夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.2
2020.06.18
FASHION

NIGOとヴィトンがコラボ! 見ているだけで元気になるデニムジャケット

どうしたってロゴに目が行ってしまう。正式名称は「ルイ・ヴィトン LV スクエアード コレクション」(LV²)。なんと、あのNIGOさんとのコラボコレクションなのだ。

正式名称は「ルイ・ヴィトン LV スクエアード コレクション」(LV²)。なんと、あのNIGOさんとのコラボコレクションなのだ。

フライトジャケットやモッズスーツなどがラインナップするこのLV²からピックアップしたのは、斬新な解釈でモノグラム・モチーフとダミエ・パターンをアレンジしたデニムジャケットだ。実にパワーがみなぎっている。見ているだけで元気になる。

そして、今の気分を十分に映し出しながら、NIGOさんのキャリア初期のエッセンスが漂うのも面白い。

斬新な解釈でモノグラム・モチーフとダミエ・パターンをアレンジしたデニムジャケットだ。/LV²(ルイ・ヴィトン)
メタルボタン、背面の尾錠、レザーパッチといった、Gジャンの王道的ディテールも我々のツボに刺さる。この「モノグラム」×「ダミエ」のデザインワークは、ルイ・ヴィトンの名作「キーポル」をはじめとしたバッグ類にも採用される。そちらも楽しみだ。28万4000円[予価]/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

1990年代の、あの、東京のストリート感である。メンズ アーティスティック・ディレクターを務めるヴァージル・アブローがNIGOさんを誘う形で実現したこのLV²。ふたりは長年にわたる友人。コレクションを作るにあたり、互いのクリエイションに大いなる敬意を払ったに違いない。だからこそこの累乗は、服に強大なパワーを与えたのではないだろうか。

そしてLV²の初披露は、近々オープン予定の「MIYASHITA PARK」(あの渋谷の名所のひとつだった宮下公園が複合施設として生まれ変わるのだ)内にオープンする、ルイ・ヴィトン初となるメンズのフラッグシップストアで行われる。そう、いろんな意味で「TOKYOはまだ元気だ」と感じさせる話なのであった。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 加瀬友重=文

# ルイ・ヴィトン# NIGO# コラボ# デニムジャケット
更に読み込む