そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.1
2020.08.24
FASHION

【オーシャンズ10月号】は「女性が好きな男服」特集。家飲み術や自転車の企画も!

オーシャンズは創刊以来、大人の男性のための「センスのいいお洒落」を追求してきた。

だがそのすべては、あくまで男性による男性のためのもの、つまり「男性目線」からの提案であった。男性のための雑誌だから、それは当然だ。

では、なぜ今さらそんなことを自問したのかというと、思い切って「女性目線」でメンズファッションを考えてみてはどうか?と実験的特集を思い立ったからなのだ。

僕ら男性が大好きなものが必ずしも女性のそれと一致しない、そんな経験は誰にでもあるはず。その意見の違いやギャップを、驚きや新しい発見として受け入れ、ますます男を磨いてしまおうではないかと。

というわけで、今月号はセンス抜群の素敵な女性たちを迎え、大充実の内容で届けることに。パートナーの方とアレやコレやと議論しながら読んでもらえれば、いつものウン倍楽しめるはず!

スタイリスト百々千晴さんが提案&厳選します!
「ふたりの1軍アイテム♡シェアする服ってイイコトだらけです」

こんなご時世だからこそ、服やファッションとの向き合い方も変化するとき。そこで、ユニセックスな服作りが勢いを増すこの時代に合わせて、本企画ではスタイリスト・百々千晴さんがパートナーとのアイテムシェアを提案。

同じ予算でワードローブは2倍に。関係性はより“蜜”に。皆さん、試してみる価値は大! です。

続いて、今月の特集はコチラの3つ!

NEXT PAGE /

①いくつになっても「いい顔してるね」って言われるために!

別に美男になりたいわけでも、肌トラブルをゼロにしたいわけでもない。いくつになっても「いい顔してるね」って言われたいだけ。

だから、ここらで肌を元気にしてあげようと思うんだ。もちろん、やるからにはトコトン、確かな手応えを感じられるとっておきのアイテムで。

NEXT PAGE /

②我が家を最高の酒場にするために!

新しい生活様式に変化しつつある今、withコロナの楽しみ方を考えてみよう。提案したいのはズバリ、我が家を酒場に変えること。発想を転換すれば、家飲みは最高の“FUN-TIME”に。

「最近飲みに行けてないな〜」なんて嘆くのはもうやめて、贅沢な家飲みを追求してみようじゃないか。

NEXT PAGE /

③みんなの自転車と、自転車に合う服とバッグ

このご時世、むやみに人の多いところへは行けないけれど、家にいるばかりじゃ気が滅入る。でも、大丈夫。自転車があるじゃないか。

移ろう街の景色を楽しむも良し、気になった店に寄り道するも良し。もちろん、いつもの移動だってもっとストレスフリーになるはずだ。

そうなると自転車に合う服が欲しくなる。いっそ新たな愛車、組んでみる? あとは街に繰り出し、風を切るだけ。そんなワクワクが止まらない自転車の話をここで。

 

「オーシャンズ」10月号はこちら

# 女性目線# 家飲み# 最新号# 美容# 自転車
更に読み込む