夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.60
2020.07.23
FASHION

サーフショップ「ブライン」のマネージャーに聞いた、サーフTシャツの意外なルーツ

サーフィンのルーツは古代ポリネシアにあり、当時の人たちは木の板で波に乗る単純な遊びを楽しんでいた。

その単純さが示すように、サーフィンに必要なのは究極的にはサーフボードだけ。そのため海の外で纏う“サーフTシャツ”が生まれたのは随分とあとのことになる。

ノーズライディングの写真を使った世界的サーフブランドの新作。
ノーズライディングの写真を使った世界的サーフブランドの新作。顔料染めによる着古したような風合い。4400円/クイックシルバー(ボードライダーズジャパン 0120-32-9190)

「よく見られるようになったのは1980年代に入ってから。国際的なプロツアーが本格的に始まり、サーフィンが世界的なブームになっていく過程で、サーフギアを手掛けるブランドがTシャツも作っていきました。

根底にあったのは、海から上がってもサーフ気分でいたい、海を感じていたいという気持ち。海の気持ち良さ、波に乗る楽しさ、また大波に挑むスリルといったサーファーだから理解できるフィーリングを表現したものが多かったと思います」。

そう語るのは東京・世田谷にあるサーフショップ、ブラインのストアマネージャー、吉岡雅晴さん。確かに歴史を振り返ると、世界で初めてサーフィン用ウエットスーツを手掛けたオニール社の創業は’52年。それを端緒にサーフブランドは増えていくが、いずれも扱っていたのはサーフギアである。

海の外ではデニムにネルシャツや無地のTシャツを合わせるなど各自が思い思いの格好をしており、そこに“サーファーらしさ”は特別なかったのだ。

「’90年代にサーフィンが本格的に商業化されて、サーファーによるアパレルブランドも増えました。今ではサーフィンを感じさせるTシャツは多彩です。ただ格好いいものとなると難しい。

自己メディアと言われるようにTシャツには自分が表現されますよね。デザイン、色、メッセージ、写真などボディに載っている“何か”は、それを選んだ自分そのもの。そこをサーファーにはわかってほしいけれど、あからさまなのは嫌、という天邪鬼なところがある。

もしそんなツウ好みの一枚を選びたいなら、ここで紹介しているものを参考にしてみては? あとはサーフカルチャーを知ることが大事でしょうね」。

NEXT PAGE /
1972年にカリフォルニアで誕生した老舗ブランド。グラフィカルにデザインされたカタカナ表記のブランド名がキモ。
4900円/オーシャン パシフィック(ハンドイントゥリーショウルーム 03-3796-0996)

1972年にカリフォルニアで誕生した老舗ブランド。グラフィカルにデザインされたカタカナ表記のブランド名がキモ。

 

英国ロックと米国サーフのミックス。ゆるさと茶目っ気がサーファー心をくすぐる。
4200円/ロイアル(ポートオブコール 表参道 03-6434-0231)

英国ロックと米国サーフのミックス。ゆるさと茶目っ気がサーファー心をくすぐる。

NEXT PAGE /
吉岡さん曰く「手書きグラフィックが最高にクール!」なTシャツは、人気のフィンブランドによる日本限定モデル。
4800円/キャプテンフィン(ブライン 03-6805-2973)

吉岡さん曰く「手書きグラフィックが最高にクール!」なTシャツは、人気のフィンブランドによる日本限定モデル。

 

老舗ブランド、オフショアによる“オフショアの波”を使った一枚。サーファーなら誰しも「いい波!」と叫んでしまうはず。
5000円/オフショア(ザ センス 03-5579-2595)

老舗ブランド、オフショアによる“オフショアの波”を使った一枚。サーファーなら誰しも「いい波!」と叫んでしまうはず。

 

サーフTの魅力の伝道者
吉岡雅晴(よしおかまさはる)●東京・世田谷のサーフショップ「ブライン」のストアマネージャー。世界レベルのロングボーダー、ミッチ・アブシャーが主宰するキャプテンフィンや、クリステンソンサーフボードなどカリフォルニアの名ブランドをはじめ、こだわりのアイテムを数多く揃える。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 加瀬友重、髙村将司、いくら直幸、秦 大輔、今野 塁、菊地 亮=文

# Tシャツ# サーフィン
更に読み込む