夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.68
2020.07.22
FASHION

フォトTの写真って誰が撮った? どこを撮った? 知って愛着が増すTシャツ選び

フォトTに使われる写真に、ノスタルジックなものが多いのはなぜだろう。

そこに込められた思いを探るべく、写真の撮影者と採用者に話を伺ってみた。異なる2つの視点からフォトTを考える。

 

撮影者と採用者の関係①

ジャーナルスタンダード レリュームとの別注企画であるこのフォトTシャツ
5800円/トニータイズサン(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道 03-6438-0401)
写真を採用したのは……
トニータイズサン ディレクター 清水 泰さん

ジャーナルスタンダード レリュームとの別注企画であるこのフォトT。では誰の写真を? となったとき清水さんの頭に浮かんだのはプロの写真家ではなく、オーシャンズでもモデルとして活躍中のあの人。

「以前から大石学さんにはブランドのモデルとして協力してもらっていて、旅や写真についての話を聞いていました。彼のフィルターを通した旅写真にとても魅力を感じていたんです」。

大石さんが撮り溜めた中から、今回は「日本の四季を感じてもらえたら」と4枚を選定。ボディの背後に写真を、そしてそのイメージにちなんだ文字、“雲”を胸元へあしらっている。

写真を撮影したのは……
モデル 大石 学さん

今回のオファーを「日本の美しさを海外の人にも伝えるいい機会」と捉え、ふたつ返事で快諾したという大石さん。清水さんとともに選んだのがこの4枚だ。

「桜の写真(上)は南房総にて、空の青との対比に魅了され撮ったもの。浜辺の写真(下)は西表島での散歩中に出会った少年たちの無垢な笑顔を微笑ましく思い撮影しました」。

また、山の写真(中左)は甲武信ヶ岳から撮ったもの。ほかの宿泊客にすすめられ、事前に予定していたルートを変更。そこで出会った景色は感嘆の声が漏れるほど感動したとか。二子玉川で撮ったという雪景色(中右)も風情がある。

NEXT PAGE /

撮影者と採用者の関係②

 

自社でPRをしているブランドのルックブック撮影をきっかけにフォトグラファー柏田さんと出会い、以後、親交を深める中で彼の写真を好きになっていったという西野さん。
8000円/マイル(にしのや 03-6434-0983)
写真を採用したのは……
にしのや 西野大士さん

自社でPRをしているブランドのルックブック撮影をきっかけにフォトグラファー柏田さんと出会い、以後、親交を深める中で彼の写真を好きになっていったという西野さん。そして昨夏、柏田さんが着用していたフォトTを目にし心は決まった。

「自作フォトTが本当に素敵でした。ぜひ一緒に何かやりたいなと思ったんです。そこで、数ある作品の中から“モーテルコレクション”と題して、アメリカらしい写真を今回は選ばせていただきました」。

最近では珍しいビッグサイズTシャツで、しかも「写真に合わせて古着っぽく仕上げたかった」と米綿生地に染み込みプリントで表現する。

写真を撮影したのは……
写真家 柏田テツヲさん

「自分の作品として完結した写真がまた違う形で世に出ることはすごく幸せなこと」。そう語る柏田さん。そして、西野さんの意向も汲みつつ、5年前アメリカを旅したときに撮影した写真を提案した。

「当時はモーテルに泊まりながら旅を続けていました。これはアリゾナのモーテルで受付をしていたオーナーを撮影したもの。2年後、彼に会いに同地を訪れたのですが病で亡くなられていました。出会いと別れについて強く考えさせられた一枚で、僕の中でも特に思い入れがあります」。

NEXT PAGE /

オススメのフォトT・7選

NYやLAのストリートを写真に収めてきたフォトグラファー、三澤亮介さん。フロントには彼が切り取った東京の風景を。
4500円/フィラ ヘリテージ(フィラ 0120-00-8959)

NYやLAのストリートを写真に収めてきたフォトグラファー、三澤亮介さん。フロントには彼が切り取った東京の風景を。

 

ブランドのルーツでもあるデトロイトを拠点とする写真家スラジュ・バムラさんとのコラボ作品。
5800円/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョー 03-3402-9810)

ブランドのルーツでもあるデトロイトを拠点とする写真家スラジュ・バムラさんとのコラボ作品。

 

NY在住の日本人フォトグラファー、内藤カツさんが撮影。被写体は同市のハーレムで売られていたソックスだ。
8800円/フィルフィーズ×チャコール(チャコール トーキョー 03-6432-5267)

NY在住の日本人フォトグラファー、内藤カツさんが撮影。被写体は同市のハーレムで売られていたソックスだ。

 

元教師という異色写真家、ジョセフ・スザボさんとのコラボより、高校のとある授業風景を。
7400円/キャル オー ライン(ユナイト ナイン 03-5464-9976)

元教師という異色写真家、ジョセフ・スザボさんとのコラボより、高校のとある授業風景を。

 

前面に描かれたのはあの歴史的建造物。観光地にある顔ハメパネルの感覚で楽しむべし。
2万5000円/ダブレット(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)

前面に描かれたのはあの歴史的建造物。観光地にある顔ハメパネルの感覚で楽しむべし。

 

[左]ボディに使用するのはペルー産オーガニックピマコットン [右]写真家、深水敬介さんが撮影したモノクロのビーチ写真。
左から1万3000円/マーカウェア(パーキング 03-6412-8217)、6500円/ロットワイラー(アドナスト 03-5456-5821)

[左]ボディに使用するのはペルー産オーガニックピマコットン。フロントにはその産地の農場で撮影した写真をプリントする。

[右]写真家、深水敬介さんが撮影したモノクロのビーチ写真。その世界観と調和するブラックボディはギルダン製。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 加瀬友重、髙村将司、いくら直幸、秦 大輔、今野 塁、菊地 亮=文

# Tシャツ# フォトT
更に読み込む