2020.07.24
FASHION

やっぱり「エア ジョーダン 1」が大好物。有名人ご自慢のモデルはコレだ!

’90年代から今なお続くスニーカーブームをも牽引する「エア ジョーダン 1」。今もその人気は衰え知らずで、オーシャンズ世代から10代の若者まで世代を超えて愛されている。

さまざまなモデルが登場してはプレ値が付く、を繰り返してきたこの名作。愛好家たちはどんなモデルをコレクションしているのだろう? スニーカー好きで知られる著名人たちに聞いてみた。

 

神童・那須川天心が選んだ「エア ジョーダン 1」は……
「シカゴ」

’85年に誕生した「エア ジョーダン 1」が、’98年生まれの若者を魅了する。考えてみればスゴいことだが、天心さんが選んだのはNBAシカゴ・ブルズのチームカラーで構成された「シカゴ」。

「これは全部がお気に入り。単純にめちゃくちゃ格好いいですよね。スニーカー好きなら確実に手に入れたいモデルだと思います。白と赤の配色が絶妙ですよ」。

35年の歴史で3回復刻したこの王道デザインの「シカゴ」。もちろん復刻するたびプレ値が付けられる一足だが、それでもスニーカー好きならぜひともコレクションに加えたい「キング・オブ・スニーカー」だ。

那須川天心のその他の偏愛スニーカー 

パンサー・尾形貴弘が選んだ「エア ジョーダン 1」は……
「黒×白」のモノトーンモデル

尾形さんにとって、エア ジョーダンシリーズは自身の青春とともにあった。スニーカー愛に目覚めたのは高校時代だったが、とりわけ「エア ジョーダン 1」は絶対的なスニーカーにして、紛うことなき高嶺の花。大人になってようやくゲットできたのがこのモノトーンモデルだという。

定番の白×赤の“シカゴ”や、黒×赤の“ブレッド”ではなく、あえてのモノクロというチョイスは新鮮で面白い。「なんかパンダみたいで可愛いですよね(笑)。この配色が個人的には、いちばん好きなんです」と愛着もたっぷりのご様子。どんなコーデにもハマる万能な一足だ。

パンサー尾形貴弘のその他の偏愛スニーカー

NEXT PAGE /

マテンロウ・アントニーが選んだ「エア ジョーダン 1」は……
「トラヴィス・スコット」とのコラボモデル

アントニーさんが手にしたのは大好きなラッパー、トラヴィス・スコットとのコラボモデル。トラヴィスとエア ジョーダンはたびたびコラボレーションを行っているが、どれも例外なく即完し、即プレ値がつくことでも有名だ。

「これはロサンゼルスでプレ値で購入しました。日本円で約15万円ですよ! スニーカーを購入した金額としては、アントニー史上No.1です(笑)」。

ポイントはスウッシュ。アッパーの内側はいつも通りのスウッシュだが、外側はなんと、スウッシュが逆さにあしらわれているのだ。コラボモデルとしてもひときわ珍しい一足、やはりその価値はプライスレスか。

マテンロウ・アントニーのその他の偏愛スニーカー   

かまいたち・山内健司が選んだ「エア ジョーダン 1」は……
「オフ-ホワイト」とのコラボモデル

スニーカー好きだけど「レア物しか狙わない」と豪語する山内さん。そのセリフは伊達ではないようで、彼が手にしているのはストリートラグジュアリー・ブームを生み出した「オフ-ホワイト」とのコラボモデル。

抽選販売に応募して見事に当然したのだが、なんと「当たるわけがない」と決めつけていた山内さんは当選メールをスルー。翌日、気付いたときには購入権も無効となっていた。そんな失意のなか、山内さんは海外サイトをチェックし続け、最終的には12万円で購入したという。

「今はさらに値段が上がって50万円以上になってるらしいですから、まあ、定価で買えればベストでしたけど、12万円でも買っといてよかったな〜って思いますね」。

かまいたち山内健司のその他の偏愛スニーカー    

今年も次々と新作が登場している「エア ジョーダン 1」。今、買い足すならどんな一足にするか、4人のセレクト基準を大いに参考にされたし。

 

◆芸人たちが愛したニューバランスはコチラから

◆連載一覧は下のバナーから

 

# ナイキ# エア ジョーダン# スニーカー
更に読み込む