリムフィットモデルのデニム「レガシー」は、14オンスのストレッチ素材を採用。節水ウォッシュ加工による、グレーに近い色落ちでどんなトップスも大人らしく見せてくれる。9081円/バナナ・リパブリック 0120-77-1978

「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」とは……
鎌倉市の某ビストロ名物オーナーシェフ・三浦マーシー。オープン当初は大繁盛し、イイ波に乗っていたが、新型コロナウイルスの流行によって客足は途絶え、持続化給付金で糊口を凌ぐ日々。給付額も上限に達し、追い詰められたマーシーは、店を畳むかどうかの決断を迫られる。この難しい大波をいかに乗り切るのか!?
※今回の全着回しアイテムの詳細はコチラ
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay1~2はコチラ。
上に戻る

遠藤優貴(MOUSTACHE)=写真(人物) 清水健吾=写真(静物) 菊池陽之介、中里真理子=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司=文 大関祐詞=編集・文 UTUWA/AWABEES、3D クロージング ストア=撮影協力

# サーフカジュアル“着回し”物語# シーズン2# 三浦マーシー
更に読み込む