オンライン買い物天国 Vol.9
2020.05.23
FASHION

ファッションデザイナーの、人に教えたくない店と教えたい店。そのECで買った物

「オンライン買い物天国」とは……

「足を使って古着屋をハシゴしていた時期もありましたけど、探し物が見つかる保証もないですし、このご時世ならオンラインの方が出合える可能性が高いのでガンガン利用してますね、EC」。

ウェブショップを開設したばかりだという高木さんは、古着の収集でeコマースを活用しているという。
髙木雄介●1979年生まれ、香川県出身。2008年にオールドジョーを立ち上げる。古い時代のプロダクト全般に造詣が深い。パタンナーであった経験を活かし、一貫して自社ので企画、生産を行う。先日、自社のオンラインショップをオープンしたばかり。

これは、オールドジョーのデザイナー・髙木雄介さんの弁。ライフワークのヴィンテージ掘りにECが欠かせない様子だが、狙いはアメリカ物が中心?

「王道のアメカジも通ってきたし、嫌いじゃないんですが、今はよりストーリー性のある服が好きですね。あと、ちゃんと着られて、格好いいと思えることが重要です」。

そんな髙木さんがオンラインで買って良かった物、実際に見せていただこう。

 

今の服にも馴染むコート

まずは、上の写真で髙木さんが着用しているコートから。およそ100年前に作られたとは思えない状態で、今の服と合わせてもまったく違和感がない。

今の服にもよく馴染むヴィンテージコート

「いわゆる“マキニョンコート”と呼ばれている、1930年代のフランスで羊飼いの人たちが着ていたユニフォームですね。通常はインディゴ染めのノッチドラペルが多いんですが、こちらは数少ないステンカラータイプ。素材もリネンだから、Tシャツの上にサラッと羽織ってます」。

ゆったりしたサイジングもまた、今っぽい雰囲気作りにひと役買っている。

次にお披露目してくれたのは、好事家たちの間で“ダスターコート”と呼ばれる逸品。1920年代の物で、当時の人たちが軽作業するときやオープンカーに乗る際のホコリよけのために生まれたオーバーコートである。

希少なフレンチヴィンテージの1930年代のワークコート

「珍しい物ではあると思うんですが、デニムやミリタリー系に比べると競争率も低いので、僕的には狙い目のアイテムなんです。リネン素材だからスプリングコートとしても丁度いい」。

ところで、これらのお宝をどこので見つけたのか。髙木さんに気になる購入先をついて訊ねると……。

「購入したのは、どちらも国内の某古着屋のネットショップです。ライバルが多くなってしまうので店名は内緒で(笑)」。

NEXT PAGE /

妻の真似して買った靴

自他ともに認めるヴィンテージラバーが次に見せてくれた戦利品は、まさかのホカ オネオネ。しかも、ランニングシューズのクッション性とサポート力の高いトレッキングシューズのアッパーを兼ね備えた最新作(3万5000円)だ。少し意外だが、「こういうギアっぽい物は大好きなんです」とのこと。

信頼のショップで購入したアウトドアブーツ
髙木さんはこちらで購入した。

しかし、どんなスタイルに合わせるつもりで購入したのだろう。

「カントリーサイドで活躍してくれそうなレインブーツを探していたときに、妻が履いているのを見て、普通に格好いい!と思って、そのままポチッとしました(笑)」。

透湿防水素材「eVent」採用で、機能性も申し分なし。ちなみに購入したのは、親交のある石川県のセレクトショップ「フェートン」のECサイトだ。

「本当に信頼できるショップなので、ここで扱っているなら間違いないとダメ押しの一手になりました。こういう店なら、誰でもオンラインでも安心して買い物できると思いますよ」。

 

人に教えたくない店と、教えたい店。それぞれで手に入れた、新旧織り混ぜた戦利品。では最後に、今狙っているブツについて、教えてくれませんか?

「実は、ちょっと気になっている古い時計があるんですよね……。オンラインで買うのは勇気がなくて、ずーっとウィンドーショッピングしています、オンライン上で」。

なるほど(笑)。それはじゃあ、決心がついたときに、また教えていただきましょう!

 

「オンライン買い物天国」とは……
外出せずとも自宅でポチッと買い物。こんなときに? いや、こんなときだからこそ。オーシャンズな男たちがこの1カ月にネットで買った物と、最新のeコマ事情。
上に戻る

戸叶庸之=編集・文

# オンライン# 買い物
更に読み込む