2020.07.21
FASHION

ミズノの話題の新シューズを辛口レビュー。モコモコソールで走りは変わるか?

コロナ禍をきっかけにランニングを始めた…… そんな話を耳にする機会が増えた。

自粛生活も気付けば数カ月。すでに三日坊主と化した人もいればマンネリを感じている人もいるだろう。いずれにしても、モチベーションを上げるための新ギアをそろそろ投入したいところだ。

そんななか、ランナー心をくすぐるシューズが登場。ミズノ史上最高の反発性を実現したという新素材「MIZUNO ENERZY」を使った新シリーズである。

「THE MIZUNO ENERZY」2万5000円/ミズノ 0120-320-799

実はこの素材、今年の箱根駅伝直後から、ランナーの間では注目を集めていた。

というのも、世界中で次々と記録を更新したナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」が、箱根駅伝でも選手の足を独占。区間賞を獲るのはヴェイパーを履いた選手ばかり、というなか、最終10区で創価大学の嶋津雄大選手が“非ヴェイパー”で区間新記録を樹立して注目を集めた。

このときに履いていたのが、この新素材「MIZUNO ENERZY」を使ったシューズのプロトタイプだったのだ。

さっそく「THE MIZUNO ENERZY」を入手!

当時はあの靴は何なのか、と噂で持ちきり。何度かミズノに問い合わせてみるも「今はお答えできません。でも相当すごいシューズです」の一点張り。

期待値は膨れ上がるばかりだったのだが……あれから7カ月。待ちに待った情報がやっと解禁。さっそく今回発売となる2モデルを取り寄せ、実際に履いてみた。

新素材は従来のソール素材よりも反発性が約56%、柔らかさが約293%アップ。

まずはコンセプトモデルの「THE MIZUNO ENERZY」。こちらは、嶋津選手が履いたものとは別モデル。従来のソール素材よりも反発性が約56%、柔らかさが約293%アップしたという、シリーズ最高の反発性を誇る素材「MIZUNO ENERZY CORE」が使われている。

もちろん事前に資料は見ていたのだが、実際に箱を開けると……

ちょっと待って! このソールの大きさ……!

「ソール、デカっ!」と本気で驚いた。

足裏だけでなく、横まで張り出すように球体が連なったソールは、反発性と柔らかさを表現したデザインらしいが、写真で見た以上のインパクト。そして結構な重量感。

これを履いたらどんな風に走れるんだろうという期待と、これを履いて走れるのかという不安。いろいろな意味で、早く履いて走ってみたいと思わせてくれる。

よく見るとかかと部分にくぼみが。

ちなみにソールの裏側を見ると、かかと部分に1カ所くぼみがあるのだが、この奥に見える素材が「MIZUNO ENERZY CORE」だそう。もちろん触っただけでは、その反発性はわからないのだけれど、これが新素材か……と確かめるのもちょっと楽しい。

NEXT PAGE /

「THE MIZUNO ENERZY」で、いざ試走!

さっそく、レッツゴ〜♪

さて、実際に走ってみる。今までいろいろなシューズを履いてきたけれど、このフィーリングは初めて。なんというか、まるで低反発マットレスの上に立っているようなのだ。

とにかく厚みがあるので、路面の感覚はまったく伝わってこない。そしてやっぱり重い。昨日まで軽量なシューズで走っていたのだから尚更だ。これで走れるのか? という不安のなか、まずはテクテクとジョグからスタート。

序盤のフィーリングはやはり反発よりも重さが優勢。ところが下り坂が凄かった。反発が大きいため、足が止まらず、怖くなるぐらいスピードが出るのだ。

ここで体が温まったのだろう。そこからは重さも感じつつ、足がスイスイと前に進んでいく。そこで気付いた。このシューズはジョグ向きだと聞いていたが、意外とスピード練習に良いのではないかと。

というのも、踏み込みが強いほど、反発力が大きくなり、推進力が強くなる気がするのだ。スピードに乗って、ストライドを大きくすると、面白いように進む。逆に、走りがだれてくると、一気に重さを感じて辛くなる。つまり多少疲れてきても、スピードは落とすべからず、ということだ。

そこまでハードに走ってきたのに、いつもならヘタる後半の急坂でも、足が残っていたのにも驚いた。こんなに足が残っているなら、もっと距離を伸ばせたんじゃないか? そう思いながら、ログを確認すると、なんと場所によっては1kmのタイムが普段より20秒近く早い!!

ここから俄然、やる気になり、翌日も翌々日もこのシューズを履いて走った。すると初日はあんなに気になっていた重さにも慣れてきたのか、さほど気にならなくなった。

「あれ? 自分ってこんなに走れたっけ?」と錯覚してしまうほど軽快に走れるため、ランニングを始めたばかりという初心者にもおすすめだし、上級者ならリカバリーシューズにもぴったりだ。この不思議なフィーリング、一度試してみてほしい。

 

[問い合わせ]
ミズノ株式会社 お客様相談センター
0120-320-799

林田順子=文

# シューズ# ミズノ# ランニング
更に読み込む