種カジのタネあかし Vol.44
2020.08.10
FASHION

Tシャツ、短パン、ビーサン姿の種さんの、シンプルでも着こなしをキメるコツ

リラックスしているのに大人っぽい「種カジ」とは……

Tシャツと短パンにビーサン。

特別な服を何ひとつ身に着けていないのに、どこかキマっている“種カジ・オブ・種カジ”。

特別な服を何ひとつ身に着けていないのに、どこかキマっている“種カジ・オブ・種カジ”。

「僕の正装と言っても過言ではない(笑)。大手商社との打ち合わせも、この格好で行きますので。上下ともにネットショッピングで購入。あまり動けなかったステイホーム期の僕なりの“ポチッと”ストレス解消法ですね」。

ーーネットショッピングが普及している今だが、こと洋服となると、我々世代の場合は、気安く購入はできないところがあります。

「僕もそう。だから、サイズもフィット感も察しがつく“定番品”という選びで解決。例えば、Tシャツはヘインズで、ショーツは米軍モノで知られるロスコ。買いやすい価格だから、万一失敗してもいいですしね。ステイホーム期間中にクロックス×ビームスのサンダルもポチったな、そういえば」。

ーーなるほど、冒険もリスクを取りつつ。

「大人の知恵と言っていただきたい(笑)。ポイントはカラーコーデ。全体を黒×コヨーテの2色にまとめること。黄色みの強いコヨーテは、黒との相性が抜群で、ミリタリーらしい骨太感も出ます」。

ーー種カジ流カラーパレットの“黒×オリーブ”のアップデート版ですね。それに比べて、少し艶感がアップしていますよね。

「コヨーテをゴールドに見立てれば、簡単に攻略可能。その雰囲気に合わせ、ゴールドネックレスやタイガー柄のサンダルを加えることでゴージャスさをアップしているんです」。

ーーネットで買ったシンプルなアイテムでも、工夫ひとつでお洒落に見える。高まる夏のお出かけ気分に拍車がかかりそう!

「マスクは忘れずにね!」。

NEXT PAGE /

今月の種カジ・ポイント

チャコールのハットとスイスのリビングガード社製マスクも黒×コヨーテに。「マスクライフも色使いに気を配ると楽しくなりますよ」。

チャコールのハットとスイスのリビングガード社製マスクも黒×コヨーテに。「マスクライフも色使いに気を配ると楽しくなりますよ」。

 

「智にあしらわれたゴールドのスタッズがアクセント」と、胸元に挿したハラダマニア×金子眼鏡のサングラス「ホアキン」はお気に入り。

「智にあしらわれたゴールドのスタッズがアクセント」と、胸元に挿したハラダマニア×金子眼鏡のサングラス「ホアキン」はお気に入り。

 

種さんが手掛けるエルニド フリップスのビーサン。「装いと同配色となるタイガー柄が配されたヘアカーフのトングがポイントです」。

種さんが手掛けるエルニド フリップスのビーサン。「装いと同配色となるタイガー柄が配されたヘアカーフのトングがポイントです」。

「種カジ」とは……
「お洒落であるより、格好良くありたい」と言う種市 暁さんのスタイルに本誌が注目し、“種カジ”と勝手に命名して早数年。いつもパッと見の印象は無造作なのに、なぜか格好いいから不思議。そんな彼の装いの“タネ”をムリヤリ解説してもらう企画。
上に戻る

PROFILE
たねいちあきら●東京・下町出身の都市と自然を縦横無尽に行き来する旅男。長年勤め上げたビームスを退社後、フリープランナーとしてさまざまなモノ・コトを仕掛ける業界のキーパーソンに。種カジのこぼれネタがポストされるインスタグラム(@taneichiakira)も要チェック!

山本 大=写真 髙村将司=文

# Tシャツ# 短パン# 種カジ
更に読み込む