自転車ライフ 2.0 Vol.1
2020.09.19
FASHION

自転車を街乗りする大人にオススメ。実力派メッセンジャーバッグ5選

斜め掛けにして背負うショルダー型のメッセンジャーバッグ。実はこれ、元々は自転車便のライダー(メッセンジャー)が搬送のために使う鞄として作られたものなのだ。

ならば街乗りを愛する我々も、その恩恵を甘受しようじゃないか。

 

BROWN by 2-tacs × PORTER

メッセンジャーバッグ/ブラウン バイ ツータックス × ポーター
バッグH36×W62×D20cm 4万2000円/ブラウン バイ ツータックス × ポーター(B印 ヨシダ 代官山 03-5428-5951)、カットソー1万6000円/フレッシュサービス(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ 03-5775-4755)、デニム3万3000円/オー(オーバーリバー 03-6434-0921)、キャップ6800円/アルファベットスープ(ベンダー 03-6452-3072)、スニーカー1万3800円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)、自転車は私物

自転車ツウでも知られるスタイリスト、本間良二さんがポーターと製作したのは、キャンバスを使った過去のコラボの復刻作。内側に3つ設けた大型ポケットが使いやすく、補強用のスエードがいい味に育ってくれそう。

 

ENGINEERED GARMENTS × MANHATTAN PORTAGE FOR PILGRIM SURF+SUPPLY

メッセンジャーバッグ/エンジニアド ガーメンツ × マンハッタンポーテージ フォー ピルグリム サーフ+サプライ
H30.5×W44.5×D19cm  2万3000円/エンジニアド ガーメンツ × マンハッタンポーテージ フォー ピルグリム サーフ+サプライ(ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690)

ガーメンツとピルグリムによる「NYバイクコレクション」から、昨年秋冬に続いて、トリプルネームのメッセンジャーバッグが登場。

ターポリンやスエード、ナイロンなど、異素材を同系色で切り替えているのが粋な、やや小型のモデル。

NEXT PAGE /

CHROME

メッセンジャーバッグ/クローム
H33×W55×D18cm 1万6000円/クローム(クローム トーキョー ハブ 03-6427-4231)

シートベルト同様の構造と強度を誇るベルト&バックルに、摩耗と裂傷に強い1050デニールのナイロン製ボディ。とにかくタフなメッセンジャーバッグの定番ブランド、その代表作がこの「シチズン」だ。

 

MARGARET HOWELL × PORTER

メッセンジャーバッグ/マーガレットハウエル × ポーター
H38×W45×D9cm 2万8000円/マーガレットハウエル × ポーター(B印 ヨシダ 代官山 03-5428-5951)

上品でミニマル。武骨さとは距離を置いたルックスながら、実はウレタンコーティングを施したコーデュラキャンバス素材を使った頑丈な耐水仕様。自転車を降りたときは、ストラップ長めで掛けてもいい感じ。

 

CRANK

メッセンジャーバッグ/クランク
H27×W70×D18cm 2万2000円/クランク(クランク トーキョー cranktokyo-store.com

幅に対して高さを抑え、取り回しや荷物の出し入れをしやすくした独特の設計がこの「デロリアン」の特徴。

コーデュラナイロンのシェルはエメラルドグリーンのメランジ調で、レトロとモダン、両方のムードを感じさせてくれる。

 

清水健吾=写真(人物) 高橋絵里奈=写真(静物) 来田拓也=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 池田 健=編集 今野 壘、野村優歩、大関祐詞、菊地 亮、池田桃子=文

# メッセンジャーバッグ# 自転車
更に読み込む