2020.05.29
FASHION

ナイキorアシックス。アンダー2万円の最新ランニングシューズ日米比較

ヴェイパーフライでランニング界の天下を取った感のあるナイキ。今やプロから週末ランナーまでナイキの厚底シューズにゾッコン状態だが、各国の猛者たちも黙って指を咥えて見ているわけではない。

日本をレペゼンするアシックスも然り、である。

決してナイキに引けを取らない高い技術とノウハウを持つアシックスが、この夏、週末ランナーにも打ってつけな新ランニングシューズを発売。

天下分け目の日米ランニングシューズ合戦の火蓋がここに切って落とされる。

 

【アメリカ】ナイキ「エア ズーム ペガサス 37」

1万3000円/ナイキ 0120-6453-77

「あらゆるランナーのために」は今も健在だ

1983年の誕生から実に37代目となる超人気シリーズ、ペガサス。「あらゆるランナーのためのシューズ」として数多くのモデルを生み出しており、その存在はナイキにおいてもひとつのレガシーとなっているが、今年も最新作が発売され、さっそく話題となっている。

前作からのアップデートポイントで注目すべきは、高い反発性とクッション性だろう。ナイキ史上もっとも反発性に優れたフォームであるナイキ リアクトをミッドソールに採用し、前足部には前作より約2倍もの厚さのズーム バッグを配置した。

1万3000円/ナイキ 0120-6453-77

これによって、ランナーは地面を踏みしめてから蹴り出すまでに、より効率よくエネルギーのリターンを得られるうえに衝撃も緩和されるので、これまで以上に心地良い走りを体感できるようになった。

また、アッパー部分のフィット バンドがよりハイレベルなフィット感を演出。靴と足が一体化し、高い反発性と安定感をうまく両立している。ほかにも、前作から引き継がれているラバー アウトソールや、通気性の高いエンジニアードメッシュ素材をアッパーに用いるなど、耐久性&快適性の高さも確保。

近所のランニングはもちろん、不安定な場所を走るクロスカントリーなど、実にさまざまなシーンに対応可能なオールインワンな一足だ。

NEXT PAGE /

【日本】アシックス「メタレーサー」

2万円/アシックスジャパン 0120-068-806

雨の多い国・日本でも快適な走りを

対するは極東の島国、日本を代表するアシックス。彼らが用意したのは、史上もっとも先進的なランニングシューズと言われるメタレーサーである。

新型コロナウイルス蔓延の影響により、当初4月だった発売予定が延期に。いよいよ6月12日に正式リリースされる予定だ。

まずはミッドソールを見てみよう。シューズ前足部の特徴的な反り返りは、アシックスのガイドソール・テクノロジーに由来。エネルギー消費を軽減し、効率の良い走りをアシストしてくれる。

また、アシックスが初めて使用したカーボンプレートと、クッション性に優れたフォームを組み合わせることで、より快適な走りを追求した。

アッパーはエンジニアードメッシュを採用し、シューズ内の通気性を高めることで温度と湿度の上昇を防ぎ、ランナーの状態を良好に保ってくれる。

ソール底部には独自のアシックス・グリップとウェット・グリップラバー・スポンジを採用。雨の路面でも強いグリップ力を発揮し、決してパフォーマンスを下げることはない。

 

ナイキorアシックス、どちらに軍配が上がるかはぜひみんなで試してもらいたいが、いずれも2万円の予算で買えるランニングシューズとしては文句なしに最高峰。新たなランシューで気分よく走ろうぜ!

 

原嶋鉄人=文

# ナイキ# スニーカー# ランニングシューズ
更に読み込む