夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.17
2020.06.22
FASHION

雨を喜び、雨に勝つ。濡れてもキマるプラダのレインコートで街へ出よう

少しずつ、一歩一歩、自由な気持ちで外に出られるようになる日が近づいている。と思ったら梅雨時期の到来……。

嗚呼、なんてことだ、また家籠り。とは言っていられない! 今こそ、雨に勝つしかないのである。濡れても気にならず、そのうえ映える服を身に纏い、喜んで外に出ようじゃないか。

晴耕雨読? いやいや、雨の日にこそ真価を発揮する一着とともに、逆境を軽々と越えていこう!

 

「プラダ」のレインコート

こちらは深く澄んだコバルトブルーが美しい、膝丈のレインコート。/プラダ
18万2000円[予価]/プラダ 0120-451-913

身近なブランドも、ハイブランドも。そしてプラダも雨への勝利を考えている。こちらは深く澄んだコバルトブルーが美しい、膝丈のコート。

左胸の堂々としたロゴと撥水性のある高密度ナイロン生地の上品さもさることながら、最大の特徴は背中のジップだ。開くとマチが現れ、バックパックごとカバーできる仕組み。

 

山本雄生=写真 松平浩市=スタイリング 今野 壘=文

# プラダ# レインコート
更に読み込む