夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.5
2020.06.25
FASHION

無地のTシャツが秘めた高い機能。やみつきになる、そのギャップ

機能性の高い服と聞いて、まず思い浮かべるものはなにか。おそらくアウトドア系アウターなどが頭によぎった御仁の多いことだろう。

しかしここで紹介するのは機能性バツグンのTシャツである。秘められたそのスペックに、ただ感服する。

 

「機能=スペック」を覆すロングセラー

機能派無地Tシャツ/ノンネイティブ
1万800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)

NONNATIVE ノンネイティブ
東京を代表するファッションブランド、ノンネイティブはもうずっと、このカタチのTシャツを作り続けている。リラックスしたネック回り。スタイリッシュに見えるようなパターンで仕上げられた短めの袖丈。小ぶりな胸ポケット。そして、ベースボールシャツのようにラウンドしたスリット入りの裾。

カラーバリエーションや素材はシーズンごとに入れ替わるが、基本的な見た目は不変だ。もちろん無地だけじゃなくて、ワンポイントロゴやプリント柄をのせたタイプも数多く展開している。

今回紹介するこちらの無地タイプは、今季は写真のオリーブのほか、ホワイト、ブラック、ネイビー、ヘザーグレイを用意。涼しくドライな着心地のクールマックスを使用したコットンとポリエステルの天竺素材で、ストレッチ性に優れた生地に仕上げている。

このTシャツは例えるなら、古今東西の画家が愛用した名品キャンバスのようなものか。どんな色も、どんなデザインも受け止める。そして、時代に左右されない普遍性が漂っている。

でも決して単純じゃない。スリット入りのラウンドテイルは、着たときに動きやすさを発揮してくれる。そして、レイヤードしたときの“裾回りのニュアンス”を、より豊かなものに変えてくれる。もしかしたら着る人が袖を通して初めて、ひとつの作品として完成するTシャツなのかもしれない。

藤井隆行さんがデザイナーに就任して、今年で実に20年を迎えるノンネイティブ。僕らは若い頃からこのブランドを知っていて、今もここの服が大好きだ。飽きがこないという意味ではもはや我ら日本人が愛してやまない、白ごはんのレベル。

ずっと寄り添ってくれて、いつもそばにあるもの。これがノンネイティブのTシャツの、いちばんの機能性なのかもしれない。

NEXT PAGE /

天然の機能性素材、ウールの快適さに驚く

機能派無地Tシャツ/ヴェイランス
1万6000円/ヴェイランス(アークテリクス/アメア スポーツ ジャパン 03–6631–0833)

VEILANCE ヴェイランス
機能性素材と聞くと化学繊維のイメージが強いが、一概に天然繊維が化学繊維に機能で劣るというわけではない。むしろ人工では太刀打ちできないほどの性能を持つ天然素材も存在している。

たとえば羊毛を原料とするウールは、吸湿性に優れながら肌に触れる表面はドライに保つという、相反する機能を持つ。さらに繊維内に空気を多く含むため断熱性が高く、外気の寒さも暑さも伝えにくくしてくれる。夏は涼しく冬は暖かくという、これまた相反する機能を備えるのだ。昨今、アウトドアやスポーツ分野でこのウールが注目を集めているのも、そんな理由があるからだ。

アークテリクスのアーバンライン、ヴェイランスのTシャツは、そんなウールならではの魅力を存分に味わえるものである。肌に直接触れるのだから、チクチクしないのか? と疑問を持つ方もいると思うが、肌触りはとても滑らかでさらりとしている。

それもそのはず、このTシャツに用いられるオーストラリア産メリノウールは、原毛の繊維径が16.5マイクロメートルという繊細かつ上質なもの。スーツに用いられるウール地のスーパー表示に換算すると、140〜150Sほどになるから、かなり高級素材である。

加えてナイロン糸の芯にウールを巻くことにより、高い強度を確保しているのも本素材の特徴。念のため付け加えておくと、もちろん自宅の洗濯機でも洗える。

Tシャツのシルエットは細身で、スマートに身体へ沿う。絶妙な色の深みといい、これは今夏の主戦力Tシャツとなりそうだ。アウトドアの高機能をアーバンに──まさしくヴェイランスのコンセプトを凝縮させた一枚である。

NEXT PAGE /

アクティブなシティライフに寄り添う機能派

機能派無地Tシャツ/マムート デルタ X
2万5000円/マムート デルタ X(マムート スポーツ グループ ジャパン 03-5413-8597)

MAMMUT DELTA X マムート デルタ X
雄大な自然と対峙するためのアウトドアウェアを、街でのデイリーウェアとすることは今や随分と当たり前になった。また、そうした需要に応えるべく、各メーカーからも持ち前のノウハウを活かしたタウンユースラインが続々と登場している。

なかでも160年近い歴史を誇るスイスのマムートが、満を持して昨年始動したプレミアムコレクションのデルタXは、オーシャンズイチ押しの存在。最大の特徴は、たとえファッション向けであってもスペックダウンを図ることなく、過酷な環境下に挑むアルピニストご用達の最高峰シリーズ「アイガー エクストリーム」同等の先端テクノロジーを惜しみなく注ぎ込んでいる点にある。

すなわち、ブランドの根幹である登山=マウンテニアリングで育んだ高いパフォーマンス性を継承したまま、そこに洗練のデザインを融合させることで都市部での活動=アーバニアリングへの対応を可能にしているのだ。

スポーティな印象とともに、どこかモードな雰囲気も漂う「ザ・Tシャツ メン」と名付けられたこちらもしかり。キメ細かいスムースタッチと適度なハリを持つ生地は、とても軽量でストレッチ性に富み、吸水速乾にも優れる。併せて、両脇にレーザーパンチングされたイニシャルのX字を描くベンチレーションが湿気を放出し、汗による蒸れを抑え、暑い季節も快適な着心地をキープしてくれる。

さらに熱圧着のシームレス仕様になったネック&裾、斜めにカッティングされたサイドシーム、フロントの左右に設けられたスリットは、肌への摩擦軽減や動きやすさを生み出すなど、一つひとつの機能の集積によって一枚のTシャツが形成されている。

これぞアクティブなシティライフの味方になる、理想的な無地Tシャツと言えるだろう。

NEXT PAGE /

「プラスワン」が与えてくれるもの

機能派無地Tシャツ/フォース ア ベター
5500円/フォース ア ベター 042-682-5444

FORCE A BETTER フォース ア ベター
日本生まれのブランクTシャツブランドが掲げるのは、ブランク(無地)に「プラスワン」の機能。機能の力(FORCE)によって、より良いものとする(A BETTER)。それらの英語を繋ぎ合わせたのがブランド名の「FORCE A BETTER」だ。

そして、このTシャツに与えた「プラスワン」の機能が、マテリアルの強靭性である。

コットン60%にコーデュラナイロン40%を混紡することで、摩擦や引き裂きへの耐性を強化しながら、コットンならではの優しい風合いも備えており、着心地面も文句なし。

ハリとコシを備えた6.5オンスという肉厚な素材感は、形崩れを起こしにくく、アメカジライクなボクシーシルエットをキープ可能。見た目の美しさと運動性を考慮したパターンに仕上げたロングスリーブの本作なら、スケートボードのようなアクションスポーツにおいても活躍すること請け合い。

人気の定番ながら、首リブの伸びが改善されるなど、進化をやめない姿勢も好感度大。使い勝手においても「プラスワン」な喜びを与えてくれる。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 加瀬友重、髙村将司、いくら直幸、秦 大輔、今野 塁、菊地 亮=文

# ノンネイティブ# 機能性# 無地Tシャツ
更に読み込む