ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.29
2020.10.22
FASHION

買いのヴィンテージデニムはGジャン、狙うはリーバイスの “4th(フォース)” だ!

価格も情報量も青天井、まさにインディゴブルーの沼と言えるヴィンテージデニムの世界。

その深淵を知るベルベルジンの藤原裕さんに「今大人が買っておくべきヴィンテージは?」と問うと、「今は特にジャケットが面白い」という予想外の返答が。

教えてくれたのは
藤原 裕さん
1977年生まれ。ヴィンテージデニムアドバイザーとして精力的に活動中。10月には、水戸の古着店、スマイリーの川又直樹さんとともに手掛けたヴィンテージリーバイスのGジャンをまとめたアーカイブ本の発売も控えている。

 

「リーバイスの型番70505、いわゆる“4th(フォース)”というジャケットがあるのですが、それがここ半年くらいで急に値上がりしてきているんです。少し前はまだ手が出しやすいGジャンというイメージでしたけど、それがいよいよ覆りそうです」。

リーバイスのGジャン型番70505
インナーは黒で引き締めると大人っぽい!? ジャケット3万9800円/ベルベルジン 03-3401-4666、ニット2万円/ケー・イトウ(ディストリクト ユナイテッドアローズ 03-5464-2715)、パンツ2万8000円/グラフペーパー 03-6418-9402

上の写真は70505を182cm、70kgのモデルが、サイズ46の「70505」を着用した様子。肩が落ち、身幅がゆったりとした現代的なシルエットに。

なるほど、スタンダードでいて、確かに新品にはないオーラが漂っている。

藤原さん私物の“ファースト”は、色落ち少なめで古着好き垂涎。

「ファーストと呼ばれている506XXや、セカンドと呼ばれる507XXは、濃い色だったら150万円オーバーもザラ。サード(557XX)でも40万円くらい。でもフォースは大人が少しゆったり着られる今気分のサイジングのものが、3〜7万円程度でまだ購入できるんですよ。

ちなみにサードとフォースは生地の風合いや形は違えど、デザインはかなり近い、つまり取り入れやすいのも今買いな理由です」。

NEXT PAGE /
この背中中央に切り替えが入るスプリットバック(通称Tバック)は、サイズ46以上のファーストにだけ見られる激レア仕様。

選ぶときにはサイズに気をつけて。「ざっくりですが、34・36がS、38・40がM、42・44がL、それ以上がXLという認識」。

パンツだったら505が狙い目とのこと。501よりもすっきり細身で大人っぽく、高騰し始めているのがその理由。

ちなみに藤原さんは177cm、71kgで44がジャスト。賢明な大人はいち早くマイサイズを確保されたし。モノが枯渇しきる、その前に。

 

山本雄生=写真 荒木大輔=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 加瀬友重、今野 壘=文

# リーバイス# Gジャン# デニム
更に読み込む