ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.4
2020.10.09
FASHION

ベドウィン、ビズビム、ナナミカ。我々を「大人カジュアル」へ導くブランド3選

これからの大人カジュアルって何だろう。自分らしい装いって何だろう。

その答えを探る道標として焦点を当てたのは、世界から注目を集める日本ブランド「ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ」「ビズビム」「ナナミカ」。これらを着こなすセンスのいい男たちは、まさに大人カジュアルのお手本だった。

 

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ

2004年に東京で設立。ブランド名は「遊牧民族」に由来する。ストリート的な解釈で、世界各地のカルチャーやあらゆる時代を切り取ったコレクションは、まさに「TOKYOの服」を体現。国内外のクリエイターからの支持率も高い。

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ
[左]ジャケット5万5000円、パンツ3万円、Tシャツ6500円/すべてベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物 [右]ジャケット3万4000円、デニム3万3000円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物

バイリンガルプロダクション マネージャー
[左]アレックス・ウィトマーさん Age  31
[右]ショーン・レイエスさん Age  31

国内外で、映像や広告等のディレクションを手掛けるふたり。日本で生まれ、ショーンさんはNY、アレックスさんはLAで生活していたという異なる経歴を持つ。「ベドウィンは、仕事でもプライベートでも毎日のように着ている」と口を揃える。

ショーンさんは、’30〜’40sを想起させるビッグシルエットのデニムセットアップ、アレックスさんはカシミヤ混ウールのセットアップをセレクトしているのも興味深い。

 

カーディガン3万7000円、パンツ3万円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物

ビートカフェ マネージャー
カトマンさん Age  50
東京・渋谷にある名物バーにて、マネージャーを務めるカトマンさん。「今日着ているのは、ウチの店とベドウィンのコラボです」。思い入れのある非売品のTシャツの上に、アンゴラ山羊のモヘアカーディガンをさらりと合わせている。

 

[左]ニット2万8000円、パンツ1万7000円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物 [右]パーカ2万5000円、デニム2万3000円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物

C C レディオ MC
[左]ロノさん Age  32
[右]ショーさん Age  37
ポッドキャストのレディオショーでMCを担当しているふたり。毎回ノンジャンルでゲストを呼び、テーマを決めずにフリートークを繰り広げる番組は、今密かな注目を浴びている。

ショーさんが好きなシルエットというデニムも、ロノさんがはいているチノパンも、原型はディッキーズの定番874。「アメリカでの生活が長かった自分たちにも、ベドウィンの服は着やすいと感じます」。

 

[左]ジャケット4万7000円、デニム1万8000円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ、Tシャツ4500円/ベドウィン &ザ アンダートーンズ(すべてザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物 [右]ジャケット4万7000円、パンツ1万9000円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ、Tシャツ4500円/ベドウィン & ザ アンダートーンズ(すべてザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、その他すべて私物

キックボクサー
[左]江幡 睦さん Age  29
[右]江幡 塁さん Age  29
一卵性双生児のふたり。兄の睦さんは日本フライ級王者、弟の塁さんは日本バンタム級王者、そしてともにWKBA世界王者にも輝いた強者。普段からベドウィンの服は愛用しているが、「リングに上がるときのコスチュームもベドウィン製」というから筋金入りだ。

色違いで着ているパイル地のジャケットは、ガスステーションジャケットをベースに、スイングトップのデザインを落とし込んだもの。

NEXT PAGE /

VISVIM ビズビム

世界各地のファッショニスタから熱い視線を注がれるビズビム。2001年にフットウェアのコレクションから始まり、やがてトータルブランドとして成長を果たした。現代の技術やカルチャーと、伝統的な技法を調和させるモノづくりも常に話題に。

VISVIM ビズビム
ジャケット76万円、デニム3万5000円/ともにビズビム 03-5468-5424、その他すべて私物

モデル、アーティスト
髙橋義明さん Age  30
モデルの傍ら、自らのアトリエで創作活動を続けるアーティストでもある髙橋さん。フランス製ベジタブルタンニングラムレザーに、花柄のデジタルプリントを施したブルゾンは、「見た瞬間に、この独特な風合いに惹かれました」。

NEXT PAGE /

NANAMICA ナナミカ

日常でも長く付き合えるスタンダードウェアをテーマに、2005年に東京・代官山で誕生。ブランド名は、「七つの海の家」を意味している。’20年8月、待望の海外進出となるニューヨーク店をオープンした。

NANAMICA ナナミカ
コート6万5000円、Tシャツ7800円、パンツ2万2000円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)、その他すべて私物

グーファクトリー
持丸 操さん Age  56
「普段は楽な格好が多い」と言う持丸さんは、長年にわたり著名アパレルショップの内装を手掛けてきた。

羽織っているのは、見た目はクラシックなのにゴアテックスを使った名作ステンカラーコート。急な雨でも「焦らなくていいから楽」。

 

コート6万5000円、シャツ2万4000円、パンツ2万2000円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)、その他すべて私物

モデル
KENJIさん Age  38
モデルとして多忙な日々を送るKENJIさんの最近の趣味は、「ロングドライブと近場の旅行」。そのときは、今日のようなコートをクルマに積んで出かけることもしばしば。こちらは、ウールやヘンプなどをミックスした軽やかボディが持ち味。

 

ジャケット3万1000円、Tシャツ1万1000円、パンツ2万6000円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)、その他すべて私物

アネアデザインCEO
横町 健さん Age  46
ボタニカルショップやカフェなどを経営する横町さん。プライベートでは、ブラジリアン柔術のジムに10年ほど通っているアクティブ派。「袖と胸のパネルが一枚仕立てのこのナイロンパーカは、とにかく動きやすくて気に入りました」。

 

田邊 剛、山本雄生=写真 梶 雄太=スタイリング 谷森正規(W)、向後信行(JANEiRO)、北村雄太、小林雄美、米尾太一(TUNE)=ヘアメイク 増田海治郎、大西陽子、髙村将司、菊地 亮、秦 大輔、増山直樹=文 長谷川茂雄=編集・文

# ビズビム# ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ# 大人カジュアル
更に読み込む