ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.55
2020.10.12
FASHION

俳優・小澤征悦とエルメス。それは究極のエレガンスが宿る、大人の佇まい

エクストリームでグラフィカルなエルメスの最新コレクション。

着こなすのは大胆にして細心な男、小澤征悦だ。

エルメスと小澤征悦。
カーディガン54万1000円、シャツ8万円、パンツ13万3000円、バッグ107万円/すべてエルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

キュビスム風の幾何学柄をモチーフにラムスキンをパッチワークした、ゆったりと包み込むようなカシミヤニットカーディガン。

そして、オールレザーによるドローイングバッグ。伝統とモダニズムが交錯するアートのような佇まいに、究極のエレガンスが宿る。

小澤征悦●俳優、コメンテーター。数々の映画やドラマで活躍中。情報番組にも出演。村上春樹の著作を愛読し休日には油絵やカメラ、テレビドラマ「ウォーキングデッド」に没頭するなど多趣味な一面も。

 

スーツ63万1000円、シャツ8万円/ともにエルメス(エルメスジャポン ︎03-3569-3300)

カーボン(チャコールグレー)のウールフランネルのスーツにヴァニーユ(イエロー)のボウタイシャツ。マチュアなカラーリングが格式の高さを漂わせる。ジャケットの身頃が2重構造になったユニークなレイヤードデザインさえも品を与える。

 

コート244万円、シャツ23万8000円、パンツ10万7000円/すべてエルメス(エルメスジャポン ︎03-3569-3300)

革職人が丁寧に鞣したカーフレザーを採用した脱着可能なフーデッドパーカ付きのロングコート。中から覗くグラフィカルなシャツのデザインは、デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュバリエが手掛けている。

 

コート100万円、シャツ8万7000円、パンツ8万9000円/すべてエルメス(エルメスジャポン ︎03-3569-3300)

軽やかなダブルフェイスカシミヤのコートの前立てに、レザーパッチで贅沢なアクセントをプラス。トーン・オン・トーンでありながら、素材のコントラストで奥行きが生まれるという仕掛けに脱帽。

 

ブルゾン221万円、シャツ8万円、パンツ10万7000円/すべてエルメス(エルメスジャポン ︎03-3569-3300)

大胆な曲線のステッチをあしらった柔らかなラムレザーブルゾン。リバーシブル仕様の裏地にはミゲル・シュバリエによるグラフィックが施されている。

 

田邊 剛=写真 喜多尾祥之=スタイリング&ディレクション AMANO=ヘアメイク 大西陽子=編集・文 K5=撮影協力

# エルメス# 小澤征悦
更に読み込む